LEO今井を形作るスウェーデン音楽。体ではなく頭の中で踊る音

LEO今井を形作るスウェーデン音楽。体ではなく頭の中で踊る音

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:伊藤惇 編集:川浦慧

METAFIVEをやる前は「日本で活動している以上、日本語詞を書かなきゃ」という気持ちがあったんです。

—今作『VLP』は、そんなLEOさんのルーツに向き合って作ったアルバムだそうですね。

LEO今井『VLP』
LEO今井『VLP』(Amazonで見る

LEO:そうですね。今回はそれがより強く出せたと思います。それはおそらく、今のサポートメンバーの3人のおかげですね。彼らと一緒にやり始めてから6年になるんですけど、6年もコツコツとやっていると、一体感みたいなものも感じられるようになってきて。自分がやりたい音楽を表現できるところへ、ようやく辿り着いた気がします。

LEO今井

LEO今井

—前作『Made From Nothing』から5年ぶりの新作で、その間METAFIVEを結成したり、ホラードラマ『デッドストック~未知への挑戦』(テレビ東京系)の劇伴を手がけたりしていますが、そうした活動からのフィードバックはありましたか?

LEO:METAFIVEをやる前は、「日本で活動している以上、日本語で歌詞を書かなきゃいけないのかな」という気持ちがどこかにありました。でも、METAFIVEの歌詞ってほとんど英語じゃないですか。それを経て今回、歌詞を書く時に、「別に無理に日本語にこだわらなくたっていいんじゃん」という気持ちになれたのは大きかったです。『VLP』は今までで最も英詞の比率が多いんですけど、それはMETAFIVEからのフィードバックだったと思います。

劇伴に関しては、インストだったんですが、そこからのインスピレーションで“On Videotape”という曲ができたことは、アルバム制作へのいい足がかりになりましたね。この曲に共感してくれた、『メガロボクス』というアニメ作品の森山洋監督からオープニングテーマの依頼を受けて“Bite”ができるなど、すごくいい流れになりました。

—テーマソングを書く上で、アニメの世界観をどのくらい意識しましたか?

LEO:サウンドよりも歌詞を書く上で意識しましたね。私自身、音楽を通して伝えたいメッセージとかは特になくて。曲を作る上で、歌詞をどうするかいつも迷うんです。でも今回は森山監督と話していくなかで、自分のなかにひとつ種が蒔かれたというか。そこを起点にイメージを発展させていくことができたのはよかったなと思います。

—LEOさんの楽曲は、映像的なイメージを喚起させられるものが多いです。映像からインスピレーションされて曲を作ることもある?

LEO:それは多いかもしれないですね。森山監督は『メガロボクス』を製作する時、アレックス・コックス監督の『レポ・マン』(1984年に公開された、アメリカのSF映画)からインスピレーションを受けたとおっしゃっていて。私自身、砂漠のなかを車が疾走するイメージというのが頭のなかにあったんですね。それって『レポ・マン』と通じる世界観でもあるなあと。

—先ほどLEOさんは「ハイブリッドな音楽が好き」という話になりましたが、LEOさんが作る音楽も、ひとつのジャンルでは括れないような、ハイブリッドなものが多いですよね。それはLEOさん自身がスウェーデン人と日本人のDNAを受け継ぎ、ロンドンで育ったというハイブリッドな存在だからというのもあるんじゃないかと。

LEO:それは私も思います。

LEO今井

—ボーカリストとしての表現力も、今回さらにパワーアップしているなと思いました。

LEO:ちょっとシャウトが上手くなったかな、くらいですかね。その分、歌がさらに下手になったかも(笑)。でも、アグレッシブな歌い方が追求できたかなと思います。

—ところで、アルバムタイトルの『VLP』はどんな意味ですか?

LEO:特に深い意味はないです。いろんな説があるんですが、ベースのシゲクニは、『Vikings Love Protein』(バイキングはプロテインが大好物)と言ってて。それは結構、気に入っていますね。スウェーデンっぽいし「Fika」的にも良くないですか?(笑)

LEO今井

Page 4
前へ

リリース情報

LEO今井『VLP』
LEO今井
『VLP』

2018年7月11日(水)発売
価格:3,240円(税込)
COCP-40400

1. Wino
2. Bite
3. Fresh Horses
4. Tiffany
5. Sarigenai
6. New Roses
7. On Videotape
8. Real
9. Car Alarm
10. Need To Leave
封入特典:『VLP』発売記念プレゼントキャンペーンシート

イベント情報

VLParty(a release party)

2018年7月16日(月・祝)
会場:大阪 心斎橋 CONPASS

2018年7月19日(木)
会場:東京 新代田 FEVER

プロフィール

LEO今井
LEO今井(れお いまい)

日本・スウェーデン出身。イギリスでの生活を経て日本へ移住。オルタナティヴを基盤にした無国籍な都市の日常を切り取るニュー・ウェーブ・シンガーソングライター。その文学的、実験的な作風は、各都市で生活してきたVISITORとしての視点に溢れている。ソロアーティストとして、また、KIMONOS、METAFIVEのメンバーとしても活動中。2018年、TVアニメ「メガロボクス」オープニングテーマ「Bite」を皮切りに、自身の身体から沸き上がるメタル、グランジ、カントリーなどの音楽要素をバンド(LEO IMAI)で体現した5枚目のソロアルバム『VLP』を7月11日にリリースする。

関連チケット情報

2018年12月5日(水)
LEO IMAI
会場:The Voodoo Lounge(福岡県)

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。