北欧映画祭『TNLF』がオススメ。北欧の国別注目映画5選

北欧映画祭『TNLF』がオススメ。北欧の国別注目映画5選

インタビュー・テキスト
細川典子(トーキョーノーザンライツフェスティバル)
編集:竹中万季

日本の配給会社も注目する、ハリウッド映画にはない北欧映画の魅力

「北欧映画」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか? シリアスで、人間の内面に迫るドラマに秀作が多いので、「暗い」とか「重い」と言われてしまうこともありますが、恋愛モノやコメディーもあり多様性に富んでいます。そして、一言で「北欧」と言っても、国によって特徴が異なります。

ここ数年は、日本でも北欧映画の公開作品数も増えて、映画館で観るチャンスも増えてきています。『さよなら、人類』のロイ・アンダーソン監督はスウェーデン出身、『ル・アーヴルの靴みがき』のアキ・カウリスマキ監督もフィンランド出身、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー監督もデンマーク出身と、知らぬうちに北欧映画に触れていた人も多いかもしれません。

そんな北欧映画の魅力を紹介し、2011年からこれまでに100本ほどの作品を上映してきた『トーキョーノーザンライツフェスティバル』(以下、『TNLF』)が、おすすめの北欧映画を連載形式で紹介していきます。

今回は、近年話題になった作品を中心に「今、おさえておくべき北欧映画」を国別でピックアップ。スウェーデン、アイスランド、フィンランド、ノルウェー、デンマークの5か国から注目の作品を1本ずつご紹介します。

40か国で翻訳されたベストセラーを映画化。スウェーデンの『100歳の華麗なる冒険』

『100歳の華麗なる冒険』 ©2013 / Nice FLX Pictures all rights reserved.
『100歳の華麗なる冒険』 ©2013 / Nice FLX Pictures all rights reserved.(オフィシャルサイトを見る

まずは、スウェーデンから。40か国で翻訳され、800万部を超える大ベストセラーを映画化し、スウェーデン本国のみならず、ヨーロッパでも大ヒットした『100歳の華麗なる冒険』をご紹介します。

100歳の誕生日に老人ホームから逃げ出したアラン。その冒険を追うにつれて、彼の奇想天外な過去が明らかになってきます。幼少期からの爆弾好きが高じて、スペインの独裁者フランコ将軍やソ連のスターリンと対面したり、冷戦時代にはロシアとアメリカの二重スパイになって、世界中の要人たちと交流。激動の20世紀における重要な場面に立ち合いながらも、本人には主義主張はなくすべて成り行き任せ……。

世界中の誰もが知っている歴史が、そのまま彼の歴史になっているというユニークなストーリーが世界中でヒットした理由のひとつだと思いますが(参考:『100歳の華麗なる冒険』を世界で大ヒットさせた「笑い」の力)、彼の生き方そのものが人生賛歌になっているという部分も大きな共感を呼んだのではないでしょうか。

20代から100歳までのアランを、スウェーデンのコメディアンのロバート・グフタフソンがすべてひとりで演じていますが、そのメイクを手掛けたラヴ・ラーソンとエヴァ・フォン・バールは、本作と『幸せなひとりぼっち』で『アカデミー賞』のメイクアップ賞に2年連続でノミネートされました。

社会の片隅で生きる体重200kg童貞のラブストーリー。アイスランドの『好きにならずにいられない』

『好きにならずにいられない』 © Rasmus Videbæk
『好きにならずにいられない』 © Rasmus Videbæk(オフィシャルサイトを見る

次は、『TNLF2016』でのジャパンプレミア上映が大盛況だった『好きにならずにいられない』。社会にうまく馴染めず不器用に生きる人々を、アイロニーを交えながらも優しく見つめ続けているアイスランドの俊英、ダーグル・カウリ監督は、『TNLF2013』での監督特集でも好評を博しました。

主人公は、43歳で童貞、ジオラマ作りが趣味で、空港勤務なのに飛行機には乗ったことがないという大男のフーシ。社会の片隅でひっそりと生きていましたが、シェヴンという女性との出会いから人生を変えていく姿が描かれています。フーシを演じるのは、アイスランドで20年にわたり俳優として活動しているグンナル・ヨンソン。カウリ監督は、テレビのコメディー番組を見て彼に惚れ込み、この脚本を書いたとのこと。

フランシス・フォード・コッポラ監督(『ゴッド・ファーザー』)も、「フーシ、君のような人が増えたなら、世界はもっと幸せになれるのに」と賛辞を贈ったというフーシの愛すべきキャラクターは、世界中にファンを生み話題になりました。不器用で優しく、シャイな非モテ男のラブストーリーという点でも、日本人が共感できる部分が多そうです。

アイスランドは人口約33万人程度(2016年9月時点)の小さな国で、映画の製作本数も年に10本程度と少ないですが、1作品ごとのクオリティーの高さにはいつも驚かされます。カウリ監督の今後はもちろん、新しい才能との出会いにも期待しています。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

『100歳の華麗なる冒険』
『100歳の華麗なる冒険』(DVD)

2015年4月24日(金)発売
価格:1,944円(税込)
販売元:株式会社KADOKAWA

『好きにならずにいられない』
『好きにならずにいられない』(DVD)

2017年1月5日(木)発売
価格:4,104円(税込)
販売元:オデッサ・エンタテイメント

『ファブリックの女王』
『ファブリックの女王』(DVD)

2016年12月16日(金)発売
価格:4,298円(税込)
販売元:ビクターエンタテインメント

『ハロルドが笑う その日まで』
『ハロルドが笑う その日まで』(DVD)

2016年11月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)
販売元:TCエンタテインメント

『真夜中のゆりかご』
『真夜中のゆりかご』(DVD)

2015年12月4日(金)発売
価格:5,076円(税込)
販売元:株式会社KADOKAWA

プロフィール

トーキョーノーザンライツフェスティバル

2011年から毎年2月に開催しており、新旧の北欧映画の選りすぐりの傑作をこれまでに約100作品上映。音楽やアート、食などでも北欧の文化を発信している。

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事