エストニア産の本格バレルサウナで「ととのう」南房総の上質な宿

エストニア産の本格バレルサウナで「ととのう」南房総の上質な宿

サウナの発祥地といわれるフィンランドの南に位置するエストニアは、フィンランドに匹敵するサウナ文化を持ち、その歴史は数千年ともいわれる。旧ソ連支配の中でも黙々とサウナ文化を受け継いできたエストニアサウナの品質は非常に高い。

南房総に5つの宿を展開する紀伊乃国屋グループは、紀伊乃国屋本館にエストニア製の本格バレルサウナを導入した客室「はなれ 橘」を新たにオープンにした。

はなれ 橘
はなれ 橘

古民家をリノベーションした130㎡の館内には、リビング、ダイニング、ベッドルームなどの主要ルームのほか、露天風呂と水風呂を併設。別亭気分で旅時間を満喫できる完全プライベートのはなれで、誰にも邪魔されないひとときを楽しむことができる。

日本文化が色濃く残る旅館へのバレルサウナの導入は日本初。古民家とバレルサウナ、日本とエストニアの文化とデザインの融合が体感できるハイグレードな宿だ。

はなれ 橘

バレルサウナとは、樽の形状をした木製のサウナルームのことで、サウナ王国北欧で愛される、いま注目のプライベートサウナだ。独特の形状から熱まわりに優れ、熱風の均一性を保つという特性がある。目に馴染む樽型のフォルムがやさしく、ほっと落ち着ける程よい広さと豊かな木の香りに癒される。

はなれ 橘

「はなれ 橘」のバスエリアは、縁側と寝室から続くアウトドア式。バレルサウナからは、江戸時代から続く井戸水かけ流しの水風呂、外気浴の休憩場所、木漏れ陽が降り注ぐ専用露天風呂と、まさにサウナを存分に楽しむための導線が配慮されており、サウナ愛好家であれば見た瞬間にその魅力を感じ取ることができるデザインになっている。

はなれ 橘

バレルサウナ内には、ロウリュができる電気ストーブを導入。ベンチは両壁に配置し、少し低めの座面でサウナ初心者でも入りやすい高さに設計されている。

今回のプロデュースはクリエイティブコンサルティングを手がける株式会社〆が担当し、エストニアに拠点を持つバレルサウナの輸入・販売元totonoüと共同で、サウナからの導線や、エストニアのバレルサウナと日本の古民家との融合を図るなど、多角的な目線からデザインが行われた。

はなれ 橘

朝夕の食事は坪庭を望む専用のダイニングでとることができ、夕食は専任スタッフが目の前で、囲炉裏焼きを調理してくれる。

はなれ 橘

南房総の味に舌鼓を打ち、バレルサウナでのロウリュから、井戸水掛け流しの水風呂、そして縁側で園庭を眺めながら半外気浴。朝目覚めたら、朝陽を浴びながら「ととのう」。そんな上質で特別なくつろぎ時間を過ごせる「はなれ 橘」。日々の疲れを癒やしに、大切な人と一緒にぜひ訪れてみたい。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 1

施設情報

紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」

〒299-2118 千葉県安房郡鋸南町竜島970

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。