東浩紀による講演『ゲンロンカフェ@ボルボ スタジオ 青山』

東浩紀による講演『ゲンロンカフェ@ボルボ スタジオ 青山』

テキスト
柴那典
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

知的好奇心を刺激するトークセッション『ゲンロンカフェ @ VOLVO STUDIO AOYAMA』

SNSとポピュリズム全盛の時代、すなわち誰もが「今、ここ」の価値を重視している時代に、哲学はどう対抗していくのか。

そんな大きなテーマの問いに向き合い、近代から現代にわたる様々な哲学者の思索を継承しつつ「観光客」というキーワードからそのアップデートを図っているのが批評家の東浩紀だ。今年4月に刊行した最新刊『ゲンロン0 観光客の哲学』は、「これまでの集大成」と自ら位置づける一冊。現代社会を「ナショナリズムとグローバリズムの二層構造の社会」と分析し、そこにおける新しい政治思想や連帯のあり方を探る内容だ。3万部を突破し哲学書としては異例のベストセラーとなった同書は、先日、『第71回毎日出版文化賞』の人文・社会部門を受賞。2017年を代表する一冊となった。

東浩紀の著書 左から:『ゲンロン0 観光客の哲学』『ゲンロン6 ロシア現代思想I』
東浩紀の著書 左から:『ゲンロン0 観光客の哲学』『ゲンロン6 ロシア現代思想I』

11月15日、VOLVOが東京・青山にオープンしたブランドコンセプトストア「ボルボ スタジオ 青山」にて、『「観光客の哲学」と都市文化―第71回毎日出版文化賞受賞記念講演』と題した東浩紀による講演が行われた。今回の講演は、今後定期的に行われる『ゲンロンカフェ@VOLVO STUDIO AOYAMA』の第1回目として行われたもの。

2017年10月にオープンしたボルボ スタジオ 青山では「Quality of Time」をテーマに「Live & Performance」「Art」「Talk Session」「Workshop」の4つのカテゴリーからなるイベントを開催し、カルチャーの発信拠点としての存在感を打ち出している。そこで、アコースティックライブ、『美術手帖』のプロデュースするアート作品の展示やパフォーマンス、北欧のクラフトマンシップを体験するワークショップと共に、知的好奇心を刺激するトークセッションとして企画されたのが『ゲンロンカフェ@VOLVO STUDIO AOYAMA』だ。

東浩紀は批評家として活躍しつつ、出版社「ゲンロン」を経営、数々のゲストを招いたトークイベントやスクールを行うイベントスペース「ゲンロンカフェ」を運営するなど、批評の「場」を作り出す活動も意欲的に行ってきた。ボルボ スタジオ 青山の運営に携わるボルボ・カー・ジャパン マーケティング部ディレクターの関口憲義は古くからの東浩紀の読者でもあり、ゲンロンカフェを「東京で一番おもしろく、エキサイティングな話が聞けるところ」として親しんでいたことから今回の企画がスタートした。

「観光は、都市大衆文化が生まれ、映像メディアが生まれ、社会主義が生まれた時代に誕生している」

講演は20時にスタート。速いスピードの語り口で約1時間半にわたって繰り広げられた講演は、非常に濃密かつ情報量の多いもの。『ゲンロン0 観光客の哲学』で語られなかったこと、その先にある問題設定を、都市論やメディア論とからめて位置づける内容だ。

「観光は、都市大衆文化が生まれ、映像メディアが生まれ、社会主義が生まれた時代に誕生している」と東は指摘する。観光産業が誕生し、「観光客」という存在が生まれたのは19世紀前半のこと。その前後には現在のショッピングモールの起源であるパサージュ(アーケードつきの商業空間)の流行、写真の発明、シャルル・フーリエ、アンリ・ド・サン=シモン、ロバート・オーウェンによる空想的社会主義の提唱があった。

思想家のヴァルター・ベンヤミンは当時のパリのパサージュから近代都市を分析した『パサージュ論』で「遊歩者(フラヌール)」というキーワードを用いている。屋根に覆われた通りであるパサージュは「屋内」でも「屋外」でもなく、それがあることによって、その場所を回遊する消費者が出現する。それをベンヤミンは遊歩者と呼んだ。これが現代の消費社会論の一つのルーツになっていると東は指摘する。

東浩紀
東浩紀

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)

1971年東京都生まれ。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。1993年に批評家としてデビュー。1998年に出版した『存在論的、郵便的』でサントリー学芸賞受賞。東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『ゲーム的リアリズムの誕生』『クォンタム・ファミリーズ』(三島由紀夫賞受賞)『一般意志2・0』など多数。2017年の新著『ゲンロン0 観光客の哲学』で第71回毎日出版文化賞受賞。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。