チームラボ北欧体感の新施設を彩る。『森と湖の光の祭』12月開催

チームラボ北欧体感の新施設を彩る。『森と湖の光の祭』12月開催

2018/11/28
  • 118
  • 36

『チームラボ 森と湖の光の祭』が、12月1日から2019年3月3日まで、埼玉・飯能のメッツァビレッジで開催される。

『チームラボ 学ぶ!未来の遊園地』を全国展開しているほか、京都での『下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ』や佐賀・御船山楽園での『チームラボ かみさまがすまう森』など野外でのアート空間創出でも注目を集めるチームラボ。

『チームラボ 森と湖の光の祭』の会場は、11月9日にオープンしたばかりの北欧のライフスタイルや空気感を体験できる施設・メッツァビレッジ。同施設は「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所」を目指し、宮沢湖を中心としたエリアにオープンした。チームラボは宮沢湖と湖畔の森をインタラクティブな光のアートで彩るという。

前売チケットは現在販売中。

チームラボ『呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest』
チームラボ『呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest』
チームラボ『呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest』
Page 1

イベント情報

『チームラボ 森と湖の光の祭』

2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)
会場:埼玉県 飯能 メッツァビレッジ
時間:12月1日~2月11日(祝・月)17:30~21:00(入場は20:00まで)、2月12日(火)~3月3日(日)18:00~21:00(入場は20:00まで)
休館日:12月31日(月)~1月2日(水)
料金:
通常 大人平日1,000円 大人土日祝1,200円 小人平日500円 小人土日祝600円
前売 大人ペア券1,200円
※3歳以下無料、12月29日~1月6日までは土日祝日料金

プロフィール

チームラボ(ちーむらぼ)

アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

47万人が訪れた「チームラボ踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」、「ミラノ万博2015」日本館をはじめ、シリコンバレー、台湾、ロンドン、中国、シンガポールなど国内外で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に、「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソンチームラボボーダレス」、東京・豊洲に超巨大没入空間「チームラボプラネッツTOKYODMM.com」をオープン。2018年10月28日まで御船山楽園(佐賀・武雄)で「earthmusic&ecologyチームラボかみさまがすまう森」、2019年1月6日までAmosRex(フィンランド・ヘルシンキ)で、オープニング展「teamLab:Massless」を開催中。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)に永久収蔵されている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。