みうらじゅん×サンリオ対談 日本のキャラ文化を支える二者の情熱

みうらじゅん×サンリオ対談 日本のキャラ文化を支える二者の情熱

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/06/04
  • 1343
  • 275

私たちも、ゆるキャラは確実に意識してました。(奥村)

―みうらさんの妄言(?)に対して、サンリオのお2人はどのような言い分がありますか?

奥村:私たちも、ゆるキャラは確実に意識してました。ぐでたまが登場した前後くらいに社内でしきりに言われていたのは「とにかく面白いキャラを作れ!」でした。

みうら:やっぱ、それまでのサンリオはかわいい路線のみでしたもんね。

奥村:はい。ゆるキャラブームがあって、ふなっしーのようにけっこう無茶するキャラクターの人気が高まったけれど、サンリオのキャラクターにはそういうイメージが全然ない。だからこそ、サンリオっぽくないものを作ろう、という意識は会社全体が共有していました。そのなかで生まれたのが、KIRIMIちゃん.とぐでたまです。

奥村心雪

―奥村さんは「ザ・サンリオ」的なシナモロールをデザインされたわけですから、Amyさんのぐでたまはかなり衝撃だったのではないでしょうか?

奥村:「自分には作れないな」って思いました。もちろん、面白そうなものを作れそうなデザイナーを採用しようとして、出会ったのがAmyだったわけですが。

―ぐでたまはどんなアイデアから生まれたんですか?

Amy:生まれたきっかけとしては……。家でキャラクターを考えているときに、卵かけごはんを見ていて「やる気ないのに、かわいいな」と思って。

みうら:えっ、卵のどこが、やる気ないんですか?(笑)。

Amy:卵って、美味しくて、調理法もいろいろあって、栄養もあるのに、ご飯の上でだらっとしててやる気を感じないじゃないですか。その、がんばってない姿が、ゆとり世代とかさとり世代とか、ポテンシャルはすごくあるのに就活とかにがんばらずに引きこもっている若者に似ているなって。

みうら:うーん深いですね(笑)。卵を見てそんなことを考えていたとは(笑)。ぐでたまって、あの「だりぃ~」みたいな話し方も流行りましたよね。あの喋り方を保育園や小学校で子どもたちが真似して、ちょっとPTAでは問題になってました(笑)。

Amy:わー、申し訳ないです……!

みうら:でも、喋りもセットのキャラ、っていうのはサンリオは初でしょ?

みうらじゅん

奥村:みうらさんがおっしゃるとおりで、ぐでたまは最初からセリフとセットのキャラだったんです。ブレイクのきっかけのひとつがLINEスタンプで、絵が面白いだけじゃなくて、ついつい自分も言いたくなるセリフがあったから流行ったんじゃないかと思っています。

みうら:つまり、ネット登場以降のキャラですよね。同じ頃、ゆるキャラもネットを使ってみんなと通信するようになりました。東京タワーのノッポンもけっこうな毒舌で話題になってましたし。そういう時代の風潮があったんですね。

Page 3
前へ 次へ

プロフィール

みうらじゅん

1958(昭和33)年京都府生れ。イラストレーターなど。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。1997(平成9)年「マイブーム」で新語・流行語大賞、2004年度日本映画批評家大賞功労賞を受賞。著書に『アイデン&ティティ』『青春ノイローゼ』『色即ぜねれいしょん』『アウトドア般若心経』『十五歳』『マイ仏教』『セックス・ドリンク・ロックンロール!』『キャラ立ち民俗学』など多数。

奥村心雪(おくむら みゆき)

株式会社サンリオの執行役員 / キャラクタークリエイション室長。サンリオのキャラクター制作の新カテゴリーを担っている。「シナモロール」のデザイナー。

Amy(エイミー)

株式会社サンリオ キャラクタークリエイション室 クリエイター。「ぐでたま」のデザイナー。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。