Kings Of Convenienceが12年ぶり新アルバムで響かせる「静寂」

Kings Of Convenienceが12年ぶり新アルバムで響かせる「静寂」

テキスト
村尾泰郎
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

11歳のときに出会った2人。ノルウェー発、約20年前の「静かな衝撃」

ノルウェーの2人組、Kings Of Convenience(以下、KOC)の登場は静かな衝撃だった。

彼らが注目を集めるきっかけになったメジャーデビューアルバム『Quiet Is The New Loud』(2001年)がリリースされた当時、ロックシーンではThe StrokesやThe White Stripesなどロックンロールに原点回帰したバンドが次々と登場して、「ロックンロール・リバイバル」とも呼ばれたムーブメントが生まれていた。荒々しいギターのリフ、力強いビート。そうした攻撃的でラウドなサウンドがトレンドになるなかで、KOCは「静寂は新しいラウド」と宣言したのだ。

『Quiet Is The New Loud』は本国ノルウェーでチャート1位を記録。海外でも話題を呼んだが、それから今年で20年目を迎えるなか、彼らの新作『Peace Or Love』がリリースされた。前作『Declaration of Dependence』(2009年)からじつに12年ぶりのオリジナルアルバムだ。

Kings Of Convenience(左から:アーランド・オイエ、アイリック・ボー)
Kings Of Convenience(左から:アーランド・オイエ、アイリック・ボー)

ここで彼らのキャリアを振り返っておこう。

ノルウェーのベルゲン出身のアイリック・ボーとアーランド・オイエがKOCを結成したのは1999年のこと。ともに1975年生まれの2人は、11歳のときに学校の同じクラスで出会って仲良くなった。

そして、16歳になるとSkogという4人組バンドを結成。当時はThe CureやJoy Divisionといったイギリスのバンドに影響を受けていたそうだが、1996年に1枚のEPを発表してバンドは解散。ボーとオイエはイギリスに移り住んで音楽活動を続け、再びベルゲンに戻るとKOCを結成してデビューシングル『Brave New World』をリリース。そして。アメリカのインディーレーベル、Kindercoreから2000年にアルバム『Kings Of Convenience』を発表した。

ノルウェーでもイギリスでもなく、アメリカのインディーからデビューしたのが面白いところだが、当時、Kindercoreには1960年代のポップスから影響を受けたバンドが多く、そんななかでKOCはSimon & Garfunkelと比較されたりもしていた。

Kings of Convenienceのメジャーデビューアルバム『Quiet Is the New Loud』を聴く(Apple Musicはこちら

『Kings Of Convenience』はライブ音源も入れたアットホームな作品だったが、メジャーデビュー作になった翌年の作品『Quiet Is The New Loud』は、Coldplayなどを手掛けたケン・ネルソンがプロデュースを担当。サウンドはクリアになり、曲によってはトランペットやチェロが加わってアレンジに磨きがかけられた。

このアルバムを初めて聴いたときに思い出したのは、1980年代にイギリスで巻き起こった「ネオ・アコースティック(ネオアコ)」と呼ばれたムーブメントだ。当時のネオアコシーンには、Everything But the Girl、Aztec Camera、The Pale Fountainsなど、パンクな反抗精神を持ち、1960年代のポップス、ジャズ、ソウルなどに影響を受けたバンドが登場。シンセを多用して音がケバケバしくなっていくロックシーンのなかで、ソングライティング(歌)を重視した彼らの歌には、まさに「Quiet Is The New Loud」な姿勢を感じた。

1984年にリリースされたEverything But The Girlのデビュー作『Eden』。ベン・ワット、トレイシー・ソーンによるイギリスのデュオ(Apple Musicはこちら

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

Kings Of Convenience『Peace Or Love』
Kings Of Convenience
『Peace Or Love』

2021年6月18日(金)発売

1. Rumours
2. Rocky Trail
3. Comb My Hair
4. Angel
5. Love Is A Lonely Thing
6. Fever
7. Killers
8. Ask for Help
9. Catholic Country
10. Song About It
11. Washing Machine

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。