Salyu×原田郁子はサウナ友達 いい歌の為に機嫌のいい時間を作る

Salyu×原田郁子はサウナ友達 いい歌の為に機嫌のいい時間を作る

インタビュー・テキスト
大智由実子
撮影:前田立 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

クリエイティブな仕事をする人からサラリーマン、学生まで、巷では「最近サウナにはまっている」という人が増えてきている。サウナにはまったきっかけはたとえば女性だったら美容のためだったり、肩こりや冷え性改善といった健康増進が目的だったり、はたまたサウナの中で瞑想をしたりして自分と向き合うためだったり、と人それぞれ。

では、ミュージシャンとして表現する側の人たちはどのような目的でサウナに行くのだろうか? クリエイティブなアイデアを求めて? それとも癒しとして?

今回お話を伺ったのは、クラムボンのメンバー原田郁子さんと、シンガーソングライターのSalyuさん。2人ともサウナが好きで一緒に行くこともあるほど仲のよい友人同士。2人の音楽にとってサウナはどんな役割を果たしているのか、サウナとの関係性について聞いた。

サウナは、「自分へのご褒美」っていう感じです。(Salyu)

—まずはじめに2人のサウナとの出会いからお聞きしたいのですが、いつ頃どのようなきっかけでサウナに行く習慣ができたのでしょう?

Salyu:私は8年くらい前かな。友人からサウナという文化を教えてもらいました。その頃、季節の変わり目やストレスを感じたときに出てくる肌荒れやアトピーの症状に悩まされていたのですが、その友人から「サウナに行けば代謝がよくなるし、デトックスやリフレッシュにもなるよ」と言われてタナカカツキさんの『サ道』(2011年 / パルコ出版)を貸してもらったんですね。読んでみたらはんなりした雰囲気でとても楽しんで読めて「やってみようかな」と思えたのがきっかけです。

原田:私は2000年頃、クラムボンが八ヶ岳・小淵沢のスタジオに曲作りやレコーディングをしに行くようになったのですが、毎日近くの温泉に行くとどこも必ずサウナがあって。信州の冬は本当に寒くてお風呂に浸かっただけだと温まりきれないから自然とサウナに入りはじめました。

そのあと、タナカカツキさんや伊藤ガビンさんと一緒にお仕事をさせていただく機会があって。ガビンさんから「カツキさんが新しい本を作ったんだけど、郁子ちゃん、好きだと思うよ」と教えてもらったのが、さっきSalyuも言っていた『サ道』でした。

Salyu:みんな必ず『サ道』を通る(笑)。バイブルですね。

原田:目から鱗だよね。これまで誰も言語化しなかったサウナ感が、ユーモラスに綴られていて、私も衝撃を受けました。

左から:Salyu、原田郁子
左から:Salyu、原田郁子

原田:そうそう! Salyuと初めて一緒にサウナに行ったとき、「誕生日プレゼントに」って入り口でサウナのチケットをくれたんだよね(笑)。

Salyu:そう(笑)。それがちょうど8年くらい前で、私がサウナを試みはじめたばかりの頃。「サウナって気持ちいいし楽しい!」って体感していろんな人に教えたくなって、郁ちゃんの誕生月にはりきって「今日サウナ行かない?」って誘ったんだよね(笑)。

原田:なんて粋なことをする人だろうって、うれしかったです。

—普段どんなときにサウナに行かれますか?

Salyu:なんの約束も入ってなくて自分のためだけに使える時間がある日に行きます。そんなときは大きめのスパ施設に行ってゆっくりして、アカスリまでしてもらってマインドのケアをしますね。「自分へのご褒美」っていう感じです。

原田:私もSalyuみたいに小さい頃からアトピーがあって、汗をかくとかゆくなったりするので普段はあまり汗をかかないようにしているのですが、たまに「思いきり汗をかきたい!」っていうときがあって。あとは、パソコン作業が続いてバキバキのとき、風邪を引きそうなときにも行きます。サウナに行くと調子がよくなる感じがするんです。

Salyu:わかる! そういうときにサウナに行くと治る感じはあるよね。私はいまはもうほとんどアトピーはなくなったんですけど、たまに「あれ? 出てきそうかも」っていうときにサウナに行って早めに処方する、みたいな感じで。

左から:原田郁子、Salyu

—では身体のメンテナンスという目的が大きいのですね。

Salyu:ほとんどそうですね。

原田:前に1度、EGO-WRAPPIN'のよっちゃん(中納良恵)と3人でサウナに行ったことがあったね。Salyuオススメのサウナに行ってゆっくりして、そのあと飲みに行って、「身体のメンテナンスをしよう」っていうような1日。楽しかったね!

Page 1
次へ

プロフィール

Salyu(さりゅう)

1980年生まれ、神奈川県出身。岩井俊二の映画『リリイ・シュシュのすべて』でデビュー。作中に登場する架空のシンガーソングライター「Lily Chou-Chou」としての活動を行う。ヒップホップMCである「ILMARI」とのコラボレーションなどを経て、2004年にはソロデビューを果たす。2011年7月13日に両A面シングル「青空/magic」をリリース。さらに8月10日、作曲・小山田圭吾、作詞・坂本慎太郎(ex.ゆらゆら国)が手掛けた
“INFOBAR A01”のCMイメージソングとしての書き下ろし曲「話したいあなたと」をsalyu×salyuの新曲として配信限定でリリース。

原田郁子(はらだ いくこ)

1975年、福岡生まれ。1995年にスリーピースバンド「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。バンド活動と並行して、ソロ活動も精力的に行っており、これまでに4枚のソロアルバムを発表。2010年には、吉祥寺の多目的スペース&カフェ『キチム』の立ち上げに携わる。近年は、クラムボンが自身のレーベル「トロピカル」より3枚のミニアルバムを発表し、独自の販売方法を試み、ジャンル問わずの約300店舗にまで広がりを見せている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。