Iceageらデンマークシーンがロック史を変えた瞬間を仲真史が語る

Iceageらデンマークシーンがロック史を変えた瞬間を仲真史が語る

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小田部伶 編集:山元翔一 取材協力:BIG LOVE

2010年代初頭にIceageがブレイクしたのは、本当にあの瞬間のマジックだった。

—ブログということは、海外で最初にIceageを見出したのは大きなメディアではなく、一般のリスナーだったと。

:そう、当時は音楽ブログが力を持っていましたから。ロックシーンはイギリスとかアメリカのバンドで溢れているなかで、Iceageはブロガーたちにとってもカウンター的な存在だったと思うんです。

そういう有力なブログをやっていた人たちは今、Pitchforkに行ったり、レコード会社に入ったりしていて。言ってみれば、選抜隊みたいな人たちがブログをやっていた時代だったんですよね。

仲真史

:今、音楽業界の裏方でシーンを牽引している人たちがIceageを最初に推した。そのあとに『NME』とかでも見開きで扱われるようになっていったんです。

—それまでは『NME』に載って初めて広まっていくという構図でしたけど、音楽ブログで話題になったバンドを『NME』がピックアップするっていうのは、それまでにはなかった流れでしたよね。

:ちょうどIceageを紹介したあとくらいに「Altered Zones」はなくなっちゃうんですよ。「これからはSNSの時代で、それには勝てない」「役割は果たした」っていうようなニュアンスでやめていったみたいで。そう考えると、2010年代初頭にIceageがブレイクしたのは、本当にあの瞬間のマジックだったというか、彼らが今出てきたとしても、どうなったかはわからないと思いますね。

仲真史

—本人たちはネットに対して意識的だったのでしょうか?

:いや、そこはよくも悪くもですけど、自分たちの範囲だけで成り立っていたと思います。海外のアーティストを呼んだりはしていたみたいなんですけど、自分たちが外に行くことはあんまりしないんです。

彼らのブレない姿勢はすごいなって思うけど、それがよかったのかどうかはわからない。

—それってどうしてなんですかね?

:裏を返すと、濃いアートをやる環境がちゃん整っていたということだと思います。たとえば、Posh Isolationはさっき言ったロークと、もうひとり、クリスチャン(・スタズガード)っていう人の二人でやってるんですけど、クリスチャンは大学の先生で、ロークはその生徒なんです。で、SMについての講義をして、一緒に本を作ったりもしている。

:学校がそういう状態だから、自分たちの範囲で濃いアートを作ることができて、わざわざ外に出る必要がなかった。まあ、そのあとの広がりっていう点から見ると、そこにコペンハーゲンの限界があったのかなって、月日が経った今は思いますね。

—国のサポートも受けつつ、ローカルのなかで生まれた濃いアートが、音楽ブログの時代と合致することで2010年代初頭の爆発を生んだけど、その後は限界がきてしまったと。

:Iceageはアメリカツアーもやったし、フェスにもちょこっと出たんですけど、やっぱりすごく嫌だったみたいで。『SXSW』(世界最大規模のデジタルとクリエイティブの見本市)とかも、ほとんどのバンドが「最高だった」って言うんですけど、彼らは口を揃えて、「スーツを着たビジネスマンみたいなのがたくさんいて最悪だった」って言っていました。

アメリカでのツアーも、大手のインディーレーベルから出したからビッグネームともやれたはずなんです。でも、彼らは自分たちの単独にしてバンでアメリカを回った。ブレない姿勢はすごいなって思うけど、それがよかったのかどうかはわからないですね。

—もしかしたら、もっと世界的なブレイクをしていたかもしれない。

:でも、彼らの目的はそこじゃないんですよ。その姿勢っていうのも、ある意味デンマークならではなのかなと。彼らは全然貯金がなくて、未だにみんなバイトをしているんです。「こういう音楽をやりながら、ちゃんと働く姿を見せる」っていうスタンスを示しているわけでもなく、マジで金がない(笑)。

あと、彼らの多くは家族と一緒に住んでいて、親から援助受けてるっぽいんですよね(笑)。意外とそこは等身大で、アメリカとかイギリスのバンドとは全然違う。

—裕福な国に住んでいるから、「一発当ててやる」みたいな感覚がないと。

:だと思います。そういうバンドに会ったのは初めてだったので、面白かったですけど。

Page 3
前へ 次へ

プロフィール

仲真史(なか まさし)

レコードショップ/レーベル「BIG LOVE」代表。1993年から渋谷系の代表的なレーベル「ESCALATOR RECORDS」を主宰。2001年、原宿に輸入レコードショップをオープン。2008年、レーベル「BIG LOVE」スタート。2010年にショップも同名に改める。The xx、Iceageなど注目アーティストを発掘している。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。