ノルウェー最大の罪を描いた実話『ホロコーストの罪人』8月公開

ノルウェー最大の罪を描いた実話『ホロコーストの罪人』8月公開

(メイン画像:©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.)

ナチスによるホロコーストにノルウェー秘密国家警察が加担していたという実話を描いた映画『ホロコーストの罪人』が2021年8月27日より全国公開されることが決定した。

第二次大戦中のノルウェー。ユダヤ人家族のブラウデ家はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていたが、ナチス・ドイツがノルウェーに侵攻すると状況は一変。チャールズたちユダヤ人男性はベルグ収容所へと連れて行かれ、厳しい監視のもと強制労働を強いられることになる。

一方、母とチャールズの妻は彼らの帰りを待ちながら、スウェーデンへの逃亡も準備していた。しかし、1942年11月、ノルウェー秘密国家警察とタクシー運転手によって、ユダヤ人全員がオスロ埠頭へと強制移送される。そこで待ち構えていたのはアウシュヴィッツへと向かう船だった……。

『HARAJUKU』(2018年)で国内外で高い評価を得たエイリーク・スヴェンソン監督がメガホンを取り、『獣は月夜に夢を見る』(2014年)のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』(1999年)のシルエ・ストルスティン、『ミレニアム』シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスらが出演。

ユダヤ人家族の悲劇と運命を描くとともに、ホロコーストにノルウェー秘密国家警察が加担していた“ノルウェー最大の罪”を描いた作品となっている。

©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.
©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 1

作品情報

『ホロコーストの罪人』
『ホロコーストの罪人』

2021年8月27日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開

監督:エイリーク・スヴェンソン
出演:
ヤーコブ・オフテブロ
クリスティン・クヤトゥ・ソープ
シルエ・ストルスティン
ピーヤ・ハルヴォルセン
ミカリス・コウトソグイアナキス
カール・マルティン・エッゲスボ
上映時間:126分
配給:STAR CHANNEL MOVIES
後援:ノルウェー大使館

©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。