深刻さ増すDV問題。『サンドラの小さな家』が発する声なき者の声

深刻さ増すDV問題。『サンドラの小さな家』が発する声なき者の声

テキスト
常川拓也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

女性の就労率が高く、子育て支援制度が充実しているといわれる北欧の国々。「世界幸福度調査」で常に上位を占める北欧諸国でも、女性に対する暴力や、近しい関係の相手から受ける暴力は社会的な問題になっている。人々を家に閉じ込めたコロナ禍において、逃げ場のない家庭内暴力の問題はますます深刻さを増す。

そんな女性の家庭内暴力被害の問題を扱った映画『サンドラの小さな家』が4月から日本公開されている。夫からのDV被害から逃げて住む家を失い、公営住宅にも入れず苦境に立たされる女性、サンドラ。彼女は周囲の人々の助けを借りながら、娘たちと住む家をセルフビルドで建てようと決意する──。アイルランド・ダブリンを舞台に、家庭内暴力やシングルマザーの貧困、不十分な公助のシステムの問題を指摘し、そのような状況下でも希望の光となり得る共同体のあり方を描く。世界的にも緊急度の高い問題を女性の視点から描いた本作が照射するものとはなにか? 映画評論家の常川拓也が綴る。

コロナ禍で世界的に深刻度を増す家庭内暴力の問題。「影のパンデミック」とも

コロナ禍でロックダウンや外出自粛要請が敷かれた結果として、世界的に家庭内暴力が拡大していると報告されている。在宅時間の急増、就職難や減収などによるストレスが要因とされ、密室で行われる暴力と搾取の蔓延を国連女性機関(UN Women)は「影のパンデミック」だと問題視した。日本でも2020年度のDV相談件数は過去最多となり、世界各国でDVの報告件数と緊急シェルターの需要の増加が認められている。

デンマークの機会均等担当大臣で、北欧ジェンダー平等閣僚理事会の議長を務めるモーゲンス・イェンセンは、「COVID-19の危機は、特に家庭内暴力に直面している人々にとっては深刻だ。外部の者が(閉ざされたドアの中で)何が起こっているか状況を把握することも被害者が家を出て助けを求めることも困難な場合が多い」と指摘。北欧諸国は、コロナ禍の女性に対する暴力の増加に伴って、臨時に女性用シェルターを拡充し、新たに電子メールで警察に通報できる方法を導入するなどの対応を取った。

『サンドラの小さな家』は、DVに苦しむ女性に光を当て、声なき者に声を与える。パンデミック前に制作された映画ではあるが、奇しくもその問題がさらに深刻になったいま、この映画の気概はより重要な意味を持つだろう。

『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

主演クレア・ダンを脚本執筆に駆り立てた、女友達の話と、アイルランド社会の実情

小さな女の子が小さな家の形をしたおもちゃ箱を抱えてコンビニに駆け込んでくる。その中には警察へのSOSのメッセージがしたためられていた。サンドラ(クレア・ダン)は夫ガリー(イアン・ロイド・アンダーソン)から激しい暴力を振るわれる直前、娘に助けを求める秘密の暗号「ブラック・ウィドウ」を発令していたのだ。小さなヒーローと小さな家によって、彼女の命が救われるところからこの映画は始まる。

その後、左手の負傷とPTSDに悩まされるサンドラは幼い娘ふたりを連れて小さなホテルの一室での仮住まいを余儀なくされる。清掃人やパブの仕事を掛け持ちしながら、公営住宅の順番を待つ日々が続くが、いつまで経っても事態は進展しない。融通の効かない公務員たちの対応に直面した彼女は、自分で家を建てることを決意する。このように生活困窮者に対する公的支援や給付制度の欠如、煩雑な手続きばかりで困っている庶民を置き去りにした官僚主義への批判は、『わたしは、ダニエル・ブレイク』『家族を想うとき』のイギリスの名匠ケン・ローチを彷彿とさせる(参考記事:ケン・ローチ『家族を想うとき』が見つめる、「搾取」で回る世界)。

『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

スウェーデンのポップグループABBAのヒット曲で構成したミュージカル『マンマ・ミーア!』、あるいは労働者階級を圧政し自助努力を掲げた為政者を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を手がけた監督フィリダ・ロイドが、まさかこのような現実の労働者階級の社会問題を取り上げた映画を作るとはおそらく誰も予期しなかっただろう。ケン・ローチほどリアリズムの演出は厳格ではないものの、建築の過程をポップソングを用いて軽やかにモンタージュする手腕はロイドならではである。

『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

この映画の精神は、やはり脚本も執筆した主演クレア・ダンにあるのだろう。3人の子どもを連れてホームレス状態になってしまった女友達の話を機に、アイルランドの住宅問題への危機意識や、延々と書類処理や行列に並ぶだけで進まない制度に怒りを抱いた彼女は、ひとりの女性がシステムから抜け出してDIYで家を作るアイデアを思いついたのだという。英国の『フリーバッグ』のフィービー・ウォーラー=ブリッジをはじめ、世界的に脚本を手がけた女優自らが主演を担う動きは近年活発化しているが、特に脚本家経験がない女優が必要に駆られて書き始めたという意味では、2020年の米国映画『Saint Frances(原題)』のケリー・オサリバンと通じるような同時代性も持つだろう。

『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
『サンドラの小さな家』 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

あるいは、ロイドが演出し、ダンが出演した演劇──女性刑務所を舞台にした女性だけのシェイクスピア3部作を通して、DVから命からがら逃れた女性たちが刑務所に多くいる事実を知り、その当人たちと関わった経験が本作には反映されている。今回はスタッフの男女構成比が均等になるよう企図されているが、ロイドは実は、一貫して映画や舞台で女性を主体にした物語や制作体制、様々な女性を表出させてきたのである。

主演のクレア・ダンとフィリダ・ロイド監督 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
主演のクレア・ダンとフィリダ・ロイド監督 ©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『サンドラの小さな家』

新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開中

監督:フィリダ・ロイド
脚本:クレア・ダン、マルコム・キャンベル
出演:
クレア・ダン
ハリエット・ウォルター
コンリース・ヒル
配給:ロングライド

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。