デンマーク映画『わたしの叔父さん』の予告編、ポスタービジュアルが公開されている。

2021年1月29日公開の同作は、『第32回東京国際映画祭』コンペティション部門東京グランプリ、東京都知事賞に輝いたフラレ・ピーダセン監督の作品。デンマーク・ユトランド半島を舞台に、年老いた叔父と家畜の世話をしながら暮らす姪のクリスが、かつて抱いていた夢や恋愛に葛藤する様を描く。クリス役のイェデ・スナゴーと叔父役のペーダ・ハンセン・テューセンは、実生活でも叔父と姪の関係。

ポスタービジュアルには「いつかは――」というコピーと共にクリスと叔父の姿が写し出されている。予告編では、クリスが叔父を起こして朝食を食べ、牛の世話をしてスーパーに買い物に行くといった日常の様子や、同じ年頃の青年と出会い、デートに誘われる場面、「誰かを愛すること 何かを失うこと」というテロップなどが確認できる。

前売鑑賞券には、特典としてデンマーク発のインテリア雑貨ブランド「ソストレーネグレーネ」協力による「暮らしを楽しむデンマーク雑貨」が付属。

Page 1

作品情報

『わたしの叔父さん』

2021年1月29日(金)からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開
監督:フラレ・ピーダセン
出演:
イェデ・スナゴー
ペーダ・ハンセン・テューセン
オーレ・キャスパセン
トゥーエ・フリスク・ピーダセン
上映時間:110分
配給・宣伝:マジックアワー
©2019 88miles

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。