「男の」の枕詞はもう不要 杉作J太郎と劔樹人が語る今後の墓場プロ

「男の」の枕詞はもう不要 杉作J太郎と劔樹人が語る今後の墓場プロ

インタビュー・テキスト
村上広大
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

杉作J太郎が2003年に立ち上げた映画製作集団「男の墓場プロダクション」が、突如「狼の墓場プロダクション」に改名したという報せが飛び込んできた。長きに渡って愛用してきた名前を変更するのは、杉作本人はもちろん関係者にとっても大きなインパクトがあったに違いない。この突然の出来事はどうして起こったのだろうか。それを今回は紐解いていきたい。対談のパートナーは、自身も墓場プロのメンバーである劔樹人。杉作J太郎はどのような思いで改名を決断したのか。その内実に迫る。

杉作さんが「『男』にこだわる必要はない」とおっしゃったことでハッとさせられました。(劔)

―いきなり本題ですが、なぜ杉作さんは2020年のこの時期に「男の墓場プロダクション」から「狼の墓場プロダクション」に改名をしようと考えたのでしょうか。

杉作:そもそも「男の墓場プロダクション」は、後藤真希さん主演の『青春ばかちん料理塾』(斉藤郁宏監督 / 2003年)っていう映画を男仲間と一緒に観た直後に、「女の子だからという理由だけで後藤真希に料理を作らせるなんてふざけんじゃねえ。自分たちで映画を作って、ハジキを持ってもらおう!」なんて言ってできたすごく私的なプロダクションなんです。だから、当時は女性がメンバーとして参加するなんて夢にも思っていなくて。

―後藤真希さんを映画に呼ぶために結成されたわけですね。

杉作:はい。後藤さんが将来困ったときのために、ちゃんとした会社にしておこうって(笑)。その頃も女性スタッフはいたんですけど、「男の墓場プロダクション」の名刺を持っているメンバーは男しかいなかったんですよ。

でも、その後、惜しくも解散してしまったバニラビーンズの二人と、声優の浅野真澄さんが墓場プロに参加して、しかも名刺を持つようになったんですね。その頃から「男の」という名前が引っかかっていたんですけど、3人ともそれぞれ自分の活動ですでに名が通っている方だったので、うちでは出世を目指していないだろうということでそのままにしていました。

ただ、最近になって「ひなた」という名前の女性スタッフが入りましてね。これが大変に活発で、しかもまだ10代なので未来もある。そういう女性が「男の墓場プロダクション」という名前の集団にいるっていうのが、あまりにも現実に即してない気がしまして。

杉作J太郎(すぎさく じぇーたろう)<br>マンガ家・映画監督・脚本家、狼の墓場プロダクション局長。1961年愛媛県生まれ。現在は、南海放送『MOTTO!! 痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト』に出演。
杉作J太郎(すぎさく じぇーたろう)
マンガ家・映画監督・脚本家、狼の墓場プロダクション局長。1961年愛媛県生まれ。現在は、南海放送『MOTTO!! 痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト』に出演。

―未来ある女性に「男の」という文字が当てがわれている集団に在籍させたくなかったと。

杉作:不思議なもので、うちのプロダクションの活動に興味を持ってくれる人って今では女性が多いんですよ。だから、今後のことを考えて改名しよう、と。もう「男の」っていう枕の価値もないだろうし。

それでどうしようかと考えていたんですけど、うちには「馬五狼(うまごろう)」という名前の男性スタッフがいまして。僕も名前の末尾を「狼」にすることがあったものですから、ひなたが「私も狼を名前につけたい」と言うんです。それで「狼の墓場プロダクション」にしようと。なので、「狼」に大きな意味があるわけではなく、とにかく「男」を取りたかったっていうのが改名の理由になっています。

―改名の話を受けて、劔さんはその感動をご自身のTwitterにも書かれていましたよね。

:そうですね。今回の件について、僕はものすごく感動しまして。世の中がいろいろと変わってきているにもかかわらず、昔の価値観を引きずっている年配の男性もいるじゃないですか。でも、杉作さんは長く使ってきた名前をパッと捨ててしまった。その潔さに感動して。

正直なことを言えば、僕自身は「男の墓場プロダクション」という名前になんの疑問も感じていなかったんですよね。でも、杉作さんが「『男』にこだわる必要はない」とおっしゃったことでハッとさせられたというか、賛同の意を表明しないといけない気持ちになりました。

劔樹人(つるぎ みきと)<br>漫画家。「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト。2014年にイラストエッセイストの犬山紙子と結婚、兼業主夫となった生活を描いたコミックエッセイ『今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました』(双葉社)が話題となり、『主夫の友アワード2018』を受賞。
劔樹人(つるぎ みきと)
漫画家。「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト。2014年にイラストエッセイストの犬山紙子と結婚、兼業主夫となった生活を描いたコミックエッセイ『今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました』(双葉社)が話題となり、『主夫の友アワード2018』を受賞。
Page 1
次へ

番組情報

『MOTTO!! 痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト』(ラジオ)

日時:毎週土曜21:00~23:00
配信:南海放送

プロフィール

杉作J太郎(すぎさく じぇーたろう)

マンガ家・映画監督・脚本家、狼の墓場プロダクション局長。1961年愛媛県生まれ。監督作品に『仁侠秘録 人間狩り』、『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』、『やる気まんまん』、『チョコレート・デリンジャー』(製作中)。著書に『ボンクラ映画魂 三角マークの男優たち』(洋泉社)、『仁義なき戦い浪漫アルバム』(共著、徳間書店)、『男の花道』(ちくま文庫)、『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』(扶桑社)等。

劔樹人(つるぎ みきと)

漫画家。「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト。2014年にイラストエッセイストの犬山紙子と結婚、兼業主夫となった生活を描いたコミックエッセイ「今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました」(双葉社)が話題となり、「主夫の友アワード2018」を受賞。2017年に長女が誕生。他、著書に「あの頃。~男子かしまし物語~」(イースト・プレス)、「高校生のブルース」(太田出版)。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。