グラミー&アカデミーW受賞 ルドウィグ・ゴランソンって何者?

グラミー&アカデミーW受賞 ルドウィグ・ゴランソンって何者?

テキスト
渡辺志保
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

ラップと映画音楽、2つの分野でグラミーを手にした初の作曲家

今年2月に開催された、『グラミー賞』の授賞式。例年通り、式はロサンゼルスのステイプルズ・センターで執り行われ、アメリカのーーいや、世界を代表するアーティストらが一堂に会した。今年は、チャイルディッシュ・ガンビーノが放った“This Is America”が「年間最優秀レコード賞」と「年間最優秀楽曲賞」のほか全4冠を獲得し、アメリカのラップ史ならびに音楽史に深くその名を刻んだことも大きな反響を呼んだ。会場に姿を現さなかったガンビーノの代わりに、本楽曲のミキシングを担当したエンジニアの「ミックスドバイ・アリ」ことデレク・アリとともにステージに登壇してスピーチを行ったのが、本曲の共同プロデューサーであるルドウィグ・ゴランソンである。

胸元まである長髪を揺らしながらステージに立ったゴランソンは、「チャイルディッシュ・ガンビーノと一緒に音楽制作できることは、人生において最高のチョイスだ」と切り出し、「スウェーデンで育ち、アメリカの音楽が好きだった。ドナルド・グローヴァーをはじめ、いろんなアーティストと制作できて感謝している。ドナルドもここにいればよかったんだけど」と続け、「どこで生まれていても、どこの国の出身であっても、あなたは“This is America”と繋がっているし、この曲は、人々のソウル(魂)に直接語りかけている。僕はこの楽曲に参加してくれた全てのラッパーに感謝したい。21サヴェージもここにいるはずだったのに」と結び、感動的な受賞スピーチを披露した。

ポスト・マローンのヒット・シングル“rockstar”にフィーチャリングアーティストとして参加していた21サヴェージは、この日、2部門にてノミネートされるもグラミー開催の1週間前にICE(米移民局)によって不法滞在の罪を問われて逮捕され、レッドカーペットを歩くことができなかった。そして、まるで見せしめのように逮捕されてしまった人気ラッパーについて触れたのは、この日、ルドウィグ・ゴランソンただ1人であった。

しかし、『グラミー賞』授賞式の夜、ゴランソンに大きなスポットライトが当たったのはこの1件のみではない。彼は、ライアン・クーグラー監督による大ヒット映画『ブラックパンサー』のスコアも手掛けており、『ブラックパンサー』は同『グラミー賞』において「最優秀映像スコア賞」も受賞した。よって、ルドウィグ・ゴランソンは、スコアとラップ楽曲のプロデュースにおいて、一晩で3つのトロフィーが授与された史上初の作曲家となったのだ。

スウェーデン出身の作曲家と、チャイルディッシュ・ガンビーノとの出会い

自身のスピーチでも述べていた通り、ルドウィグ・ゴランソンはスウェーデンの出身だ。余談だが、スウェーデンはこれまでにも、ブリトニー・スピアーズ“Baby one more time”で米ポップ史を塗り替えたレジェンドプロデューサーのマックス・マーティンから、EDMからポップフィールドを革新的に攻めた故アヴィーチーまで、音楽シーンに世界規模の変化をもたらしてきた超優秀なクリエイターを輩出してきた地でもある。

スウェーデン南部の地、リンシェーピンに生まれたゴランソンは、ストックホルムの音楽学校に入学した後、2007年にアメリカのロサンゼルスに位置する南カリフォルニア大学へと留学し、映画やテレビのスコア音楽を学ぶ学科へ籍を置く。そこで出会ったのが、同校にて映画監督への道を志していたライアン・クーグラーだ。その後、ゴラッソンは2009年よりテレビ・ドラマ『Community(邦題:コミ・カレ!!)』の音楽を手がけるようになる。『コミ・カレ!!』に役者としてシーズン1から参加していたのが、ドナルド・グローヴァーだ。グローヴァーは、役者や脚本家、コメディアンとしてキャリアをスタートさせるとともに、「チャイルディッシュ・ガンビーノ」という名義を使ってラッパーとしても活動していた。主にネット上でフリーのミックステープをリリースしていたガンビーノが、サウンドプロダクションのパートナーとして声をかけたのが、まさにルドウィグ・ゴランソンだったのだ。

グローヴァーとゴランソンのコンビは『Culdesac』や『Camp』『ROYALTY』『Because The Internet』といったミックステープやアルバムを次々と世に送り出し、音楽シーンにチャイルディッシュ・ガンビーノの名前を刻んでいった。並行して、ゴランソンはHAIMやチャンス・ザ・ラッパーといったアーティストらのプロデュースも手がけていき、幅広く音楽シーンに食い込む新鋭プロデューサーとしての実力を確かなものにしていった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。