コージ・トクダが、ハリネズミのしらたまと探る心の高揚

コージ・トクダが、ハリネズミのしらたまと探る心の高揚

インタビュー・テキスト
金子志緒
撮影:角田修一 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

北欧デザインのモチーフとしても知られる「ハリネズミ」。フィンランドやスウェーデンには野生のハリネズミが数多く生息し、街中でも見かけるほどポピュラーな動物だという。北欧のものづくりに携わるアーティストにも愛され、さまざまな作品のデザインやモデルにもなっている。そうしたハリネズミのかわいらしさは日本でも注目され、最近はペットとして飼育する人が増えてきた。

今回インタビューしたお笑い芸人のコージ・トクダも、ハリネズミと暮らす飼い主の1人。アメリカンフットボールで鍛えた182cmの体躯をかがめ、20cmに満たないハリネズミの「しらたま」を愛でる。大学時代にアメフトの全国大会で決勝のフィールドに立った瞬間の「高揚感」を超える「心の充実度」を探す彼の人生に、しらたまが与えた影響とは。動物との共生を通して、人生の幸福度を考える。

子どもの頃から「人と違うことをしたい」という思いが強かったです。

―大きいコージさんと、小さいハリネズミの組み合わせって、不思議ですね。

コージ:僕はもともと動物が好きなんですよ。小学生の頃から犬を飼っていて、一人暮らしを始めてからはハムスターを飼ったこともありました。2年前に引っ越してから部屋が広くなった分スペースができて、それが寂しかったんですよね。そんなときにもう一度ハムスターを飼おうと思ってペットショップに行って、そこで見つけたのがハリネズミだったんですよ。

コージ・トクダ<br>1987年12月20日生まれ、大阪府出身。ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人。法政大学のアメリカンフットボール部のキャプテンを務めたのち、コンビニエンスストアのアルバイトや移動販売のクレープ屋、漫才、殺陣の舞台を経て、お笑い芸人の道へ。ブルゾンちえみwithBとしてブレイク。2020年、2月23日にアメフト復帰宣言を行った。ハリネズミの「しらたま」と暮らしている。
コージ・トクダ
1987年12月20日生まれ、大阪府出身。ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人。法政大学のアメリカンフットボール部のキャプテンを務めたのち、コンビニエンスストアのアルバイトや移動販売のクレープ屋、漫才、殺陣の舞台を経て、お笑い芸人の道へ。ブルゾンちえみwithBとしてブレイク。2020年、2月23日にアメフト復帰宣言を行った。ハリネズミの「しらたま」と暮らしている。

―それが、しらたまちゃんだったんですね。

コージ:他のハリネズミは黒みがかっていたけど、しらたまは、ほぼ白だったんです。「コイツ、かわいいなあ」プラス、「ハリネズミを飼っている人を周りであんまり見たことないぞ」と気になって、2回くらい通ってお迎えすることにしました。他の子を踏みつけてバンバン歩き回っていたのも押しが強くていいなって。芸人はアピールが大事ですから(笑)。

僕は甘いものが好きだから白っぽいスイーツから名前をつけようと思って、「しらたま」「ホイップ」「ミルク」「マシュマロ」が候補でした。いろんな人に聞いたら、しらたまの人気が高かったですね。ハリネズミは丸くなるし、僕もしらたまがいいかなと思いました。

―スイーツもお好きなんですよね。意外な組み合わせです。

コージ:僕はずっと「かっこよく思われたい」と「強く思われたい」と思っていたけど、しらたまのおかげで「かわいく思われたい」も増えましたね(笑)。前はInstagramが筋トレの写真ばっかりだったのに、ヤツが現れてから急にかわいい写真も増えました。ハリネズミの魅力を伝えたいし、あわよくば僕のこともいいヤツなんだって知ってほしい。

コージの飼うハリネズミ「しらたま」
コージの飼うハリネズミ「しらたま」

―ギャップといえば、大学生の頃はアメフト部の主将だったそうですね。

コージ:子どもの頃から「人と違うことをしたい」という思いが強くて。サッカーや野球ほどメジャーじゃないというのもあって、高校生のときからアメフトを始めたんです。強豪で知られる法政大学に進学して、4年生のときにはキャプテンになりました。

―卒業後は社会人リーグの道もあったのに蹴ったとか……。

コージ:決勝の「甲子園ボウル」(『全日本大学アメリカンフットボール選手権大会』の決勝戦のこと)のフィールドへ立ったときに、うれしさと同時に「この高揚感を超える瞬間は今後あるのかな」と思ったんですよね。どうしたら超えられるのかと考えて、一般企業への就職だけはやめようと思いました。

本当はキャプテンまでやったら、後輩の目標になるように大企業に就職しないといけないんですよ。でも人と同じことをするのは嫌なので、卒業後はコンビニのバイトになってやりました(笑)。真面目な話、アメフトを続ける気持ちは一切なかった。7年間でやり切ったから。

―高揚感を求めて試行錯誤が始まったわけですか?

コージ:まずはアルバイトで行動資金を貯めて、甘いものが大好きだから移動販売のクレープ屋を始めました。クレープは生地を焼いて具材をのっけるだけなので、事業としては始めやすいんですよ。

でも僕、経理が一切できなかったんです。「レジに残っているお金が少なくなってきたな」と思っているうちに資金がなくなってつぶれちゃった。

コージ・トクダ
Page 1
次へ

プロフィール

コージ・トクダ

1987年12月20日生まれ、大阪府出身。ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人。法政大学のアメリカンフットボール部のキャプテンを務めたのち、コンビニエンスストアのアルバイトや移動販売のクレープ屋、漫才、殺陣の舞台を経て、お笑い芸人の道へ。ブリリアン解散後、心機一転「コージ・トクダ」として活動することに。2020年、2月23日にアメフト復帰宣言を行った。ハリネズミの「しらたま」と暮らしている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。