さらば青春の光・森田らが世界大会へ。「モルック」ってなんだ?

さらば青春の光・森田らが世界大会へ。「モルック」ってなんだ?

インタビュー・テキスト
柳澤はるか
撮影:鈴木渉 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

心の芯の部分に、ムーミンの存在がきっとある。(森田)

―この夏は、芸人さんたちが相次いでフィンランドへ行かれたんですけど。芸人さんと北欧とのあいだに、なにか親和性はあるのでしょうか?(編集部注:ヒロシを始めとする「チーム焚火会」が7月に『サウナ温め選手権』に出場。8月には、うしろシティ金子率いる「GIGA BODY METAL」が『ヘヴィメタ編み物選手権』に出場している)

森田:絶対、偶然ですね。

―やはりそうでしょうか……。

森田:でも、そうですねー。親和性、親和性……。なんやろな、んー、やっぱり、僕らは小さい頃から、ムーミンを見てましたんでね。

みなみかわ:めちゃくちゃ無理矢理じゃないですか……。

金井:こじつけがすごい(笑)。

森田:心の芯の部分に、ムーミンの存在がきっとあるんす。

みなみかわ:そんなん一度も思わんかったわ(笑)。そういえば、フィンランドって訳わからない大会が多いんでしょ?

金井:奇祭が多いらしいですね。

森田:『ヘヴィメタ編み物選手権』もその流れですよね?

―はい。Fikaでは『ヘヴィメタ編み物選手権』についてうしろシティさんにも取材しているのですが、今回、金子さんが先にフィンランド関連の大会で優勝したことについてはどう感じていたんでしょうか。

うしろシティが『ヘヴィメタ編み物選手権』についてFikaのインタビューで語った記事
うしろシティが『ヘヴィメタ編み物選手権』についてFikaのインタビューで語った記事 / 奇祭・ヘヴィメタ編み物選手権で世界王者に。うしろシティが語る

森田:それはもう目の上のたんこぶでしたよ。邪魔でした。なにも優勝はせんでええやん! 世間の人はよく分かってないから「次はモルックだ! 優勝頼みますよ!」と軽く言うんですけど。あっちは奇祭、こっちは競技! 全然違うんで!

金井:同じカテゴリーだと思って欲しくないですね。

金井貴史(タイーク)
金井貴史(タイーク)
『ヘヴィメタ編み物選手権』初代王者、うしろシティ金子もモルックを体験している

―来年も世界大会には出る予定ですか?

森田:来年はフィンランド開催なんでね。やっぱりムーミンが好きやし、自然と誘われてしまうんやろなってのはありますね。

みなみかわ:そんなんこれまでひと言も言ってなかったのに(笑)!

モルックの上手いヤツがモテる世の中が来たらいいなと思っている。(森田)

―今後、モルックを広めるために考えていることはありますか。

森田:壮大な目論みなんですけど。今年の年末か来年の年明け頃に、東京ドームで『森田杯』という日本最大規模のモルック大会をできないかと企んでるんです。始球式ではぜひ富澤さんに投げてもらいたい。

最近、野呂佳代ちゃんが練習に来たり、バンドマンの人たちが、フェスのバックヤードでやりたいと興味を示してくれたりしてるんで。芸能人チーム、アスリートチーム、とかもできたらいいですね。

―自身でプレーするのみならず、モルックを日本で広めたいという森田さんの情熱の源はどこにあるのでしょうか。

森田:サッカーの上手いヤツ、野球の上手いヤツがモテるっていうのはあるじゃないですか。モルックの上手いヤツがモテる世の中が来たらいいなと思ってます。

金井:だから今、モルックをオシャレに塗ってますもんね。

森田:そうそう、インスタ映えを狙ってモルックをピンクに塗ったんです。女子を食いつかせようと思って。

女子を食いつかせるため、森田直々にペイントしたモルック
女子を食いつかせるため、森田直々にペイントしたモルック

―たしかにこれは可愛いですね! ほかにも刺さりそうなポイントはありますか?

森田:俳優の斎藤工さんがモルックに食いついてるよってことですかね。

みなみかわ:僕がラジオで斎藤工さんにモルックを紹介したら、めちゃめちゃ食いついてくれたんです。『森田杯』にもぜひ参加してほしいですね。

みなみかわ
みなみかわ
斎藤工がモルックを体験している様子

―皆さんのモルックへの熱い思いが伝わってきます。それでは最後に、これからモルックを始めようと考えている人たちに向けて、メッセージをいただけますか。

森田:まあ、始めるのはいいけども、とにかく水平に投げてくれってこと。それだけですね。あとは、自分で投げたモルックをちゃんと取りに行く、他人が投げたヤツも嫌な顔せず取りに行くという日本人の心を磨こうよってことを言いたいですね。

金井:運動をまったくやってなかった人でもストレスなくできるので、軽い気持ちで始めて欲しい。計算の緻密さとかも楽しいし、1回やれば、誰でもハマるはずです。

みなみかわ:僕は完全にコントロール主義で行くんで。それでいつか『森田杯』で裏投げ旋風を起こしたいと思います。

森田:オリンピック競技になったらいいと思うくらい、可能性を秘めたスポーツだと思います。誰でもできるし、誰でも日本代表になれる(笑)。これからもっとモルック人口が増えて、水平に投げる魅力に取り憑かれて欲しいなと思います。

左から:金井貴史(タイーク)、森田哲矢(さらば青春の光)、みなみかわ
左から:金井貴史(タイーク)、森田哲矢(さらば青春の光)、みなみかわ
左から:金井貴史(タイーク)、森田哲矢(さらば青春の光)、みなみかわ
左から:金井貴史(タイーク)、森田哲矢(さらば青春の光)、みなみかわ
Page 4
前へ

プロフィール

森田哲矢(もりた てつや)

2008年、『キングオブコント』出場を目指し、「さらば青春の光」を結成。『キングオブコント2012』準優勝。株式会社ザ・森東 代表取締役社長。レギュラー番組に『さらば青春の光の「青春デストロイヤー」』(NBCラジオ佐賀)、『映画天国』(日本テレビ)、『らいコレ』(TOKYO MX)がある。10月からの新ドラマ『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』(関西テレビ)で連ドラ初主演&初脚本監修。モルック日本代表。

金井貴史(かない たかし)

お笑いコンビ「タイーク」として、松竹芸能所属。剣道歴17年(大学全国大会に2回出場)。菓子メーカーのロッテで営業職として勤務していた経験があり、アイスの知識に詳しい。

みなみかわ

松竹芸能所属のピン芸人。2015年7月~2019年1月まで、お笑いコンビ「ピーマンズスタンダード」として活動。『平成25年度 漫才新人大賞』決勝進出。痛みを感じないロシアの柔術システマ(の呼吸法)を得意とする。2児のイクメンとして保活ブログも話題。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。