デンマークの妖精「ニッセ」でコロナ禍のおうちクリスマス彩る

北欧雑貨・家具を取り扱うライフスタイル専門店「ILLUMS(イルムス)」が、毎年クリスマスに合わせて販売している定番の人気商品「2021 ILLUMS original NORDIKA nisse(イルムスオリジナル ノルディカニッセ)」の予約販売が9月17日から始まった。

デンマークの妖精「ニッセ」は、子どもたちや家を見守り、クリスマスの時期にはサンタの手伝いをすると言われている。NORDIKA nisse(ノルディカニッセ)は、「ニッセ」をモチーフにしたハンドメイドの木製人形で、職人がひとつひとつ手作業で仕上げているため、それぞれが異なった表情で同じものは世界にふたつとない。家庭に幸せをもたらすといわれるニッセは大切な人や家族への贈り物として好評で、毎年即日完売するほどの人気だ。

今年は、定番の国旗シリーズ第5弾「国旗を持ったサンタ」セットに加え、新型コロナウイルス終息への願いを込めて製作した「キャンドルを持ったサンタ」セットの2種類が登場。

2017年からスタートし、5年目となる「北欧の国旗をもったシリーズ」については、今年はアイスランドをテーマに制作。両手に雪だるまを抱えた女の子とニッセたちが雪の中で楽しく遊ぶ姿が表現されている。

「キャンドルを持ったサンタ」はファンの声を基に製作されている。サンタの持つキャンドルの灯りには、闇や悪霊を追い払い天使が幸せを運んでくれるという言い伝えがあり、一日も早いコロナ終息を願って作られたそうだ。

今年はニッセの家をイメージしたドールハウスボックスに入った状態で届くので、蓋をあけてそのまま飾ってもかわいい。今年のクリスマスは、幸せをもたらすノルディカニッセとともに、おうちクリスマスを楽しんでみてはいかがだろう。



フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • デンマークの妖精「ニッセ」でコロナ禍のおうちクリスマス彩る
About

「幸福度が高い」と言われる北欧の国々。その文化の土台にあるのが「クラフトマンシップ」と「最先端」です。

湖や森に囲まれた、豊かな自然と共生する考え方。長い冬を楽しく過ごすための、手仕事の工夫。

かと思えば、ITをはじめとした最先端の技術開発や福祉の充実をめざした、先進的な発想。

カルチャーマガジン「Fika(フィーカ)」は、北欧からこれからの幸せな社会のヒントを見つけていきます。

スウェーデンの人々が大切にしてい「Fika」というコーヒーブレイクの時間のようにリラックスしながら、さまざまなアイデアが生まれる場所をめざします。

「幸福度が高い」と言われる北欧の国々。その文化の土台にあるのが「クラフトマンシップ」と「最先端」です。

湖や森に囲まれた、豊かな自然と共生する考え方。長い冬を楽しく過ごすための、手仕事の工夫。

かと思えば、ITをはじめとした最先端の技術開発や福祉の充実をめざした、先進的な発想。

カルチャーマガジン「Fika(フィーカ)」は、北欧からこれからの幸せな社会のヒントを見つけていきます。

スウェーデンの人々が大切にしてい「Fika」というコーヒーブレイクの時間のようにリラックスしながら、さまざまなアイデアが生まれる場所をめざします。

VOLVO