北欧の映画と文化を紹介する上映イベント『トーキョーノーザンライツフェスティバル2020』が、2月8日から東京・渋谷のユーロスペース、アップリンク渋谷で開催される。

10周年を迎える『トーキョーノーザンライツフェスティバル』。今回は、デンマーク出身のラース・フォン・トリアー監督やフィンランド出身のカウリスマキ兄弟による初期作、スェーデンの新鋭アンナ・オデル監督の『X&Y』『同窓会 ~アンナの場合~』、「スウェーデン映画の父」と称されるヴィクトル・シェストレム監督の作品や、デンマークを代表する童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの映像化作品などを上映する。プログラムの詳細は『トーキョーノーザンライツフェスティバル2020』のオフィシャルサイトで確認しよう。チケットの先行販売は1月11日、一般販売は各上映の3日前からスタート。

さらに10周年記念企画として、東京・代官山の蔦屋書店では12月26日から『ポスター展』、東京・アップリンク吉祥寺では12月27日から上映イベント『レトロスペクティブ』を行なうほか、田中千智が手掛けた10年分のキービジュアルをセットにした「10周年記念ポストカードセット」の販売も行なわれる。

『トーキョーノーザンライツフェスティバル2020』ビジュアル
『トーキョーノーザンライツフェスティバル2020』ビジュアル
Page 1

イベント情報

『トーキョーノーザンライツフェスティバル2020』

2020年2月8日(土)~2月14日(金)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース、アップリンク渋谷
料金:先行1,300円 一般1,500円

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。