みうらじゅん×サンリオ対談 日本のキャラ文化を支える二者の情熱

みうらじゅん×サンリオ対談 日本のキャラ文化を支える二者の情熱

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/06/04
  • 1021
  • 274

ぐでたまの、あのぐで~っとした感じは、きちっとしたデザインの発想からは出てこないと思っていたんですよ。(みうら)

―奥村さんとAmyさんがサンリオに入ろうと思ったきっかけはなんだったんでしょうか?

奥村:私もみうらさんと同じく、キャラクターが好きだったからです。リトルツインスターズ(キキ&ララ)が大好きで。

「キキ&ララ(リトルツインスターズ)」©'76,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ
「キキ&ララ(リトルツインスターズ)」©'76,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ

みうら:キキ&ララの世代ですかぁ。Amyさんは?

Amy:サンリオに限らずキャラクター全般がすごく好きで、グッズになってるとついつい買っちゃうタイプだったので、キャラクターに携われる仕事に就きたいなと。

みうら:Amyさんはぐでたまの生みの親じゃないですか。あのぐで~っとした感じは、きちっとしたデザインの発想からは出てこないものだと思っていたんですが。

Amy:たしかにそうですね。きれいなデザインはぜんぜん得意ではなかったです。

あの……話の途中なんですけど、私顔出しNGで……(そう言っておもむろに紙袋からにわとりのマスクを取り出す)。これをつけてもいいでしょうか……?

Amy(エイミー)<br>株式会社サンリオ キャラクタークリエイション室 クリエイター。「ぐでたま」デザイナー。(ファンの夢を壊さないため、顔を出さない。たまごの親という理由で、鶏のお面をかぶって登場)
Amy(エイミー)
株式会社サンリオ キャラクタークリエイション室 クリエイター。「ぐでたま」デザイナー。(ファンの夢を壊さないため、顔を出さない。たまごの親という理由で、鶏のお面をかぶって登場)

みうら:(絶句)……かぶってたほうがNGっぽいっスね(笑)。

Amy:ぐでたまを好きな人の夢を壊しちゃうかなって。

みうら:いやいや、壊さないでしょう。こんなにかわいい人なんだから。これからも覆面デザイナーとしてやっていくんですか?

Amy:はい。

僕のキャラとサンリオの間には不思議な相関関係があるんです。(みうら)

―サンリオでは、どういう風にキャラクターを作っていくのでしょうか?

奥村:基本は社内や部内でコンペがあって、そこから採用されます。ぐでたまのときは「食べキャラ総選挙」という、その名のとおり、食べ物のキャラを作って、一般投票していただいてデビューさせようという企画があったんです。社内のコンペで残った20くらいのキャラクターが候補になって。それで1位だったのがKIRIMIちゃん.、2位がぐでたまでした。

「KIRIMIちゃん.」©'13,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ
「KIRIMIちゃん.」©'13,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ

みうら:KIRIMIちゃん.は、かなりヤバいですよね(笑)。なにしろ、鮭の切り身ですもんね。「近頃のサンリオは攻めてるな!」って驚いたもんです。でも、なんとなくその予兆も感じてましたよ。

ご当地キティが一気に登場した時期があったじゃないですか。静岡だったと思うんだけど、「アジの開き」になったキティが現れて「そんな開きキャラまでできるのか、すごいな!」と。でも、ご当地キティとご当地加藤茶グッズの登場で、僕がずっと集めていた「いやげもの」(贈られた相手がいやがるような愛すべき20世紀の土産物のこと。みうらじゅん命名)が払拭されて、ちょっと困ったんですよ(笑)。

「アジの開きキティ」©'76,'19 SANRIO CO., LTD. 著作(株)サンリオ
「アジの開きキティ」©'76,'19 SANRIO CO., LTD. 著作(株)サンリオ

奥村:ああ、棚を奪ってしまって……。

みうら:逆に言えば、その脅威に抵抗するために「ゆるキャラ」をさらに推したところがあるんです。

―調べると、ご当地キティの最初が1998年、北海道限定の「ラベンダーキティ」ですね。みうらさんがゆるキャラ関連の活動を始めるのが2000年ですから、時期的にもたしかに一致しています。

みうら:キティちゃんの進撃で、もとから地方でひっそりと生きてきたゆるキャラたちが押されていったんじゃないですかね。それもあって、東京ドームでゆるキャラが総登場するイベントをやったり(『みうらじゅん in 東京ドーム 郷土愛<LOVE> 2004』)したんです。でも、僕の作ったキャラとサンリオの間には不思議な相関関係があるんです。入社試験で牛グッズの話をしたあとに、サンリオは牛キャラを出しているでしょ? 実際に。

奥村:「ウシ」でしょうか(笑)。

「ウシ」©'84, '19 SANRIO 著作(株)サンリオ
「ウシ」©'84, '19 SANRIO 著作(株)サンリオ

みうらのキャラクター「なんぎなうし」
みうらのキャラクター「なんぎなうし」

みうら:それから、僕が『ハニーに首ったけ』(1986年 / 河出書房新社)っていう埴輪の漫画を描いた後に、サンリオも埴輪のキャラを出しておられる。そう考えると、「けろけろけろっぴ」は、僕が作ったカエルキャラの「ホワッツマイケル富岡」を意識してる気がしてならない。これはサンリオがリサーチしているな、とこの時期に思ったんですが(笑)。

みうらのキャラクター「ホワッツマイケル富岡」
みうらのキャラクター「ホワッツマイケル富岡」

「けろけろけろっぴ」©'88,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ
「けろけろけろっぴ」©'88,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ

―リサーチされてる(笑)。

みうら:うん。少し、ノイローゼでね(笑)。だからその次に、「みなちんこハッチ」っていう、ちんちんのキャラを描いたんです。「さすがにこれはマネしないだろう!」という意思を込めて。そしたら……これはマネされなかった(笑)。

一同:(爆笑)

みうら:でも「みなちんこ」の頃にサンリオからは「みんなのたあ坊」が登場してますからね。って、関係ないですよね(笑)。

「みんなのたあ坊」©'84,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ
「みんなのたあ坊」©'84,'19 SANRIO 著作(株)サンリオ

Page 2
前へ 次へ

プロフィール

みうらじゅん

1958(昭和33)年京都府生れ。イラストレーターなど。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。1997(平成9)年「マイブーム」で新語・流行語大賞、2004年度日本映画批評家大賞功労賞を受賞。著書に『アイデン&ティティ』『青春ノイローゼ』『色即ぜねれいしょん』『アウトドア般若心経』『十五歳』『マイ仏教』『セックス・ドリンク・ロックンロール!』『キャラ立ち民俗学』など多数。

奥村心雪(おくむら みゆき)

株式会社サンリオの執行役員 / キャラクタークリエイション室長。サンリオのキャラクター制作の新カテゴリーを担っている。「シナモロール」のデザイナー。

Amy(エイミー)

株式会社サンリオ キャラクタークリエイション室 クリエイター。「ぐでたま」のデザイナー。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。