サウナ初心者・戸田真琴とサウナ旅 「ただ生きてる」感覚を求めて

サウナ初心者・戸田真琴とサウナ旅 「ただ生きてる」感覚を求めて

インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
撮影:飯田エリカ 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

サウナーが熱弁する「ととのう」を求めて、戸田真琴とサウナ旅行へ

サウナーが熱弁する「ととのう」って一体どんな感覚なんだろう。「ととのい」の境地に達した人々によると、肉体的なコンディショニングはもちろん、感覚が研ぎ澄まされたり、ある種のトリップ感を得られたりといった、精神的なリフレッシュ(という言葉では弱すぎるほどのそれ)が叶えられるのだという。

もはや日本でも一大カルチャーとなったサウナ。そんな話をほうぼうから聞いて、「ととのいたい」と思っている人も少なくないはず。「Fika」でコラムを連載しているAV女優・戸田真琴と、彼女とも関係性の深い写真家・飯田エリカも、「ととのいたい」と熱望するサウナビギナーだ。

今回、埼玉県秩父郡にあるビオリゾート ホテル&スパ O Park OGOSEに滞在し、フィンランド式サウナを初体験しながら、サウナにとどまらない「自分をととのえること」について語ってもらった。

旅の道中は北欧生まれの自動車メーカー・VOLVOの「XC40」で。乗り心地もよくスムーズな走りで、旅の始まりを彩ってくれた
旅の道中は北欧生まれの自動車メーカー・VOLVOの「XC40」で。乗り心地もよくスムーズな走りで、旅の始まりを彩ってくれた

ドライブといえばSAで食べるアイスクリーム! 寄り道をしても都内から2時間ほどで到着
ドライブといえばSAで食べるアイスクリーム! 寄り道をしても都内から2時間ほどで到着

プライベートサウナで本場・フィンランド式のロウリュを体験

都内から車で2時間弱のところに位置するO Park OGOSE。自前のテントが張れるキャンプサイトからグランピングキャビンまで、さまざまなかたちの宿泊体験ができる。戸田と飯田が宿泊したのは、「サウナスイートキャビン」。なんとコテージに完全プライベートのフィンランド式サウナがついているのだ。

サウナスイートキャビンの内装。フィンランドのテキスタイルブランド「フィンレイソン」とコラボしている
サウナスイートキャビンの内装。フィンランドのテキスタイルブランド「フィンレイソン」とコラボしている

部屋には戸田の愛する「象さん」たちも
部屋には戸田の愛する「象さん」たちも

4人ほど入れるコンパクトなサウナ室。O Park OGOSEのサウナは『SAUNACHELIN 2020』でも11位にランクインしている
4人ほど入れるコンパクトなサウナ室。O Park OGOSEのサウナは『SAUNACHELIN 2020』でも11位にランクインしている

フィンランド式サウナの特徴はなんと言ってもロウリュ。日本のサウナでメジャーなドライサウナとは違って、熱されたサウナストーンに水をかけ、水蒸気を発生させるものだ。湿度が高く温度が低いのだが、水をかけるたびに発生する水蒸気によって、実際の温度以上の暑さを体感することができる。

ストーンにかける水にアロマを混ぜて、アロマ水にすることも。今回もチェックインの際に好みのアロマを選ぶことができ、戸田と飯田は白樺の香りをチョイス。

アロマ水をストーンにかけてみると、「森みたいな香りがする」とリラックスした様子でロウリュを堪能していた。フロントで購入した「ヴィヒタ」で戸田が自身の体を叩くと、森のアロマが蒸気に乗せられ、さらにサウナ室に広がる。

熱々のサウナストーンにアロマ水をかけると、なんともいい香りの水蒸気が発生。サウナ室を満たしていく
熱々のサウナストーンにアロマ水をかけると、なんともいい香りの水蒸気が発生。サウナ室を満たしていく

サウナ用のポンチョに着替え、じっくり温まるのを待つ
サウナ用のポンチョに着替え、じっくり温まるのを待つ

「ヴィヒタ」とは白樺の枝を束ねたもの。サウナや浴室内に持ち込み、ヴィヒタで体を叩くことで、血行促進や殺菌、保湿効果があると言われている
「ヴィヒタ」とは白樺の枝を束ねたもの。サウナや浴室内に持ち込み、ヴィヒタで体を叩くことで、血行促進や殺菌、保湿効果があると言われている

そもそもサウナと聞くと、サウナと水風呂を行き来して激しい温冷のルーティンを行ったり、サウナ室には時間を管理するための12分計がついていたり、時間をやり過ごすためなのかテレビがついている、というイメージを浮かべる人も多いと思う。日本でよく見るサウナは実際にそのとおりなのだが、フィンランドを踏襲した「サウナスイートキャビン」のサウナ室にあるのは大きな窓と温度計だけ。決して高い温度ではないから、物足りないと感じるサウナーもいるかもしれないが、窓に映る木立を見ながら時間に縛られずに発汗を感じるうちに瞑想にも似たインナートリップに誘われる。

戸田真琴

中庭部分にあるジャグジーにあらかじめ水を張っておき水風呂へ。デッキチェアで森林を通り過ぎてきた秋風を全身に浴び、ふたたびサウナ室へと戻る。時間を忘れ、ただただ体と心に従いながらそれらを繰り返した……が、戸田も飯田もサウナビギナー。「ととのう」の片鱗は見えたが、完全に「ととのう」ことへの道のりはまだ遠い。フィンランド式サウナを体験した直後の戸田と飯田に話を聞いた。

「水風呂、冷たいです……」と言いながらもカメラに応えてくれた戸田。ややぎこちない笑顔から冷たさが伝わるだろうか
「水風呂、冷たいです……」と言いながらもカメラに応えてくれた戸田。ややぎこちない笑顔から冷たさが伝わるだろうか

水風呂のあとは「ととのい椅子」で休憩。取材中、3度ほどサウナ→水風呂→休憩を繰り返した
水風呂のあとは「ととのい椅子」で休憩。取材中、3度ほどサウナ→水風呂→休憩を繰り返した
Page 1
次へ

配信情報

『Podcast 戸田真琴と飯田エリカの保健室』

毎週月曜日20時に、Apple Podcast、Spotify他で配信中

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。

飯田エリカ(いいだ えりか)

1991年東京都出身。2013年少女写真家として活動をはじめる。自らの少女時代の記憶をもとに今だからこそ写せる少女、女の子を撮影した“少女写真”という表現を追い求め作品を制作。女の子たちのための写真活動を志している。19年から女の子を撮る女の子のコミュニティー『またたく女の子たち』を主催している。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。