恩田陸が語る、ビール愛。小説家とお酒の上手な関係性を聞く

恩田陸が語る、ビール愛。小説家とお酒の上手な関係性を聞く

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

2017年の『直木賞』と『本屋大賞』をW受賞した『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)で、それぞれに異なる才能を持つピアニストたちの青春と成長を描いた小説家・恩田陸さん。ジュブナイルSF、ミステリー、ホラー、冒険小説など多彩な世界を表現し続けてきた人だが、それとは別に知る人ぞ知る別の一面を持っている。それは「酒豪」であること。

特に大のビール党で、旅にまつわる文章をまとめたエッセイ集『隅の風景』(新潮社)に収録された『チェコ万華鏡』では、(苦手な飛行機移動に耐えてまで)チェコビールのために東欧へと旅立った体験を報告している。

これまでFikaではノルウェーや北欧のさまざまなカルチャーを紹介してきたが、今回はビール大好き恩田さんとともに、日本でも数少ない、ノルウェービールを専門とするビアバー&カフェ「ØL Tokyo」(以下、オル トーキョー)を訪ねることになった。渋谷宇田川町の素敵なお店で、さあ、まっ昼間からビール!

「ビールでスタートして、途中で日本酒やワインとかに浮気しても、最後はビールに帰るんです」

2019年3月に3周年を迎えるオル トーキョーは、代々木公園近くにあるコーヒーショップ「Fuglen(フグレン)」の系列店。Fuglenがノルウェー・オスロを拠点とするお店ということもあって、ここオル トーキョーではノルウェーのビールを専門的に扱っているというわけだ。さらに、クラフトビール先進国でもあるノルウェーの新進気鋭のビールメーカー、「オスロ・ブリューイングカンパニー」も共同経営に参加。つまり、東京でノルウェーの酒の味が楽しめるとすれば、まちがいなくここなのだ。

オル トーキョー
オル トーキョー
今日飲める20種類のビールの説明が書かれた黒板
今日飲める20種類のビールの説明が書かれた黒板

恩田:変わったビールを飲める場所って東京にもたくさんありますけど「ノルウェーのビールを飲んでやるぞ!」って意識したのは今日がはじめて。朝からもう、楽しみで楽しみで(笑)。さて、おすすめはどれですか?

と、さっそくカウンターでスタッフに質問する恩田さん。メガネとヒゲがチャーミングなスタッフさんによると、4種類を選んで試飲できるコース「ビア フライト」を用意しているという。ということで、おすすめの4点をチョイス。あわせて、ペルーやメキシコで愛される魚介&野菜のマリネ「セビーチェ」や、ナチョス、ハム&チーズもオーダーします。

注文する恩田陸さん
注文する恩田陸さん
ビールを注ぐ様子
ビールを注ぐ様子
オーダーしたビールを席まで運ぶ、恩田陸さん
オーダーしたビールを席まで運ぶ、恩田陸さん

まずは恩田さんにこれまでのビール遍歴を聞いてみましょう。

恩田:若いときからお酒は大好きだったんですけど、ビールの奥深さを知ったのはじつは就職してから。学生にしてみたらビールってちょっと割高なんですよね。てっとり早く酔っ払うには、コスパと燃費が悪いというか(笑)。だから学生のときはもっぱら焼酎派で、働きはじめて多少財布に余裕ができてからが、ビールとの本当の出会いなんです。

飲むお酒の基準が「(酔っ払うための)燃費が悪い」と語る恩田さん。酒豪感がものすごいです。

恩田:ビールといえば「とりあえずビール!」って言うくらい日本の国民飲料じゃないですか。どうやら最近は他のお酒に押され気味で、あのドイツですらも若者はワインを飲んでいるらしいですけど、やっぱり私の世代はビールですよ。そして、いちばん身体に合うのは日本のラガービール。

同僚や上司と仕事明けに飲んで、パッと気分を切り替えるための飲み物であり、もっとも心がやわらぐ飲み物でもある。だから、ビールでスタートして、途中で日本酒やワインとかに浮気しても、最後はまたビールに帰るんです。

 

会社勤めをやめて、作家専業の生活に変わってからも、「心をスイッチして開放感を与えてくれる」ビールとの付き合い方は変わっていないそう。1日の執筆仕事を終え、夕ご飯を作り、そして晩酌として缶ビールをぐびり、と。それが不変の恩田流ビールとの付き合い心得なのだった。

Page 1
次へ

プロフィール

恩田陸(おんだ りく)

1964(昭和39)年、宮城県生れ。早稲田大学卒。1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を、2017年『蜜蜂と遠雷』で直木賞と2度目の本屋大賞をそれぞれ受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している。著書に、『三月は深き紅の淵を』『光の帝国 常野物語』『木曜組曲』『ネバーランド』『ライオンハート』『私と踊って』『夜の底は柔らかな幻』などがある。

店舗情報

ØL Tokyo

東京都渋谷区宇田川町37-10 麻仁ビル
03-5738-7186
営業時間:(月・火)12:00~24:00(水・木)12:00~翌1:00(金・土)12:00~翌2:00(日)12:00~24:00

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。