高木正勝と相良育弥の自宅訪問 いい仕事を生む暮らし方って?

高木正勝と相良育弥の自宅訪問 いい仕事を生む暮らし方って?

インタビュー・テキスト
野村由芽(CINRA.NET編集部)
撮影:森山将人

自然のなかで遊びながら「感覚の断片」をためていってるんです。(高木)

1時間ほど車を走らせ高木の家へ。曲がりくねった小道を上がると、あたり一面は山。「散歩に出かけることもしょっちゅうです」と笑いながら、都心では考えられない裏山の斜面を高木と相良はどんどん上がっていく。

高木家の裏に広がる山
高木家の裏に広がる山

山のなか
山のなか

山で薪を拾ったり
山で薪を拾ったり

つるにぶらさがったり
つるにぶらさがったり

木をたたいて音を鳴らす遊びを始める二人
木をたたいて音を鳴らす遊びを始める二人

山から見た高木家
山から見た高木家

母屋
母屋

干し柿
干し柿

高木:山に入ると、元気になるんですよね。敷地のなかに川があるんですけど、流れてくる水に石を置いてその音の変化を聴いたり、薪を拾って木琴みたいに叩いてみたり。「なにしてるんだろう(笑)」と思うこともあるんですけど、自然のなかで遊びながら「感覚の断片」をためていって、それをあとでピアノで弾いてみたいんですよね。

自然からたくさん感覚をもらいながら、言葉にならない、触覚のような感覚をピアノで作りたい。(高木)

家は、母屋ともともと養蚕に使われていた離れの2棟をスタジオと生活の場として使っている。窓が大きく、風景が家のなかに映り込むかのような、外と内が一体化したような間取り。スタジオには、高木いわく「自分でも作ってみたいと思わせてくれる楽器が好き」だという世界中の楽器が置いてあった。シンプルな仕組みで作られた楽器は、山のなかで薪の音を鳴らして遊んだときのように、高木の「感覚」を磨くのに一役買っている。

自宅のスタジオ
自宅のスタジオ

おみやげものとして売られていたカリンバ
おみやげものとして売られていたカリンバ

口琴
口琴

高木:各地の伝統的な楽器がありますが、それらの響きは、なんというか、特定の景色を作るのに向いているんです。一音の中にたくさん響きが詰まっている。一方ピアノは、一つひとつの音が映し出す景色は弱いけれど、いろいろな景色が作れるような仕組みになっている。

ピアノはそういう楽器だからこそ、自分に合っているというか、工夫する余地がたくさんあるように思えて、ほんの少しの差で新しい景色が作れる。

―活動初期の頃、コンピューターで曲を作っていた時期もありましたが、なぜピアノの表現を選んだのでしょう?

高木:小学生のときから遊びでピアノを弾き始めましたけれど、改めてピアノで挑戦しよう、ときちんと思ったのは、29歳のときに離婚をした頃かも。それまでは、そんなに弾いていなかったんですが、半年、ぽっかり時間ができて、毎日毎日、久しぶりにピアノばかり弾いていましたね。いろんなことができるんだなと発見がたくさんありました。ピアノは好きですが、誰かのピアノ曲をじっくり聴いたりするのは苦手なほうかも。響きの重なりを無垢に楽しんでいるようなピアノが好きです。

高木は相良のピアノの先生
高木は相良のピアノの先生

アップライトとグランドピアノの2台を使う

ピアノを弾く

彼らにとっての「暮らし」とは、よりよく生きるための「段取り」だった。おいしい野菜が育つことを願い懸命に土を耕すように、人間が持っている力を引き出せるように暮らしをととのえること。取材を通して、二人がなぜここに暮らしているのか少しだけわかった気がする。その人にしかできない仕事や生き方は、心を込めたこんな場所から生まれるのだ。

左から高木正勝、相良育弥
前編を読む(高木正勝×相良育弥 上辺の「新しさ」に惑わされない心の授業

Page 3
前へ

リリース情報

高木正勝『YMENE』
高木正勝
『YMENE』(CD)

2017年3月26日(日)発売
価格:3,024円(税込)
NOVUS-010

1. Dreaming
2. Tidal
3. Bokka
4. Homicevalo
5. Ana Tenga
6. Laji
7. Naraha
8. Philharmony
9. Grace
10. Mase Mase Koyote
11. Earth's Creation #1
12. Omo Haha
13. Ymene
14. Earth's Creation #2
15. Emineli

高木正勝『『山咲み』
高木正勝
『山咲み』(2CD+DVD)

2017年3月26日(日)発売
価格:4,860円(税込)
NOVUS-004~6

[CD1]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
[CD2]
1. うたがき
2. マクナレラ~ヤイサマ
3. 山咲き唄
4. かみしゃま
5. おやま
6. Girls
7. Rama
8. Wave of Light―音頭
9. Grace~あげは
10. 風花~カピウ・ウポポ
[DVD]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
16. うたがき
17. マクナレラ~ヤイサマ
18. 山咲き唄
19. かみしゃま
20. おやま
21. Girls
22. Rama
23. Wave of Light―音頭
24. Grace~あげは
25. 風花~カピウ・ウポポ

プロフィール

高木正勝(たかぎ まさかつ)

1979年生まれ、京都出身。2013年より兵庫県在住。山深い谷間にて。長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した「動く絵画」のような映像、両方を手掛ける作家。美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。『おおかみこどもの雨と雪』やスタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』の映画音楽をはじめ、コラボレーションも多数。

相良育弥(さがら いくや)

1980年生まれ。茅葺き職人。20歳くらいのころに、宮澤賢治に憧れて大地に生きる百姓を志すも、減反で米がつくれず「三姓」止まりに。そんな時に出会った茅葺きの親方に「茅葺き屋根は百姓の業でできている」との言葉で弟子入り。現在は、淡河かやぶき屋根保存会「くさかんむり」の代表を務め、ふるさとの神戸市北区淡河町を拠点に、茅葺屋根の葺き替えや、補修を生業とし、民家から文化財まで幅広く手がけ、積極的にワークショップも行なっている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。