退職代行の生みの親・新野俊幸が肯定「幸せのために辞めていい」

退職代行の生みの親・新野俊幸が肯定「幸せのために辞めていい」

インタビュー・テキスト・編集
石澤萌(CINRA.NET編集部)
野村由芽(She is編集部)
撮影:鈴木渉

人間は、人とつながってたいんですよね。社会的なつながりを感じられる会社っていいなって、いまだに思います。

―最近はフレックス制を導入する会社も増えて、自分がやりやすいように裁量を持って働こう! という雰囲気も生まれてきていますが、日本人の性質として、決められたレールの上に乗って生きていくことに安心感を覚える人も多いと思うんです。逆に裁量があると不安だったり、不幸せな人もいるんじゃないでしょうか。

退職代行も、自分で決めきれなくて頼るわけだけど、退職代行が終わったあとは放りだされて「ここからは自分で頑張れ!」ってなるじゃないですか。路頭に迷う人もきっといるんじゃないかと思いますが、そういった人たちにどう寄り添っていきたいですか?

新野:一応、退職代行の利用者向けに職業紹介サービスはやっているんですが、あくまで人材紹介の免許を持っている会社を紹介するだけなんですよね。辞めたあと、とりあえず飯を食わないといけないから、何かしら仕事を見つけるサポートはしているんですけど……それこそ路頭に迷うというか、自分って何がやりたかったんだっけ? って分からなくなっちゃう人はいっぱいいると思います。

僕自身も、1社目を辞めて2社目に就職する前、ニートになったんです。そのときは半分うつ病みたいなっちゃって、引きこもって海外ドラマばかり見てました。レールから出された瞬間、何にもできないんですよね。

そういう人には、自分の内面と向き合うためのコーチングとかいいかもしれない。何が嫌で辞めたのか、何だったらOKなのか。やりたいことが見つからないなら、やりたくないことは何だっけ、と考える。そうしないと、次の会社もまたすぐに辞める悲劇が起きちゃうので。

新野俊幸

―退職代行は自分自身が見つめられてない内面と、向き合うためのサポートなんですね。

新野:友人や両親に言えないはずかしいことも言えるのが、退職代行EXITなんです。今はいろんな業者がいるから、かなり適当なところも、何の寄り添いもないところもあるけど、EXITは大事にしていると声を大にして言いたい。本音を言える第三者になれたら、それは非常に価値のあることだと思ってます。

そうやって向き合った結果、みんなと同じように毎日9時から18時まで働いて、飲み屋で愚痴言ってるくらいがちょうどいい人もいる。それはそれでいいんじゃないですかね。

―そういう人生が幸せな人もいると思います。

新野:辞めることって怖いじゃないですか。防衛本能なのかもなって。辞めたら何すればいいのか分からなくなりそうなのが、体感的にわかっちゃうのかもしれない。

―仕事を辞めると、孤独な環境に身を置くことにもなる可能性もあると思います。それも「怖さ」のひとつかもしれません。

新野:ニートのときも、起業したばかりのときも、孤独で幸福度が低かったんです。同僚、先輩、上司、取引先……社会的なつながりをすごく感じられる会社っていいなって、いまだに思います(笑)。

今後はフリーランスも起業家もどんどん増えるから、オンラインサロンとか社会的なつながりを持てるコミュニティが流行するのは必然だし、ああいう場が今後必要になっていくんでしょうね。きっと人間は、人とつながっていたいんですよね。

新野俊幸

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 5
前へ

サービス情報

退職代行EXIT

「辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」
そんな状況にいるのなら、お気軽にご相談ください。
EXIT があなたの退職に必要な連絡を、代行いたします。

リブート

「やめる」をポジティブに考えるメディア

プロフィール

新野俊幸(にいの としゆき)

平成元年、神奈川県鎌倉市に生誕。大学卒業後、とりあえず大手に就職するも1年で退職。暗黒のニート時代を経て、また大手に就職するが、やはり1年で退職。会社をやめる際、両親や上司に猛反対され精神的な苦労を味わったことから、日本独特の「やめる=悪」という空気感に問題意識を持ち、「退職代行」を発明。日本中で大流行させる。この世から退職できずに悩む人をなくしたい。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。