小倉悠加×神前暁が語る、映画界でポストクラシカルが示す存在感

小倉悠加×神前暁が語る、映画界でポストクラシカルが示す存在感

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

今年2月に開催された『第92回アカデミー賞』にて、主演男優賞と作曲賞の2部門に輝いた映画『ジョーカー』(2019年)。とりわけ作曲賞は、アイスランドの音楽家でmúm(ムーム)のメンバーでもあったヒドゥル・グドナドッティルが受賞し話題になったのも記憶に新しい。彼女はポストクラシカルの代表格とされる、今は亡きヨハン・ヨハンソンと長きにわたってパートナーシップを築き上げ、ヨハンが担当した映画『メッセージ』(2016年)や『ボーダーライン』(2015年)『プリズナーズ』(2013年)などにも参加し存在感を示してきた。

思えばアイスランドの音楽はヨハンやヒドゥルのみならず、例えばSigur Rós(シガー・ロス)やビョーク、múmなどの楽曲もさまざまな映画作品の中で効果的に使用されてきた。もちろん音楽性はそれぞれ違うが、どこか共通点を感じるアイスランドのアーティストたち。その不思議な繋がりは一体、どこから来るものなのだろうか。

今回Fikaでは、アイスランド在住でコーディネーターや通訳、音楽ジャーナリストなどの活動を通して長年アイスランドのカルチャーを追い続けてきた小倉悠加と、アニメ作品『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』『化物語』などの楽曲を手掛ける音楽家・神前暁による対談を行ない、アイスランドの音楽が持つ魅了について語り合ってもらった。「アニソン界の至宝」と呼ばれる神前だが、最近手掛けている実写映画のサントラなどではポストクラシカル的なアプローチに挑んでいるという。映画作品とポストクラシカルはなぜ、相性がいいのか。2人に伺った。

アイスランドは人口36万人の国なので、1つのジャンルだけ演奏して暮らせる環境じゃない。(小倉)

―以前、神前さんにインタビューさせていただいたとき、いわゆるポストクラシカルやシューゲイザーと呼ばれるジャンルの音楽が好きだとお聞きして、普段手がけている楽曲からすると少し意外だったので驚いたんです。

神前:リスナーとしては、以前からMy Bloody ValentineやRadioheadのようなアイルランドやUKのバンド、それからビョークやSigur Rós、ヨハン・ヨハンソンのようなアイスランドの音楽は好きでよく聴いていたんです。自分が手がけるアニソンでも、例えばシンセやギターの使い方などで音響的なアプローチをしたことはあったのですが、直接的にそういった音楽の影響を出すことはあまりなかったと思います。

ただ最近は、アニメと並行して実写映画やドラマの劇伴をやるようになり、ここ10年くらいのトレンドを掘り下げてみたときに、いわゆるポストクラシカル的なアプローチを取ったサントラが多いことに気がついて。そこから仕事としても、その辺りのジャンルを取り入れるようになっていきましたね。

神前 暁(こうさき さとる)<br>1974年9月16日生まれ、大阪府出身の作・編曲家、音楽プロデューサー。京都大学工学部卒。在学中は作曲サークル「吉田音楽製作所」に所属し、同人として活動を行なう。卒業後に株式会社ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に入社、サウンドクリエイターとして『鉄拳』シリーズや『太鼓の達人』シリーズ、『THE IDOLM@STER』など多数の作品に関わる。2005年にナムコを退社し、クリエイター集団MONACA(有限会社モナカ)に所属。アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』スタッフ参加をきっかけに注目を浴びる。
神前 暁(こうさき さとる)
1974年9月16日生まれ、大阪府出身の作・編曲家、音楽プロデューサー。京都大学工学部卒。在学中は作曲サークル「吉田音楽製作所」に所属し、同人として活動を行なう。卒業後に株式会社ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に入社、サウンドクリエイターとして『鉄拳』シリーズや『太鼓の達人』シリーズ、『THE IDOLM@STER』など多数の作品に関わる。2005年にナムコを退社し、クリエイター集団MONACA(有限会社モナカ)に所属。アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』スタッフ参加をきっかけに注目を浴びる。

