『生理ちゃん』小山健の「頑張らない創作」を支えるサウナの存在

『生理ちゃん』小山健の「頑張らない創作」を支えるサウナの存在

インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:寺内暁 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

11月8日から公開されている映画『生理ちゃん』の原作漫画『ツキイチ!生理ちゃん』作者である小山健は、実は無類のサウナ好き。昨今のサウナブームが訪れる以前から足繁くサウナに通い、現在では週の半分以上を近所のスパで過ごす生活を送っている。

そんな小山のモットーは「頑張りすぎないこと」。漫画家の仕事と聞くと、締切に追われ、作業に次ぐ作業で眠れない日々を送っているイメージが強いが、彼は絶対に徹夜をしないと決めているという。無理をせず、自分のペースを維持する。そして、気分が乗らなければすぐに脱衣所へ。衣類を脱ぎ去り、サウナと水風呂を行き来する交互浴で気持ちをリフレッシュする。そのあとは仕事に戻ることもあれば、諦めてそのままゆっくりすることも。

小山はどのようにして現在の働き方にたどり着いたのだろうか。サウナーたちの間で聖地と崇められている上野のサウナ&カプセルホテル「北欧」で話を伺った。

まさに昇天する感覚だったんですよ。それで完全にハマってしまいました。

―小山さんは「北欧」にずっと来たかったそうですね。

小山:僕自身、8年ほど前にタナカカツキ先生の『サ道』(2011年、パルコ出版)を読んでサウナに興味を持ったんですけど、そのドラマ版で主人公たちのホームになっているのが、この「北欧」なんです。だから、聖地巡礼じゃないですけど、いつか行こうと思っていて。今回は絶好の機会をいただいたので、前入りして昨日の夜と今日の朝にサウナを堪能しました。

―聞くところによると、サウナの温度が高めに設定されているので、水風呂に入るときの爽快感が違うとか。

小山:大体80~90度くらいに設定しているところが多いんですけど、「北欧」は100度を超えていて。すぐに温まることができます。あと「アウフグース」(熱したサウナ石にアロマを含んだ水をかけ、発生した高温の蒸気をタオルで仰ぐパフォーマンス)を楽しみにして来ました。ただ、今回はサウナに人が多くて、あんまりゆっくりできなかったので、今度はもっと利用者の少ない時間帯を狙いたいと思ってます。 あと、外気浴スペースは寝転びながら空が見れて最高でした!

小山健(こやま けん)<br>東京都在住。会社員時代に趣味でブログに描いていたマンガ「手足をのばしてパタパタする」をきっかけにマンガやイラストを様々なところで執筆。2013年に独立以降、雑誌・書籍・ウェブなどで幅広く活動中。
小山健(こやま けん)
東京都在住。会社員時代に趣味でブログに描いていたマンガ「手足をのばしてパタパタする」をきっかけにマンガやイラストを様々なところで執筆。
2013年に独立以降、雑誌・書籍・ウェブなどで幅広く活動中。
今回の取材場所となった「北欧」
今回の取材場所となった「北欧」

―サウナと水風呂を行き来する交互浴を繰り返すと、血行がよくなるほか自律神経も刺激されるため、ものすごい快楽を得られるそうですね。その状態のことを「ととのう」と表現する人もいますが、小山さんもそれが目当てなんですか?

小山:そうですね。ただ、サウナに通いはじめた頃は交互浴に苦手意識があったんですよ。「水風呂、無理!」みたいな。でも、タナカカツキ先生がその先があると漫画で描かれていたので、もう信じるしかないと思って試行錯誤しながら通い続けたんです。そしたら、10回目くらいから様子が変わってきて、「あれ、これかな? この状態のことかな?」みたいな瞬間が何度かあって。

―それが確信に変わったのはどのタイミングだったんですか?

小山:個人的な感覚ではあるんですけど、完全に「これだ!」と感じたのは、水風呂から出て「ととのい椅子」に座ってるときにフワーーっと突き上げてくるようなものがあって、よだれをたらしそうになったときです。蛍光灯の光がキレイで、パチパチとしたきらめきが見えて、身体もビリビリして、まさに昇天する感覚だったんですよ。頭の先がスーッと上に引っ張られるというか。それで完全にハマってしまいました。

小山健

―各地にある有名なサウナを巡るようなことをされるんですか?

小山:あんまりしないですね。それよりも近所のスパによく行きます。僕はネームも作画もiPad Pro1台で完結するので、作業をするには最高の環境なんです。

奥さんにも「仕事に行ってくる」と伝えてからスパに向かいます。ウソではないので。休憩スペースで10時から18時くらいまでずっと作業をしているので、割と会社員に近い働き方かもしれないですね。とはいえ、自由に使える時間は全然違うと思いますが。

―どのタイミングでサウナに入るんですか?

小山:基本は仕事が終わってからですね。作業中は自分を追い込むことも多いんですけど、サウナに入ると気持ちがリセットされるんですよ。そうしたら、まっさらな気持ちで次の日も仕事に打ち込めるっていう。最近は、サウナに行かない人たちはよくボロボロの状態で1日を終えられるなとさえ思うようになりました。

―仕事の合間にサウナに入ることはないんですか?

小山:そういう場合もあります。もうどうしようもなく進まないときは水風呂か炭酸泉に入ってスッキリしたくなります。

ただ、さじ加減が難しくて。最近は、サウナに行き過ぎて原稿が進まないこともあって……やや依存に近いですよね。どうしても仕事よりサウナに入ってるほうが楽しいので、そちらに意識が行きがちになったり、交互浴を3回繰り返すと眠気がはんぱなくてやる気がなくなってしまうんです。だから多くても2回までに留めないといけない。その葛藤が常にあります。

小山健
Page 1
次へ

作品情報

『ツキイチ!生理ちゃん』
『ツキイチ!生理ちゃん』

腹痛、頭痛、眠気、貧血、むくみ。「男はぜんぜん生理のイライラやつらさが分かっていない!」生理痛の原因を擬人化したキャラクターで表現した漫画。第23回・手塚治虫手塚治虫文化賞受賞作。

『生理ちゃん』
『生理ちゃん』

2019年11月8日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開

監督:品田俊介(フジテレビジョン)
脚本:赤松新(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
原作:小山健『生理ちゃん』(KADOKAWA)
音楽:河内結衣
主題歌:the peggies“する”
出演:
二階堂ふみ
伊藤沙莉
松風理咲
須藤蓮
狩野見恭兵
豊嶋花
信太昌之
藤原光博(リットン調査団)
中野公美子
鈴木晋介
広岡由里子
笠松伴助
小柳津林太郎
八木橋聡美
安藤美優
竹村仁志
田宮緑子
飯田愛美
岡田義徳
上映時間:75分
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

イベント情報

第2回『電影交差点』

2019年11月19日(火)
会場:東京都 渋谷ヒカリエ MADO
出演:
井樫彩
大橋裕之
小山健
料金:1,000円

施設情報

サウナ&カプセルホテル北欧

住所:〒110-0005東京都台東区上野7-2-16
電話:03-3845-8000

プロフィール

小山健(こやま けん)

東京都在住。会社員時代に趣味でブログに描いていたマンガ「手足をのばしてパタパタする」をきっかけにマンガやイラストを様々なところで執筆。2013年に独立以降、雑誌・書籍・ウェブなどで幅広く活動中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。