HOTEL SHE,スタッフらが見た世界の変化 京都と北海道の仕事と生活

HOTEL SHE,スタッフらが見た世界の変化 京都と北海道の仕事と生活

編集
石澤萌(CINRA.NET編集部)

感染症が壊した心の「壁」 / テキスト:池田智哉(「HOTEL KUMOI」支配人)

そこは全国で最も早く季節が変わりゆく土地。大雪山や滝などの自然資源が豊富で、何もかもが雄大です。北海道のド真ん中に位置する層雲峡温泉街と「HOTEL KUMOI」、そこが私の舞台です。

近年ではインバウンド消費も多く、温泉での癒し、原自然を求めるゲストに親しまれています。街は伝統の祭りを年間通して行っており、夏は火祭り、冬は氷爆祭りとビックスケールのイベントで賑わっていました。

今年の冬は昨年にも増して賑わいを見せ、ホテルでも多くの出会いがありました。でも、今は懐かしいです。そんな忙しくも楽しい日常は、抗う暇もなく新型コロナウイルスの波に流されて行きました。

2020年2月中旬から、街がウイルス情報でざわつき出し、下旬には控えていたイベント、ツアーや祭り、海外からのゲストの来訪も中止・キャンセルが止まらず、あれよあれよと予約はなくなりました。今までの賑わいは嘘かのように街は静かで、ホテルも休館することに。周辺の飲食店や大手ホテルでさえ次々閉館の運びとなりました。

ホテルでの勤務時間はバラバラだったし、私生活が疎かになっていた部分も多かったので、休館中は家事、趣味にも時間を使いました。毎朝8時に起き、筋力トレーニング、昼食を作り、報道番組を眺めながら食す。午後には洗濯をして本を読む。夕食の買い物に行き、ぼーっとしながら湯船に浸かる。そんな一見爽やかな休日も1週間もすれば退屈なものになりました。

感染症の流行によって世界は大きく変わり、特に観光業界は計り知れない打撃を受けました。今の仕事ができなくなることも半分覚悟していました。そんな中で、今までの仕事が楽しかったことに改めて、いや、本当の意味では初めて気づいた気がします。コロナ禍は、自身が「本当は何がしたいか」「本当にすべきことは何か」をじっくり考えるきっかけをくれました。

2020年6月からホテル営業を再開しましたが、層雲峡の街は人より鹿の方が多いくらいでした。本当です。今まで「当たり前のこと」だと勘違いしていたインバウンド消費は0に、街の全員が頭を抱えていました。待っていても状況は変わらず、ただ何もできないと感じていました。

自粛ムードが続く中、街には正論が渦を巻きます。

「誘客して感染者が出たら大変だ」「コロナ対策をしていたら商売にならない」「仕事を続けられるか分からない中、街のこと考える余裕はない」「売上が出ていないのにお金を投資できない」「100年に一度のパンデミックで街が変わらなかったら、以後一生変わらないだろう」――さまざまな意見が飛び交う中で、「それでも街で一体となって乗り越えたい」、そんな声が少しずつ大きくなっていった気がします。

今までは街に少なからず「壁」があったように感じていました。役場、協会、大手ホテル、小規模ホテル、飲食店。序列があり、意見を言い合わない空気感が漂っていたようにも思います。この機会がその壁を少し崩してくれたのだと思います。

街の人間として立場関係なく話し合う機会が増えました。私自身も、街の方々からするとまだまだ未熟者なのですが、意見を聞いていただける機会が増えたと感じています。

正解はまだ分かりません。失敗もすると思います。ただ、街が変わろうとしている、変わっている様は格好よく、本当にワクワクしています。街の皆さんと、街の一員として、アクションを起こしていきます。それを正解にしていけるよう努めたいと思っています。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 2
前へ

ホテル情報

「HOTEL SHE, KYOTO」
「HOTEL SHE, KYOTO」

京都の中央を貫く烏丸通のロードサイドにひっそりと佇む旅の果てのオアシス

「HOTEL KUMOI」

Vaporに包まれた北海道・上川町の秘境の温泉街・層雲峡。大雪山にひっそりと佇む温泉旅館・HOTEL KUMOIはあなたがこの街に訪れる日を待っています。

プロフィール

鎌上真帆(かまがみ まほ)

1998年、北海道生まれ北海道育ち。高校卒業後、単身渡英し秋から英国サリー大学4年生。大学では観光学・ホテル学を専攻し、業界について幅広く勉強中。大学3年時に、学校の就業体験プログラムを使い、2019年7月から2020年8月までL&Gにてフルタイムインターンとして働く。現在イギリスより就職活動中。将来は文章を書く人になりたい。

池田智哉(いけだ ともや)

L&G GLOBAL BUSINESS, Inc. HOTEL KUMOI支配人。
1991年、福井県鯖江市生まれ。JR西日本の新幹線エンジニアを経て、2018年L&Gに入社。その後、HOTEL SHE, KYOTO支配人およびリニューアルのPMを務める。2019年よりHOTEL KUMOI支配人となり、大雪山国立公園内に位置する層雲峡温泉で自然を愛でながらホテルマネジメントと地域振興に励む。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。