奇祭・ヘヴィメタ編み物選手権で世界王者に。うしろシティが語る

奇祭・ヘヴィメタ編み物選手権で世界王者に。うしろシティが語る

インタビュー・テキスト
柳澤はるか
撮影:鈴木渉 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

シンプルに3文字で言ったら……、「いいな」。(阿諏訪)

―今回このようなことになりましたけど、またこういう大会出てみようかなとか、またフィンランドに行きたいな、とか思いますか?

金子:旅行やプライベートでまたフィンランドに行きたいですね。あと今回のことで、普段なら流してしまうことに飛び込んでみると、こんな面白いこともあるんだってことに気づいたんで。これからは、いろんなことに飛び込もうかなって思います。

―阿諏訪さんは、この一連の流れを振り返って、どう感じていますか?

阿諏訪:シンプルに3文字で言ったら……、「いいな」。

―(爆笑)。

阿諏訪:「ククサ」を作りたいんですよね。カーリーバーチっていう白樺のコブ材で作るフィンランドのコップがあるんです。今僕は日本で作ってますけど、本場でやってみたくて。でもククサは作るのに10か月くらいかかる……。

阿諏訪泰義

金子:いいよ10か月ぐらい、待ってるよ。

阿諏訪:そもそもフィンランドやスウェーデンはキャンプ大国なので、数年前からずっと興味があって。フィールドトレッキングといって、何十キロも続く平地をキャンプしながらトレイルランする文化があるんです。憧れます、湖畔でキャンプ。

金子:フィンランドって、森と湖めっちゃ多いんだよな。

―「森と湖の国」と言われますよね(編集部注:フィンランドは国土の7割を森林が占め、18万8000もの湖がある)。

金子:そうそう、すごい素敵な話があって。フィンランドは、森に生えてるキノコや果物は誰のものでもなく「見つけたやつが採っていいよ」って考えらしくて。レストランの人が、ここの野菜はその考えに基づいて、森で採ってるんだと教えてくれたんです(編集部注:フィンランドは、「万人の権利」という考えのもと、自然に危害を与えない範囲であれば、森のキノコやベリーを誰でも自由に採っていいことが法律で定められている)。

阿諏訪:うん、うん、いいなあ。フィンランド。

うしろシティ

(『うしろシティ 星のギガボディ』は)フィンランドと一緒ですよ。僕らもリスナーも、人生的にも冬がめっちゃ長いから。(金子)

―金子さんがフィンランドから帰ってきて、印象は変わりました?

金子:圧倒的に威圧感、出ただろ。

阿諏訪:うーん。ちょっと、ちっちゃくなって帰ってきた。

―世界王者になったのに(笑)?

阿諏訪:世界王者になったことによるメディア露出、取材、反響を背負って、ちっちゃくなった。

金子:重みでな。でも今回のことって、どれだけメディアで取りあげられても、結果だけ見ればただの珍事ですから。本当に楽しいのはラジオ聴いてた人だけで。

阿諏訪:過程を知ってた人だけが、ブチ上がるよね。「だからラジオはおもしれーぜ!」ってTwitterでつぶやいている人もいたよ。

―うしろシティは同じ深夜24時台に番組をやっているアルコ&ピース、ハライチ(『ハライチのターン!』、TBSラジオ)と合わせて「24時台3兄弟」と呼ばれていますが。

アルコ&ピースの代わりに今回の奇祭に行かされたり、ハライチの岩井さんもラジオ内で「うちのリスナーはクラウドファディングに協力しないでください」と言われていたり、「3兄弟」の中でうしろシティの扱いが時々ちょっとひどいというか……。自分たちの立ち位置をどう感じていますか?

アルコ&ピース 写真提供:TBSラジオ
アルコ&ピース 写真提供:TBSラジオ
うしろシティ 写真提供:TBSラジオ
うしろシティ 写真提供:TBSラジオ
ハライチ 写真提供:TBSラジオ
ハライチ 写真提供:TBSラジオ

金子:それは実際、ハライチは早くから売れてるし、アルコ&ピースもラジオ経験が長いのに比べて、僕らは1番マイノリティ。リスナーも強気なやつがいない。そこからのカウンターパンチだからこそ、今回盛り上がったんだと思います。

阿諏訪:ただでさえ、テレビからはじかれた人たちがラジオを聴いてるのに、さらにその中でもはじかれたやつらが俺らの番組を聴いてるんで。そりゃ、いざというときの爆発力は、すごいですよ。

金子:ストレスたまってるからな。うまくいかない、うまくいかない、ってずっと来てるから、僕らもリスナーも。

阿諏訪:「ハライチの岩井さん怖いな……」「アルコ&ピースちょっと体育会系だな……」っていうやつらが、俺らのラジオを聴いてくれてる。

―「ここなら大丈夫だ!」ってことですか(笑)。

金子:「良かった、よえーやつがいる!」

阿諏訪:「こいつら雑魚だー!」って。

『うしろシティ 星のギガボディ』収録中の様子
『うしろシティ 星のギガボディ』収録中の様子
『うしろシティ 星のギガボディ』収録中の様子
『うしろシティ 星のギガボディ』収録中の様子

―だからこそ、結束力もすごい(笑)。

金子:フィンランドと一緒ですよ。僕らもリスナーも、人生的にも冬がめっちゃ長いから。短い夏を見つけて、「今だ、楽しめー!」っていう。「どうせこのあと冬来るから! 絶対、辛いから!」

阿諏訪:「今だけ!」

金子:「お母さんお金貸して! 今だけだから!」

―そうだったんですね(笑)。フィンランドって、人口550万人の小さな国で。今でこそ幸福度世界1位の国ですが、歴史的に見れば、大国ロシアに攻め込まれたり、隣国スウェーデンに長く支配されたりと、苦境を耐え抜いて来た過去があるんですよね。それとうしろシティの物語が、重なるような気がして来ました……。

金子:極めてフィンランディックなラジオですよ。

阿諏訪:負けた歴史があるからな。

金子:フィンランドの比じゃないくらい、負けてきてるから。

GIGA BODY METALのメンバー。左から:カシューナッツ(ゆんぼだんぷ)、平岡佐智男(コーヒールンバ)、金子学(うしろシティ)、ヒコロヒー、藤原大輔(ゆんぼだんぷ)。写真提供:TBSラジオ
GIGA BODY METALのメンバー。左から:カシューナッツ(ゆんぼだんぷ)、平岡佐智男(コーヒールンバ)、金子学(うしろシティ)、ヒコロヒー、藤原大輔(ゆんぼだんぷ)。写真提供:TBSラジオ
うしろシティ
Page 4
前へ

番組情報

『うしろシティ 星のギガボディ』
『うしろシティ 星のギガボディ』

毎週水曜日24:00 - 25:00に放送中。TBSラジオの深夜の入口をバッと盛り上げる、お笑い芸人による『60分のトークバラエティ』! 『平成24年度NHK新人演芸大賞』演芸部門大賞受賞、『キングオブコント 2012 2013 2015』ファイナリスト、TBSラジオ「デブッタンテ」でハライチとラジオを学んだ実力派コントコンビ、うしろシティがラジオ独り立ち!

プロフィール

うしろシティ(うしろしてぃ)

2009年結成。金子学、阿諏訪泰義による松竹芸能所属の実力派コントコンビ。『平成24年度NHK新人演芸大賞』演芸部門大賞受賞、『キングオブコント 2012 2013 2015』ファイナリスト。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。