大槻ケンヂが読むミステリー 小説もロックも古い名盤に手が伸びる

大槻ケンヂが読むミステリー 小説もロックも古い名盤に手が伸びる

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:川浦慧

小学生のとき「これは自分には大人過ぎるんじゃないか?」と思ったものの中に『笑う警官』があったんです。

―それはよかったです。ということで、大槻さんには北欧ミステリーの源流のひとつである『刑事マルティン・ベック 笑う警官』を事前に読んできていただいたわけですが。

左から『笑う警官』、『消えた消防車
左から『笑う警官』(Amazonで見る)、『消えた消防車』(Amazonで見る

大槻:僕はミステリーを読むのが久しぶりだったから、北欧ミステリーというものが流行っていることも実は知らなくて……『ドラゴン・タトゥーの女』は映画で見ていたんですけど、それが北欧ミステリーだっていうことにも気づいていませんでした。

今回のお話をいただいて、北欧ミステリーって何があるんだろう? と思って調べてみたら、この『笑う警官』が入っていて。僕は小学生のころ、本屋さんの文庫の棚の前にずっといるような子どもだったんですね。「次は、これを読もうか? あれを読もうか? でも、お金がないな」って悩んでいるような。そのときに、「これはまだ、自分には大人っぽ過ぎるんじゃないか?」と思ったものの中のひとつに、この『笑う警官』があったんです。だから今回「おお、遂に『笑う警官』を読むタイミングがきた!」と思って、驚いちゃいました。

大槻ケンヂ

―子どものころから、作品の存在は知っていたんですね。たしかに「大人っぽ過ぎるんじゃないか?」と思われたのは、ちょっとわかります。小学生は、警察官よりも、私立探偵とかに惹かれがちですよね。

大槻:そうなんです。やっぱり、最初は名探偵に憧れていたところがあって。あと、ペラペラめくってみたら、人や場所の名前が北欧ならではの難しい感じがして、ちょっと覚えにくいなって思った記憶があるんです。それは今回も、なかなか苦労したんですけど(笑)。

ただ、僕はそれまで北欧と言ったら、ABBAと北欧メタル、あとVOLVOのイメージぐらいしかなかったので、今回『笑う警官』を読んで、スウェーデンと自分を繋げるものがひとつ増えたような気がして、すごく嬉しかったですね。実際、小説もすごく面白かったですし。

―かなり気に入っていただけたとのことですが、大槻さんとして、どのあたりが面白かったですか?

大槻:この作品は僕が生まれたころに書かれた小説なんですけど、全然古びてない。僕がまず面白いと思ったのは、その人物描写なんですよね。この小説の中には、たくさんの人間が出てきて、みんなちょっとずつ変なんですけど、それが全部、普通の一般人なんですよね。どこにでもいる、ありきたりな人たちなんです。

でも、彼らが実は内面に抱えている闇とか謎とか「裏の部分」みたいなものを、わずか数行で描いてしまうところが、すごいなあと思って。今だったら「サイコパス」のひと言で片付けてしまうであろう人たちのこともちゃんと描いているというか、人間誰しもサイコパス的な部分を持っているっていうのを、読者に「あなたにも、こういう面はあるでしょ?」って、それとなく語りかけてくるようなところがあって。そこが巧いと思いました。

大槻ケンヂ
Page 2
前へ 次へ

リリース情報

大槻ケンヂミステリ文庫
「アウトサイダー・アート」

2018年12月5日(水)発売
価格:3,240円(税込)
TKCA-74739

1.探偵はBARにいてGHOSTはブレインにいる
2.退行催眠の夢
3.オーケンファイト
4.ぽえむ
5.去り時
6.美老人
7.スポンティニアス・コンバッション
8.タカトビ
9.奇妙に過ぎるケース
10.企画物AVの女

イベント情報

『大槻ケンヂミステリ文庫 2019年ツアー』

2018年1月13日(日)
会場:大阪府 Music Club JANUS

2018年1月14日(祝・月)
会場:岡山県 Desperado

2018年1月25日(金)
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land

2018年2月6日(水)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
ゲストに、NARASAKI(COALTAR OF THE DEEPERS / 特撮)が出演決定

プロフィール

大槻ケンヂ(おおつき けんぢ)

ミュージシャン・作家。1966年2月6日生まれ。82年、中学校の同級生だった内田雄一郎と共にロックバンド・筋肉少女帯を結成。88年にアルバム『仏陀L』でメジャーデビューし、人気を集める。筋肉少女帯としての活動の他、ソロやバンド・特撮のメンバーとしても活動。また作家としても多数の作品を執筆しており、活躍の場は多岐に渡る。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。