名勝庭園で開催される、北欧と日本の作家によるコンテンポラリーアート展

名勝庭園で開催される、北欧と日本の作家によるコンテンポラリーアート展

2021/04/19

(メイン画像:エヴァーミア・ショリーン:全体のタイトル『CRACK』 赤い作品『Ardor』青い作品『Wave』)

コロナ禍で迎える2度目のゴールデンウィーク。まだまだ遠出を控えなければいけない状況も続いているが、せっかくの新緑がまぶしい季節。密を避けた庭園で開催される、スウェーデンと日本のアーティストが時代を超えてコラボレーションするアート展を訪ねるのはいかがだろうか。

園内に京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が配置された、神奈川県・横浜市の誇る名勝庭園「三溪園」で、スウェーデンと日本のアーティストの作品が時代を超えた異文化コラボを果たす、『アートの庭 - 北欧と日本の作家によるコンテンポラリーアート展』が、2021年4月28日から5月12日まで開催される。2010年からスウェーデンと日本で交互に行われているビエンナーレ展の第6回目となり、日本では2012年、2016年に続いて3回目となる。

ヨハン・トゥールフィエル『Dagarna』
ヨハン・トゥールフィエル『Dagarna』

日本と北欧のコンテンポラリーアートを軸にした芸術交流や、国内外で斬新な企画を行っているアーティストグループ「EAJAS」が主催し、スウェーデンと日本のアーティスト総勢35名の作品が、緑豊かな庭園や重要文化財である京都・木津川市の燈明寺から移築された室町時代の建物「燈明寺本堂」、岐阜県の飛騨白川郷から移された江戸時代後期の入母屋合掌造りの民家「旧矢箆原家住宅」に展示される。

色鮮やかな花が咲き誇るこの季節。ゴールデンウィークの休日に、美しい日本の庭や歴史的な建物と現代アートのコラボに刺激を受けて、のびのびと羽を伸ばしてみるのも楽しいだろう。

マリウス・ヴァール・グラーン『Entrance』
マリウス・ヴァール・グラーン『Entrance』
Page 1

イベント情報

『アートの庭 - 北欧と日本の作家によるコンテンポラリーアート展』

日程:2021年4月28日(水)~5月12日(水)
会場:三溪園 外苑庭園、旧燈明寺本堂(重要文化財)、旧矢箆原家住宅(重要文化財)
住所:〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
時間:9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
入園料:大人(高校生以上)700円 / こども(小学生・中学生)200円
(入園料のみでご鑑賞いただけます)※詳しくは三溪園ホームページをご覧ください。
主催:EAJAS(Emerging Art from japan & Around Scandinavia)
共催:公益財団法人三溪園保勝会
助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団、スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団
後援:スウェーデン大使館
協力:セーデルテリエ アーティスト アソシエーション、セーデルテリエ アートホール

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。