読書好きが多いフィンランド 市民にとって公共図書館はどんな存在?

読書好きが多いフィンランド 市民にとって公共図書館はどんな存在?

テキスト
吉田みのり
リードテキスト・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

目指したのは「市民のリビングルーム」。ヘルシンキ中央図書館「Oodi」はどんなところ?

フィンランドの101回目の独立記念日の前日、2018年12月5日にオープンしたヘルシンキ中央図書館「Oodi(オーディ)」は2019年には国際図書館連盟主催の『公共図書館アワード(Public Library of the Year Award)』を受賞し、独創的な建築や、バラエティーに富んだ蔵書、図書サービスだけでない多様な機能性など、さまざまな面で日本でも話題を呼びました。

Oodiの公式ウェブサイトには、次のようなメッセージが記されています。

「本を借りたり、雑誌を読んだり、昼食を楽しんだり、仕事したり、ふらっと立ち寄ったり、映画を観たり、勉強したり、ミーティングの場として利用したり、イベントをしたり、ワインを飲んだり、EUについて学んだり、音楽を演奏したり、友達と会ったり、カーテンを縫ったり、子どもと遊んだり、ゲームをしたり。Oodiはこのすべて、そしてそれ以上のことができる図書館です」

ヘルシンキ中央図書館「Oodi」外観。設計はヘルシンキを拠点とする建築事務所ALA・アーキテクツ Photo: Maarit Hohteri
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」外観。設計はヘルシンキを拠点とする建築事務所ALA・アーキテクツ Photo: Maarit Hohteri
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」外観。国会議事堂の向かいに立つ Photo: Kuvio
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」外観。国会議事堂の向かいに立つ Photo: Kuvio

Oodi の特徴の一つは、膨大な数の蔵書を抱えることをあえて優先順位から外し、図書館の役割を見直したことにあります。蔵書は常時10万冊と比較的少なめで、その代わりにオンラインサービスと図書仕分けロボットを駆使することにより、マウスをクリックするだけでヘルシンキ首都圏エリアのすべての蔵書、約340万のアイテムが利用できる仕組みになっています。

図書に加え、映画館、レコーディングスタジオ、製作スペース、公共サービス、展示、コミュニティーイベントのスペースなどを提供する市民の「リビングルーム」を目指してつくられたOodiは、市民にとって身近な公共の場となりました。

ヘルシンキ中央図書館「Oodi」内観 Photo: Kuvio
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」内観 Photo: Kuvio
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」内観 Photo: Tuomas Uusheimo
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」内観 Photo: Tuomas Uusheimo
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」内観 Photo: Risto Rimppi
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」内観 Photo: Risto Rimppi

パーティーの打ち合わせ、『ハリー・ポッター』の読書会、洋服の制作……市民の多様な使い方

筆者も普段から頻繁に利用していますが、ミーティングルームを借りて友人のバチェロレッテパーティーの話し合いに利用したり、言語交換仲間と会ったり、面接に使用したりもしています。読みたい本があるときはOodiのパソコンを使って図書を予約し、最寄りの図書館に取り寄せて借りています。

周りの友人は『ハリー・ポッター』の読書会に参加したり、ポスターや壁紙が印刷できる大きなプリンターを使ったり、ミシンを予約して洋服を縫ったりしています。カフェやレストランも併設され、見晴らしの良い屋上のテラスでのんびりコーヒーを飲むこともできます。フィンランドの図書館の可能性は無限大。自由で豊かな空間に身を置くと、自分の心も豊かに広がっていくような思いになります。

Oodi館内の3Dプリンター(筆者撮影)
Oodi館内の3Dプリンター(筆者撮影)
ミシンの貸し出しも(筆者撮影)
ミシンの貸し出しも(筆者撮影)

パンデミックに伴う一時閉鎖期間中も、さまざまな試みで市民とつながる

フィンランドでは、COVID-19のパンデミックによる非常事態宣言に伴い、2020年3月18日に図書館施設の一時的閉鎖が決定しました(同年夏に再開)。それまでに企画されていたすべてのイベントは中止になり、セルフサービスの貸し出し制度も使用できなくなりました。しかし図書館サービスの需要の高さから、閉鎖期間に新たなかたちでのサービス提供方法を模索することで、教育機関として重要な役割を果たし続けています。

非常事態宣言の解除後、再開された図書館の様子。事前予約制に切り替わっている。図書館内ではマスク着用が必須だが、低所得家庭にはヘルシンキ市からのマスクの配給がなされる旨を案内している(筆者撮影)
非常事態宣言の解除後、再開された図書館の様子。事前予約制に切り替わっている。図書館内ではマスク着用が必須だが、低所得家庭にはヘルシンキ市からのマスクの配給がなされる旨を案内している(筆者撮影)

たとえば、トゥルク市立図書館は、閉鎖日の初日からInstagram上で毎朝のコーヒーセッションを開始し、読書のヒントや、文学から健康問題ロックダウン中の心の健康の保ち方まで、多岐にわたるテーマを話すライブストリームを企画・実行しました。

司書のスヴァルト氏も、作家をゲストに招いてオンラインの文学イベントをストリーム配信したり、子どものためのオンライン読み聞かせ会などを企画してきました。

「図書館と小学校が連携してオンラインイベントを制作することによって、生徒たちにユニークな教育の機会を提供することができるようになりました。オンラインイベントは、同時に多くの人々とつながることができるという意味では実際のイベントよりも有意義な面があります。ロックダウン直後からは電子教材も急速に増え、より多くの人が気軽に利用できるようになりました」

トゥルク市立図書館Instagramより

フィンランドには「この国は木と頭から成り立っている」という表現があります。木はその自然の多さと、木材を利用した製紙業の発展を、そして頭は充実した教育によって育まれた高い読解力や考える力を指します。公共図書館は人的資本への投資として、また地域の教育と経済の発展を促進するための手段として機能すると同時に、市民との相互協力と信頼の上に確立された民主主義の基盤として、まさにフィンランド社会を体現しています。

ヘルシンキ中央図書館「Oodi」外観 Photo: Kuvio
ヘルシンキ中央図書館「Oodi」外観 Photo: Kuvio

※1 Helsinki Marketing「Oodi (オーディ)は、世界で一番識字率の高い国で図書館の新時代を創り出します」

※2 Publishing Perspectives「Finland, Where Reading is a Superpower」

Page 3
前へ

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。