Kanocoと鈴木マサルが語る「色と柄」が人生にもたらす豊かさ

Kanocoと鈴木マサルが語る「色と柄」が人生にもたらす豊かさ

インタビュー・テキスト
宇治田エリ
撮影:佐藤翔 編集:吉田真也(CINRA.NET編集部)

洋服・カーテン・テーブルクロスなどに使われる、布製品における生地を意味する「テキスタイル」。北欧のテキスタイルといえば、動植物モチーフなどをユニークな柄に落とし込み、鮮やかな色づかいで表現したデザインが特徴だ。生活に彩りを与えてくれる色や柄は、なぜ人々を魅了するのだろうか。

今回は、「マリメッコ」をはじめとする国内外のさまざまなブランドにテキスタイルデザインを提供してきた鈴木マサルさんと、モデルとして北欧ブランドを身に纏う機会も多いKanocoさんの対談を実施。長年の親交があるお二人に、北欧のテキスタイルデザインの印象をはじめ、世に溢れる「色と柄」の魅力を訊くことにした。

取材場所となったのは、2021年4月25日から5月9日まで開催予定だったものの、緊急事態宣言により開催中止となった個展『鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に。』の会場。展示を観ながら、個展名に込められた思いやコロナ禍の生活における「色と柄」がもたらすことについてなど、存分に語り合ってもらった。

昔から知っている仲なので、Kanocoさんのご活躍を見ていると本当に嬉しい(鈴木)

―まずはお二人の出会いから教えてください。

鈴木:Kanocoさんとは、かれこれ10年くらいのつき合いになります。はじめに代々木上原のギャラリーの方が引き合わせてくれて、話してみると、ぼくの事務所のすぐそばにKanocoさんが住んでいることがわかって。あの頃、上京したてでしたよね?

Kanoco:そうですね。当時はモデルの仕事を始めたばかりで右も左もわからない状況でした。鈴木さんには、よく近所の定食屋でご飯を食べながら私の話を聞いていただき、いろいろと気にかけてくださりました。

鈴木:懐かしいね(笑)。ぼくの行きつけの定食屋にKanocoさんもかよっていたので、いつの間にか「定食屋仲間」になって。昔から知っている仲なので、いまのご活躍を見ていると本当に嬉しいんですよ。

左から:Kanoco、鈴木マサル
左から:Kanoco、鈴木マサル

―そんなに前から親交があったのですね。

鈴木:以前から、ぼくの展示にもちょこちょこ観に来てくれていました。そういったご縁もあり、毎年開催していた『鈴木マサルの傘展』の10周年の展示でKanocoさんにメインビジュアルのモデルを打診したところ、快く承諾してくれたんです。

Kanoco:鈴木さんと出会った頃の私は、普段からモード系の服装をしていて、北欧っぽいイメージとはかけ離れていると自分でも思っていたんですよ。いまでこそ、北欧テイストのブランドのお仕事をさせていただく機会も増えましたが、当初はまったく想像していなかったので、オファーをいただいたときに「まさか鈴木さんとお仕事できる日が来るとは……」と感慨深かったです。

鈴木:そのビジュアル撮影の場所がぼくの事務所の近くだったから、終わったあと、何年かぶりに例の定食屋へ行って、一緒にお昼を食べたよね。

Kanoco:久々に行けて嬉しかったな。また行きましょう(笑)。

2020年9月に「Artek(アルテック)」の日本旗艦店とウェブストアで同時開催された『鈴木マサルの傘展』の10周年のポスター

北欧特有のカラフルなテキスタイルって、歴史としてはそこまで長くないんです(鈴木)

―お二人ともお仕事をとおして、北欧の文化やテキスタイルデザインに触れていますが、どんなところが魅力だと思いますか?

