トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE/トーベ』が10月公開

ムーミンの原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE(原題)』が邦題『TOVE/トーベ』として、2021年10月1日に公開されることが決定した。

1914年にフィンランドの首都ヘルシンキで、彫刻家の父とグラフィックアーティストの母との間に長女として生まれたトーベ。幼いころから芸術家を志し、海外で絵画技術を習得して画家としての地位を築いていた彼女が、後に世界中の人々から愛されることになるムーミンシリーズの第一作『小さなトロールと大きな洪水』を出版したのは、長かった第二次世界大戦が終戦した直後の1945年だった。

『TOVE/トーベ』©2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

本作の物語が始まるのはその前年となる1944年のヘルシンキ。戦火の中でトーベは自分を慰めるようにムーミンの世界を作り、爆風で窓が吹き飛んだアトリエでの暮らしを始める。型破りな彼女の生活は、彫刻家である父の厳格な教えとは相反していたが、自分の表現と美術界の潮流との間にズレが生じていることへの葛藤、めまぐるしいパーティーや恋愛を経つつ、トーベとムーミンは共に成長していく。自由を渇望するトーベは、やがて舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い、互いに惹かれ合っていき……。

『TOVE/トーベ』©2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

2020年10月にフィンランドで公開されるや大絶賛で迎えられ、スウェーデン語のフィンランド映画としては史上最高のオープニング成績を記録した本作。さらに第93回アカデミー賞国際長編映画賞ではフィンランド代表にも選出されている。

『TOVE/トーベ』©2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

戦時中、防空壕の中で怯えた子どもたちに語ったストーリーから、いかに原作が執筆され、そしてムーミンのキャラクター達が生み出されていったのか。ムーミンの誕生秘話とともに、トーベの人生のあり方と創作への情熱を描いた感動の物語をお見逃しなく。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE/トーベ』が10月公開
About

「幸福度が高い」と言われる北欧の国々。その文化の土台にあるのが「クラフトマンシップ」と「最先端」です。

湖や森に囲まれた、豊かな自然と共生する考え方。長い冬を楽しく過ごすための、手仕事の工夫。

かと思えば、ITをはじめとした最先端の技術開発や福祉の充実をめざした、先進的な発想。

カルチャーマガジン「Fika(フィーカ)」は、北欧からこれからの幸せな社会のヒントを見つけていきます。

スウェーデンの人々が大切にしてい「Fika」というコーヒーブレイクの時間のようにリラックスしながら、さまざまなアイデアが生まれる場所をめざします。

「幸福度が高い」と言われる北欧の国々。その文化の土台にあるのが「クラフトマンシップ」と「最先端」です。

湖や森に囲まれた、豊かな自然と共生する考え方。長い冬を楽しく過ごすための、手仕事の工夫。

かと思えば、ITをはじめとした最先端の技術開発や福祉の充実をめざした、先進的な発想。

カルチャーマガジン「Fika(フィーカ)」は、北欧からこれからの幸せな社会のヒントを見つけていきます。

スウェーデンの人々が大切にしてい「Fika」というコーヒーブレイクの時間のようにリラックスしながら、さまざまなアイデアが生まれる場所をめざします。

VOLVO