ロイ・アンダーソン監督の人間論 人は独りだが、ひとりきりではない

ロイ・アンダーソン監督の人間論 人は独りだが、ひとりきりではない

インタビュー・テキスト
相田冬二
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

一人ひとりの孤独に美しさを見出す、優しい視点

『ホモ・サピエンスの涙』は、この真理を体感させる。芸術は、人間への捧げものなのだと。この映画は、クローズアップとは別の手法で、人間の感情に肉薄する。散文的に紡がれる各シークエンスにはいくつかの共通点があり、そのひとつに、公共の場で感情が溢れ出てしまう人を描写していることが挙げられる。パブリックな空間で、とてもプライベートな人間性を露呈させるその姿は、観る者の胸を打つ。否応なく見せつけられる、私たちの「弱さ」。

ロイ:人間には欠けているものがあると思うのです。私は無宗教な人間で、神を信じてはいませんし、ほとんどの現代人はそうでしょう。つまり、多くの人が神から見捨てられているのです。

リアルな、本当の心は、独りだからこそ存在しています。その状況が、ときに美しくもあります。神に見捨てられた私たちは、みな独りだけど、頑張っている、闘っている。そこから美しさが生まれているのだと思います。このことが非常に大切なことなのではないでしょうか。

『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24
『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24

アンダーソンの映画は、人間の多種多様な孤独を見つめている。一人ひとりの孤独を肯定し、そっと提示する。そこに安易な救済はない。けれども、その孤独は、静かに共有されている。その優しさ。これが、映画作家ロイ・アンダーソンならではの視点である。

ロイ:私の映画はともかく、本当に素晴らしい芸術にふれると希望を感じますよね。「希望」は、私にとって大切な言葉で、その言葉によってなにかを信じることができます。どんなに辛く、さみしいときも、芸術は希望を与えてくれるし、そのことで人間は救われると思うのです。

『ホモ・サピエンスの涙』予告編

『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24
『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24

「終わらない」を表現する。断片と断片を結びつける「フラグメント」

それは「神なき時代の宗教画」なのかもしれない。そしてロイ・アンダーソンが作り出す芸術がもたらす希望は、従来の物語様式から解放された新しい筆致から生み出されている。そのありようは、人間の心をシンプルにしてくれる。

ロイ:難しいことを語れば、つまらなくなる。一方、わかりやすいことばかり紡げば、みじめになる。では、どうしたらよいか。一見無関係なシーンとシーンをつなぎ、物事の断片を連鎖させていく「フラグメント(断片化)」のアプローチによって、リッチな話法になることを私は発見しました。見つけたときは嬉しかったですね。この感覚を推し進めれば、わかりやすい物語から解放され、さらに映画は豊かになるのでは、と思えたのです。

『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24
『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24

アンダーソンは、話法の発見を喜びと共に語った。その笑顔には、見出したものを分けあう(=シェアする)善なる心も息づいているように感じた。

ロイ:とっても嬉しいです。ただしこの方法は、私が作り出したものではありません。しかし、それを発見することができた。人間の複雑な「人間らしさ」を語るための最良のツールを見出すことができたのです。

『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24
『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24

ポジティブだ。温かな前向きさが、この監督にはある。

ロイ:前向きな性格だとは思います(微笑)。そして、それ以上に、人間に対する責任を感じています。その責任を、芸術を通して全うしたいのです。ところで、本作のスウェーデン語の原題はご存知ですか?

―はい、「エンドレスについて(About Endlessness)」ですよね。

ロイ:そうです。「フラグメント」の物語は、終わりません。だから、このタイトルをつけました。終わらない。そこに永遠もあると思います。

Page 2
前へ 次へ

公開情報

『ホモ・サピエンスの涙』
『ホモ・サピエンスの涙』

2020年11月20日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開

監督・脚本:ロイ・アンダーソン
出演:
マッティン・サーネル
タティアーナ・デローナイ
アンデシュ・ヘルストルム
上映時間:76分
配給:ビターズ・エンド

プロフィール

ロイ・アンダーソン

1943年、スウェーデン・ヨーテボリ生まれ。スウェーデン・フィルム・インスティチュートで文学と映画の学位を取得。少年少女の恋のめざめを瑞々しく描いた初の長編映画『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(70)が、ベルリン国際映画祭で4つの賞に輝き、世界的な成功をおさめた。続く長編2作目の「ギリアップ」(75)も、カンヌ国際映画祭監督週間に出品。映画界で躍進する一方、75年にはCMディレクターとしてのキャリアをスタート。世界最大級の広告賞カンヌライオンズでゴールドライオンを8度獲得、CM界にもその名を轟かせる。81年、自由に映画をプロデュース・制作するため、自身のプロダクション“Studio 24”をストックホルムに設立し、独自のユニークな映画制作スタイルを発展させる。その後、長編3作目『散歩する惑星』(00)が、カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝き、大きな注目を集める。続く長編4作目『愛おしき隣人』(07)も同映画祭ある視点部門に出品、スウェーデン・アカデミー賞で作品賞含む主要賞を獲得するなど、名実ともにスウェーデンを代表する巨匠として不動の地位を確立。この2作で、固定ショット、綿密に構想された絵画的なシーン、不条理コメディ、そして本質的なヒューマニティを特徴とするスタイルが確立された。09年には、ニューヨーク近代美術館(MoMA)でレトロスペクティブが開催され、映画だけではなくCMの上映も行われた。長編5作目『さよなら、人類』(14)は、数々の話題作を抑えヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞。『散歩する惑星』『愛おしき隣人』から続いた“リビング・トリロジー”(人間についての3部作)が、同作の発表により15年かけて完結した。長編6作目となる最新作『ホモ・サピエンスの涙』(19)は、ヴェネチア国際映画祭にてプレミア上映され、見事、銀獅子賞(最優秀監督賞)に輝いた。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。