鈴木:テキスタイルを学んでいた学生時代に、フィンランドのテキスタイルブランド「マリメッコ」を知り、衝撃を受けたことはいまでも覚えています。柄が巨大で、鮮やかな配色が美しくて。北欧のインテリアはシンプルなデザインが多いですが、そこに「マリメッコ」特有のきれいな色のアイテムを共存させる現地の生活スタイルに、とても憧れを抱いていました。

Kanoco:私は一度しかフィンランドに行ったことがないのですが、行く前は「北欧のテキスタイルデザインは、かわいらしい」という印象を持っていました。ですが、実際に現地の人たちを見てみると、ファッションのジャンルを問わず、日常的に取り入れていたんですよ。

たとえば、革ジャンのなかに「マリメッコ」のカットソーを合わせてロックな感じで着こなしていたりとか。日本で定着している北欧のイメージとは違う取り入れ方で驚きましたが、かっこよくて。きっと日本人が想像する以上に、北欧のテキスタイルが持つ独特な色と柄は、フィンランドの人たちにとって馴染み深いものなんでしょうね。

Kanoco(かのこ)<br>モデル。兵庫県出身。CM広告やファッション誌やカルチャー誌など、多数出演。2020年には『鈴木マサルの傘 10周年』でイメージモデルを務めた。現在はライフスタイルの発信やアパレルブランドとのコラボレーションなど、活躍の幅を広げている。無類のシロクマ好き。
Kanoco(かのこ)
モデル。兵庫県出身。CM広告やファッション誌やカルチャー誌など、多数出演。2020年には『鈴木マサルの傘 10周年』でイメージモデルを務めた。現在はライフスタイルの発信やアパレルブランドとのコラボレーションなど、活躍の幅を広げている。無類のシロクマ好き。

鈴木:そう思います。ただ、日本人からすると個性的なデザインに見えるのに、なぜここまでフィンランドの生活に浸透していったのかが、ぼくも不思議で。

じつは「マリメッコ」をはじめとする北欧特有のカラフルなテキスタイルって、1950年代に突如として出てきたものなので、歴史としてはそこまで長くないんです。一般的に「長く暗い冬を明るい気持ちで過ごせるように」という思いから人々の暮らしに広まったといわれていますが、約70年という短い期間でここまで早く、深く、北欧の人たちの暮らしに浸透したということは、それ以前に人々が彩りのあるものを強く欲していたからかもしれませんね。

鈴木マサル(すずき まさる)<br>テキスタイルデザイナー。1968年、千葉県生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。1995年に独立し、2002年に有限会社ウンピアットを設立。2004年からファブリックブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」を主宰。自身のブランドのほかに、フィンランドの老舗ブランド「マリメッコ」のデザインを手がけるなど、国内外のさまざまなブランドのプロジェクトに参加している。
鈴木マサル(すずき まさる)
テキスタイルデザイナー。1968年、千葉県生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。1995年に独立し、2002年に有限会社ウンピアットを設立。2004年からファブリックブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」を主宰。自身のブランドのほかに、フィンランドの老舗ブランド「マリメッコ」のデザインを手がけるなど、国内外のさまざまなブランドのプロジェクトに参加している。
Page 1
次へ

イベント情報

『鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に。』(※開催中止)

会場:東京ドームシティGallery AaMo

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策により開催中止。本展の延期開催については未定ですが、詳細が決まり次第、下記のGallery AaMoのホームページにて告知予定。

プロフィール

Kanoco(かのこ)

モデル。兵庫県出身。CM広告やファッション誌、カルチャー誌などに多数出演。2020年には『鈴木マサルの傘 10周年』でイメージモデルを務めた。現在はライフスタイルの発信やアパレルブランドとのコラボレーションなど、モデル以外にも活躍の幅を広げている。無類のシロクマ好き。

鈴木マサル(すずき まさる)

テキスタイルデザイナー。1968年、千葉県生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。1995年に独立し、2002年に有限会社ウンピアットを設立。2005年からファブリックブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」を主宰。自身のブランドのほかに、フィンランドの老舗ブランド「マリメッコ」のデザインを手がけるなど、国内外のさまざまなブランドのプロジェクトに参加している。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。