レイチェル・クーが贈る「第2の故郷」スウェーデン料理のレシピ本

レイチェル・クーが贈る「第2の故郷」スウェーデン料理のレシピ本

レイチェル・クーの著書『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』が刊行された。

イギリス・クロイドン出身のレイチェル・クーは、ロンドンのセントラル・セント・マーティンズ・カレッジを卒業後にパリへ移住。ル・コルドン・ブルーで学び、製菓ディプロマを取得した。2012年に出版された著書『小さなパリのキッチン』はイギリスでベストセラーになり、13か国語に翻訳されたほか、BBCでテレビシリーズ番組となった。2016年からはスウェーデンに移住し、スウェーデン人の夫、子供と共に暮らしている。NHK Eテレでは『レイチェルのスウェーデンのキッチン』が現在放送中だ。

レイチェル・クー
レイチェル・クー

スウェーデンのレストラン「フェーヴィケン」で2週間働き、夫や家族、友人たちからスウェーデンの伝統的な食文化を学んだレイチェル・クー。スウェーデン人の生き方の根本ともいわれる、人生のバランスを見つけて質の良いものをちょうどいい分だけ楽しむという考え方、「ラーゴム」に触れたという。

10月9日に刊行された著書『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』では、1年を通してもっとも盛り上がる夏至祭を祝うレシピや、菓子とコーヒーで家族や友達と楽しむ時間「フィーカ」のレシピ、クリスマスビュッフェ「ユールボート」のご馳走など、スウェーデンの食文化、四季を楽しむことができる料理を紹介。

『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』より スマッシュドポテトとグリーンソース(左)、 ザリガニのスープ(中央)、 ベーコンとプルーンを詰めた焼きりんご(右)©David Loftus
『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』より スマッシュドポテトとグリーンソース(左)、 ザリガニのスープ(中央)、 ベーコンとプルーンを詰めた焼きりんご(右)©David Loftus

野菜や穀類、ハーブやスパイスの使い方も案内する。また家族の健康やゲストの嗜好に合わせて、ベジタリアン、グルテンフリー、乳製品フリー別に検索できるようになっている。原題は『The Little Swedish Kitchen』。

『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』表紙
『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』表紙
Page 1

書籍情報

『『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』
『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』

2019年10月9日(水)発売
著者:レイチェル・クー
価格:2,200円(税抜)
発行:株式会社世界文化社

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。