コンプレックスは隠していい。戸田真琴が考えるありのまま愛すること

コンプレックスは隠していい。戸田真琴が考えるありのまま愛すること

2021/06/30
テキスト
戸田真琴
リードテキスト・撮影・編集:石澤萌

「ありのままの自分」って、一体何だろう。私たちは必ずしも、自分の嫌な部分もポジティブに見つめて、それを何とも思っていないふうに振る舞わなくてはいけないのだろうか。

「自分のすべてを愛する」ことが称賛され、推奨される時代。いまこれを読んでいるあなたも、同様のメッセージを街中の広告やSNSで見たことがあるのではないだろうか。しかし、自分を認めることこそ、じつは難しい。他者は肯定できても、自分自信は肯定できないこともある。そう簡単に折り合いをつけられないのだ。

戸田真琴は表舞台で活躍するひとりの表現者として、まわりから「ありのままの戸田真琴が見たい」という言葉を受けることがあるという。でもそれって、本当に美しいことなのだろうか? そんな思いをもとに、連載11回目は「コンプレックスと自分らしさ」をテーマに綴ってもらった。「自分らしく生きること」に悩むあなたに、このコラムが届きますように。

連載:『戸田真琴と性を考える』
AV女優兼コラムニストの戸田真琴による、激変する現代の性について思いを綴るコラム連載。「セックス」「生理」「装い」など、さまざまな視点から性を見つめていく。

>これまでの連載一覧はこちらから

「ありのままの自分を愛する」時代に考える、コンプレックスとどう生きていく?

あなたには、コンプレックスはありますか?

「コンプレックスを味方に」「ありのままの自分を愛する」といった趣旨の広告を打ち出す企業も増えてきた昨今、自分自身のコンプレックスを認めることに対して、世間の態度は前向きになってきた気もします。ここ数年は、ふくよかな体型を生かしたプラスサイズモデルや、そばかすなどそのままの肌の質感を生かし、容姿の特徴にポジティブな印象を与えるモデルが多く活躍していたりと、一昔前は画一化された美の基準を目指す表現の多かったファッション・ビューティー業界も、どんどんと価値観をアップデートしつつあります。すっぴんからメイクの過程を見せていくインフルエンサーは支持され、逆に加工しすぎたSNSの写真に厳しい意見を言う人を目にすることもしばしば。「無理をしないほうが好感度が高い」時代になってきたのかな、と個人的には感じています。

戸田真琴(とだ まこと)<br>2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。
戸田真琴(とだ まこと)
2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。

「ありのままの美」を打ち出した広告などのクリエイションは見ていても個性的で面白いものも多く、それを目にする人は「自分でもこんなふうになれるかも」「ありのままでも愛されるかもしれない」という期待を掻き立てられます。しかし、ふと鏡の前に立つと、そんなの無理に決まってる、と途方もない気持ちになることもあります。

他人基準の「モテ」やルッキズム的価値観から、自分自身が基準になる美のあり方へと変化したこと自体はすばらしいと思いますが、「自分が自分を愛する」って一体どういうことなんだろう? 自分のことを好きじゃないと思う私 / 僕は間違っているのだろうか? と感じる人も、きっと少なくないでしょう。

私自身コンプレックスの塊で、いくら自分のいいところをたくさん見つけても、ふとしたときにどうしても好きになれない部分への暗い気持ちが襲ってきます。自分の嫌いなところを指折り数えて生きてきた、コンプレックスを味方につけきれない私たちの、リアルな「自分自身の愛し方」ならぬ「折り合いのつけ方」を、今回は一緒に考えていきたいと思っています。

戸田真琴
Page 1
次へ

プロジェクト情報

『I’m a Lover, not a Fighter.』
『I’m a Lover, not a Fighter.』

AV女優 / 文筆家として活動する戸田真琴と、盟友である“少女写真家”飯田エリカによる、「グラビア」を見つめ直すプロジェクト。

番組情報

『Podcast 戸田真琴と飯田エリカの保健室』

毎週月曜日20時に、Apple Podcast、Spotify他で配信中。

書籍情報

『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』
『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』

2020年3月23日(月)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:KADOKAWA

『あなたの孤独は美しい』
『あなたの孤独は美しい』

2019年12月12日(木)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:竹書房

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。