戸田真琴と性を考える セックスはいつまでも、薄暗いものじゃない

戸田真琴と性を考える セックスはいつまでも、薄暗いものじゃない

インタビュー・テキスト
菅原さくら
撮影:柴崎まどか 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

厳格な家に生まれ、性的なものから隔離して育てられたという戸田真琴。19歳のとき、AV女優としての処女作で、文字どおり処女を喪失する。それから3年間で出演したアダルトコンテンツは、じつに40本以上。『スカパー!アダルト放送大賞2019』では、最優秀女優賞を受賞した。

そんな彼女はいま、「性」をどのように捉えているのだろう? 世界各国で性との向き合い方が変わり、ようやく日本でもさまざまな動きが芽生えはじめている、まさに過渡期。私たちはこれからどんなふうに「性」と付き合っていけばいいのか、戸田さんの話からヒントを探したい。

19歳まで守ってきた処女を、そのまま抱え続けて生きるのがしんどくなってしまった。

—まずは、戸田さん自身のことを聞かせてください。AV女優になった理由のなかで、大きかったのは「性へのコンプレックス」だったとか。

戸田:小さいころから「結婚しないのに付き合うなんてダメ」「男の人は怖いから、絶対ふたりっきりになるな」と育てられてきたので、10代のときは性とどう向き合えばいいか分からなかったんですよね。性に関するものは絶対に見ちゃいけないし、女性は弱いから男性に虐げられる、という意識も大きかったです。だから自分の身を守るためには、男の人に関わらないほうがいいんだと思っていました。

戸田真琴 / 2016年にSODクリエイトからAV女優デビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。
戸田真琴 / 2016年にSODクリエイトからAV女優デビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

—戸田さん自身も男性に虐げられている実感があった、ということですか?

戸田:女性として生きていくのは生きづらいな、という感覚はありました。たとえばバイト先で誰かに好意を向けられて、その誘いを断ると「空気が読めない」「つまらない」と責められる。普通に働きたいだけなのに、男女の「好き嫌いのベクトル」にいつの間にか組み込まれて、全然知らない人から性的に消費されたり、恨まれたりするわけです。

でも、周りには「被害妄想だ」とか「モテるんだからいいじゃん」と言われたりして……同じことは男性にもあるだろうけれど、私は女性だから、それが「女性としての生きづらさ」だと感じました。私がもっと性をカジュアルに捉えていれば、何となく付き合ったり別れたりできたかもしれないけれど、それができないから居場所がなくて。

—その解決策が、AV出演だったんですか。

戸田:そうです。自分のなかで凝り固まりすぎたセックスコンプレックスを、どうにかしなければいけない。思い切り追い詰められてみないと、もう変われない気がしたんです。19歳まで守ってきた処女を、そのまま抱え続けて生きるのがしんどくなってしまったのもあります。

—でも、シンプルに誰かとセックスを経験してみるだけでもよかったのでは……?

戸田:身近な人としたり、風俗で働いたり、いろいろ選択肢はあったけれど……こっそり行為をするだけでは、私がいままで「処女に対して抱えていた大きなもの」への敬意がないというか。処女をなくす理由にはならなかったんです。でもAVは、すごくたくさんの人に観られるものだから、なかには私と同じような気持ちの人がいるかもしれない。苦しいけれど変わろうとしている姿を、1対1じゃなくて大勢に伝えることで、処女喪失を貴重な機会に変えられるんじゃないかなと思ったんです。あと、単純に映像コンテンツが好きだから、記念にもなるかなって(笑)。

戸田真琴
戸田真琴
Page 1
次へ

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。