幸福で悪いことなどない。戸田真琴が解きほぐす嫉妬と憎悪の関係

幸福で悪いことなどない。戸田真琴が解きほぐす嫉妬と憎悪の関係

2021/09/29
テキスト
戸田真琴
撮影・編集:石澤萌

「幸せそうに見える」から、スカートを履くのをやめた

ふと、電車に乗って出かけようとメイクをしているとき、あることを思い出して手を止めました。そして、カラコンと眼鏡を見比べて、メガネのほうを選びました。頬にチークを塗るのもやめ、ひらひらしたスカートではなくジーンズを履いて家を出ました。黒目が大きく見えて可愛らしい印象を与えるカラコンも、血色がよく華やかな印象になるチークも、これを選ぶと「幸せそう」に見えるということが頭のなかにちらついたからでした。

戸田真琴(とだ まこと)<br>2016年より活動開始。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆し、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018を受賞。愛称はまこりん。著書に『あなたの孤独は美しい』『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』。2021年より、少女写真家の飯田エリカと共にグラビア写真を再定義するプロジェクト「I‘m a Lover, not a Fighter.」をスタート。ディレクション・衣装スタイリング・コピーライティング等を務める。
戸田真琴(とだ まこと)
2016年より活動開始。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆し、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018を受賞。愛称はまこりん。著書に『あなたの孤独は美しい』『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』。2021年より、少女写真家の飯田エリカと共にグラビア写真を再定義するプロジェクト「I‘m a Lover, not a Fighter.」をスタート。ディレクション・衣装スタイリング・コピーライティング等を務める。

そんなふうに、私たちは日々さまざまなきっかけで、自分たちが綱渡りの日常を生きていることを思い出します。いつ、どんな因縁で誰に憎しみを向けられるか、完全に予想することも防ぐこともできないのだということ、そしてそれは時に、ただ幸福に生きていることや特定の性別であることなど、自身にまったく非がない場合もあるのだということを。

小中学校で巻き起こるいじめや暴力が理不尽に誰かに降り注いでいたあの頃のように、この世には防ぎようのない暴力というものがあります。そして、それらが生み出される仕組みは、社会の提示する価値観と個人的な負の感情が複雑に絡み合い、簡単には浄化できない段階に至っている、とも感じます。

今回は、立場の違う人間に対する憎悪――例えば、嫉妬から生まれる暴力やそれを牽引する社会の構造について、一緒に考えていけたらと思います。

戸田真琴
Page 1
次へ

プロジェクト情報

『I’m a Lover, not a Fighter.』
『I’m a Lover, not a Fighter.』

AV女優 / 文筆家として活動する戸田真琴と、盟友である“少女写真家”飯田エリカによる、「グラビア」を見つめ直すプロジェクト。

配信情報

『Podcast 戸田真琴と飯田エリカの保健室』

毎週月曜日20時に、Apple Podcast、Spotify他で配信中。

書籍情報

『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』
『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』

2020年3月23日(月)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:KADOKAWA

『あなたの孤独は美しい』
『あなたの孤独は美しい』

2019年12月12日(木)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:竹書房

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年より活動開始。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆し、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018を受賞。愛称はまこりん。著書に『あなたの孤独は美しい』『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』。2021年より、少女写真家の飯田エリカと共にグラビア写真を再定義するプロジェクト「I‘m a Lover, not a Fighter.」をスタート。ディレクション・衣装スタイリング・コピーライティング等を務める。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。