ゆーみん&きうてぃ、ユーロヴィンテージと北欧ミリタリーの魅力

ゆーみん&きうてぃ、ユーロヴィンテージと北欧ミリタリーの魅力

インタビュー・テキスト・編集
吉田真也(CINRA)
撮影:佐藤翔

いま注目のユーロヴィンテージ。意外と人気の北欧ミリタリーの魅力にも迫る

元来、古着といえばアメカジが王道といえるが、近年のファッションシーンでは、ヨーロッパ製のヴィンテージ古着が注目を集めている。いわゆる「ユーロヴィンテージ」だ。製造年数が古く、生産数も少ないアイテムは、古着屋やフリマアプリなどでも驚くほどの高値で取引されている。

なかでも、「ミリタリー」は人気のジャンルのひとつ。戦時中につくられたヴィンテージのミリタリー製品は、現存するアイテム数にも限りがあるので、名作と呼ばれる型の価値がおのずと高騰する。意外かもしれないが、第二次世界大戦の主要国とされるドイツ軍、イギリス軍、フランス軍などと並び、根強い人気を博しているのがスウェーデン軍をはじめとする北欧各国軍のアイテム。歴史的な世界大戦を振り返ると、他国に比べて強烈な印象はないが、なぜ北欧のミリタリーは定評があるのだろうか。

今回は、北欧にまつわるミリタリー古着の奥深さや、ユーロヴィンテージ全般の魅力を探るべく、人気ファッションYouTuber「ゆーみん&きうてぃ」のもとを訪ねた。主にユーロヴィンテージの魅力について丁寧に伝えるYouTubeチャンネルを2018年に開設し、わずか2年でチャンネル登録者数は3万3000人(2020年10月現在)を突破。いま話題の二人は、近年のユーロヴィンテージの高騰の要因についてどう分析しているのか。

ゆーみん&きうてぃ。左から:ゆーみん、きうてぃ<br>ヴィンテージ古着のオンラインショップ「from_antique」を経営している「ゆーみん」と、高円寺にあるユーロヴィンテージ専門店「militaria」「encore」のショップスタッフ「きうてぃ」の二人組で活動する、ファッションYouTuber。高校時代から友人だった二人は、大学卒業後に入社したそれぞれの会社を退職し、現在の古着業へ。2018年8月にYouTubeチャンネルを開設し、主にヴィンテージ古着の魅力を定期的に発信するようになる。2020年10月現在、チャンネル登録者数は3万3000人を突破。ファッション雑誌やウェブメディアで取り上げられるなど、注目を集めている。
ゆーみん&きうてぃ。左から:ゆーみん、きうてぃ
ヴィンテージ古着のオンラインショップ「from_antique」を経営している「ゆーみん」と、高円寺にあるユーロヴィンテージ専門店「militaria」「encore」のショップスタッフ「きうてぃ」の二人組で活動する、ファッションYouTuber。高校時代から友人だった二人は、大学卒業後に入社したそれぞれの会社を退職し、現在の古着業へ。2018年8月にYouTubeチャンネルを開設し、主にヴィンテージ古着の魅力を定期的に発信するようになる。2020年10月現在、チャンネル登録者数は3万3000人を突破。ファッション雑誌やウェブメディアで取り上げられるなど、注目を集めている。

数年前まで2万円だったパンツが10万円!? ユーロヴィンテージ市場の勢い

YouTuberとして活動しながらも、ゆーみんさんはヴィンテージ古着のオンラインショップ「from_antique」を経営しており、きうてぃさんも高円寺にあるユーロヴィンテージ専門店「militaria」「encore」のショップスタッフとして働いている。それぞれ古着業を行うなかでも、ユーロヴィンテージ・ユーロミリタリー市場の盛り上がりを肌で感じているそうだ。

ゆーみん:人気のアイテムは、卸値も販売値も、ここ数年でどんどん跳ね上がっていますね。去年の相場では2、3万円で売られていた型の軍服が、今年は4、5万円で売られていることもザラにあって。

ゆーみん

ゆーみん:その現象として象徴的なのは、フランス軍が1947年に製造したM-47のミリタリーパンツの高騰ですね。たとえば、50年代以前に製造された前期モデルで、なおかつ状態も良く、最小サイズであるとすれば、いまの相場だと10万円くらいにはなります。

―10万円!?

きうてぃ:めちゃくちゃ高いですよね(笑)。ヴィンテージはデッドストックでない限り、同じ状態のものはないので、基本的に一点物。M-47のように型のあるアイテムも現存数に限りがありますし、需要があるサイズなら、同じ型でも数倍の値の開きが出ることは珍しくないです。とはいえ、M-47は数年前まで1、2万円で買えたので、異常な高騰の仕方だと思いますけど。

M-47が高騰した理由を考察した動画(ゆーみん&きうてぃ official YouTube)

近年、ユーロヴィンテージが急騰している理由には、さまざまな要素が絡み合っている。ひとつはフリマアプリの浸透などによって古着に対する抵抗感が薄れ、幅広い層の人にとって「ヴィンテージ」はより身近な存在になり、需要が拡大したこと。

そして、もうひとつは、多くの世界的なデザイナーズブランドの逸品が、ユーロヴィンテージ・ユーロミリタリーを参考にしてきた事実である。

ゆーみん:実はM-47も、マルタン・マルジェラが1990年代に発表したパンツのサンプリング元になっているんです。この話も、ファッションオタクの間では以前から周知されていたのですが、ファッション系のウェブメディアやYouTuberなどの発信者が増えたことで、そういう情報がコアな層からマスにも届くようになった。それで、需要と供給のバランスが崩れて高騰につながったのかなと。

きうてぃ:いままでは、デザイナーズブランドでしか買い物をしていなかったような人でも、「元ネタ」であるユーロヴィンテージを探しに、古着屋を訪れるようになっていますからね。

あと、ブランドの話でいうと、最近はCOMOLIやYAECAなど、どこかユーロヴィンテージを彷彿とさせるような中性的で柔和な雰囲気のブランドも人気ですよね。その要因として、人々の価値観が変容していることもある気がして。

いまは世の中の価値観として、ジェンダーや人種の平等性が大切にされていますし、多様性を受け入れる柔らかい思想が浸透している時代。丸みのあるデザインや、アンニュイな雰囲気を放つユーロヴィンテージが若者から人気を得ているのも、そうした時代背景がもしかしたら影響しているのかなと。

きうてぃ
Page 1
次へ

プロフィール

ゆーみん&きうてぃ

ヴィンテージ古着のオンラインショップ「from_antique」を経営している「ゆーみん」と、高円寺にあるユーロヴィンテージ専門店「militaria」「encore」のショップスタッフ「きうてぃ」の二人組で活動する、ファッションYouTuber。高校時代から友人だった二人は、大学卒業後に入社したそれぞれの会社を退職し、現在の古着業へ。2018年8月にYouTubeチャンネルを開設し、主にヴィンテージ古着の魅力を定期的に発信するようになる。2020年10月現在、チャンネル登録者数は3万3000人を突破。ファッション雑誌やウェブメディアで取り上げられるなど、注目を集めている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。