昆虫食メーカー×料理研究家と考える「明日から楽しむ昆虫食」

昆虫食メーカー×料理研究家と考える「明日から楽しむ昆虫食」

インタビュー・テキスト
大北栄人
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌、矢澤拓(CINRA.NET編集部)
2020/03/24
  • 135
  • 44

水族館で魚を見たときの感情と似たものを、昆虫に覚える日がくるかもしれない

最後にTAKEOの人気商品だというタガメサイダーを飲む。タガメのエキスが入ったサイダーである。オレンジとかレモンじゃないんだから、と思ったら……。

三浦:洋梨の香りがしますよ。

え、そんなことあるかな!? と思って飲んだら、あっ、笑ってしまうくらい洋梨だ(笑)。

タガメサイダー。取材のおみやげにと、三浦さんが4本も持ってきてくれた
タガメサイダー。取材のおみやげにと、三浦さんが4本も持ってきてくれた
これは……洋梨!
これは……洋梨!

榎本:でも奥の方にちょっとオイリーな香りがしません?

たしかに。よくよく考えてみれば洋梨の奥に何かちがった匂いがある。これがタガメっぽさか。いや、なんだ、「タガメっぽさ」って!? とはいえガシガシ塗り替わっていく。タガメのイメージが味のおいしさを損なうのではなく、今はおいしさがタガメのイメージを引き上げている。

―これは……虫ってみんな食べてこなかったものだから、もしかして他にもおもしろい食材がたくさんあったりするんですかね?

三浦:タガメのような香りでいうと、サクラケムシという桜についてる黒い毛虫は桜の香りがするんですよ。カメムシをパクチーの代わりにするみたいに。

高級品でいうと蜂の子、蜂蜜ですかね。売ってないですけどカミキリムシの幼虫は高級食材になりえます。食べるためにわざわざ自分たちで捕りに行く人たちが周りにもいます。

矢澤(Fika編集部):あ、私長野出身でそれ食べてました。薪用の木を切ってるときに出てくるんですけど、出てきたらもうめちゃくちゃうれしいんですよ。世の中で一番おいしいものだと思ってました。油で炒めて砂糖醤油で食べるんですけど、それがとんでもなくうまいですね。クセのないチーズを衣でくるんで揚げたものに近いですかね。食感とか口どけとか。

―口どけ。

三浦:ほら、だんだん洗脳されてきませんか? 店舗にお越しいただく人たちもそうなんですが、食べている人の話を聞いてると食の意識高まってくるんですよね。そうなってくると飛んでるトンボとか食材に見えてくるかもしれない。もう、水族館見る感じですよね。最初のものって怖いですけど、こうやって普通に喋ってたら食べられるんだって意識に変わっていきやすい。

―たしかに変わりました。どんとこい未来ですよ。

三浦:虫が第4の生鮮食品になればおもしろいなって思っています。食卓でお母さん方が調理するのはまだ先だと思いますけど。大豆も今「大豆ミート」として注目されてますけど、ああいう風になればなって。

左から:三浦みち子、榎本美沙

晴れやかな気分だ。虫食を検索をしていると虫を食べて大騒ぎしているYouTubeにあたった。「そういう時代もあったなあ」と微笑ましい気持ちでいる。昨日までの自分とさよならしたいあなた。髪型を変えている場合ではない。昆虫食をインストールして人間をアップデートしよう。手軽に劇的に変わっておもしろいのでぜひおすすめしたい。

※次のページからは榎本美沙さんが開発してくれたレシピをご紹介!

Page 4
前へ 次へ

店舗情報

TAKEO

営業時間:13:00~18:00
定休日:土曜日
住所:東京都台東区松が谷1-6-10

プロフィール

三浦みち子(みうら みちこ)

TAKEO実店舗店長。2017年ひょんなことからTAKEOと昆虫食の魅力に出会い入社。2018年4月からは昆虫食を専門とした実店舗の運営責任者に。TAKEOでは実店舗店長の他にも昆虫料理レシピ開発や商品パッケージデザインを担当。店舗やSNSを通じて、ゆるりと昆虫食の楽しさ、おいしさを発信中。

榎本美沙(えのもと みさ)

広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。「発酵食品、旬の野菜」を使ったレシピ開発が人気。雑誌や書籍、WEBへのレシピ提供、企業のレシピ開発、料理教室、イベント出演などを行う。著書『野菜のべんり漬け』(主婦の友社)発売中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。