―アイスランド在住の小倉さんは、いわゆるポストクラシカルと呼ばれているヨハン・ヨハンソンやヒドゥル・グドナドッティルを、どのように見ているのでしょうか。

小倉:「アイスランドの音楽シーン」という視点でお話しすると、おそらくアーティスト本人たちは「ポストクラシカルをやっている」という意識はないと思いますね。やりたい音楽をやっていたら、結果的にそう呼ばれていたというだけで。なぜそう思うかというと、例えばアイスランドのシンフォニックオーケストラで第一バイオリンを弾いている人が、こちらだとポップス界隈でも引っ張りだこのセッションミュージシャンだったりするんです。さらに夜になると、小さなバーでロックバンドとセッションもする。

日本の場合、ミュージシャンもリスナーもアイスランドに比べて人口が多いですから、ある程度はジャンル的な住み分けがされていると思うんです。アイスランドは人口36万人の国なので、1つのジャンルだけ演奏して暮らせる環境じゃない。そうすると、ジャンル自体もどんどんごちゃ混ぜになっていくんですよ。

小倉悠加(おぐら ゆうか)<br>1970年代半ば洋楽に目覚め、高校時代アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。カーペンターズの解説・対訳の多くを手がけ、カーペンターズ研究家と呼ばれることも。2002年アイスランド音楽サイトのコンテンツ制作をきっかけに、以来、アイスランド文化を幅広く紹介。2017年からアイスランド在住。アイスランド・ミュージック・エクスポート(アイスランド産業省外郭団体)より、「アイスランド音楽大使」の名誉称号を受ける。
小倉悠加(おぐら ゆうか)
1970年代半ば洋楽に目覚め、高校時代アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。カーペンターズの解説・対訳の多くを手がけ、カーペンターズ研究家と呼ばれることも。2002年アイスランド音楽サイトのコンテンツ制作をきっかけに、以来、アイスランド文化を幅広く紹介。2017年からアイスランド在住。アイスランド・ミュージック・エクスポート(アイスランド産業省外郭団体)より、「アイスランド音楽大使」の名誉称号を受ける。

―なるほど。そういう中から生まれた音楽が、外側から見るとシューゲイザーやポストクラシカルと呼ばれる音楽に感じるというか。

小倉:そうだと思います。ヨハン・ヨハンソンにしても元はパンクだったし、Apparat Organ Quartetのようなロックバンドにも所属しつつ、ポップスのプロデュースもやっていました。音楽で食べていくためには、なんでもやっていかなければいけないから、その中で彼のスタイルができていったと思うんですよね。

―「クローズドな世界の中で独自に発展していった」という意味では、アニソンにも通じるところがあるのかなと思いました。

神前:確かにそうですね。僕自身もアニソンの中で、いろんなジャンルを取り込みながらボーダレスにやってきたつもりなので、小倉さんがおっしゃっていることは感覚として非常に理解できます。

アイスランド在住の小倉と神前はオンラインでの対談を実施した
アイスランド在住の小倉と神前はオンラインでの対談を実施した
Page 1
次へ

リリース情報

『神前 暁 20th Anniversary Selected Works “DAWN”』

2020年3月18日(水)発売
価格:4,290円(税込)
SVWC-70507~70509

プロフィール

神前 暁(こうさき さとる)

1974年9月16日生まれ、大阪府出身の作・編曲家、音楽プロデューサー。京都大学工学部卒。在学中は作曲サークル「吉田音楽製作所」に所属し、同人として活動を行なう。卒業後に株式会社ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に入社、サウンドクリエイターとして『鉄拳』シリーズや『太鼓の達人』シリーズ、『THE IDOLM@STER』など多数の作品に関わる。2005年にナムコを退社し、クリエイター集団MONACA(有限会社モナカ)に所属。アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』スタッフ参加をきっかけに注目を浴びる。

小倉悠加(おぐら ゆうか)

1970年代半ば洋楽に目覚め、高校時代アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。カーペンターズの解説・対訳の多くを手がけ、カーペンターズ研究家と呼ばれることも。2002年アイスランド音楽サイトのコンテンツ制作をきっかけに、以来、アイスランド文化を幅広く紹介。2017年からアイスランド在住。アイスランド・ミュージック・エクスポート(アイスランド産業省外郭団体)より、「アイスランド音楽大使」の名誉称号を受ける。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。