ロイ・アンダーソン監督の映画『ホモ・サピエンスの涙』本編映像公開

ロイ・アンダーソン監督の映画『ホモ・サピエンスの涙』本編映像公開

ロイ・アンダーソン監督の映画『ホモ・サピエンスの涙』の本編映像が公開された。

2019年に『第76回ヴェネチア国際映画祭』銀獅子賞を受賞した同作は、『さよなら、人類』『愛おしき隣人』などで知られるスウェーデン・ヨーテボリ出身のロイ・アンダーソン監督の最新作。この世に絶望して信じるものを失った牧師、戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル、これから愛に出会う青年、陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャーなど時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇を描く。全33シーンは全てワンシーンワンカットで撮影されたという。11月20日から公開。

The Delta Rhythm Boys“Tre trallande jäntor”を使用した本編映像には、道端で踊る女性たちのを眺める人々の姿や、「分からなくなったんです。神が存在するかどうか」と打ち明けるシーンなどが映し出されている。劇中では、ビリー・ホリデイ“All of me”、エーリック・イーゲルストレーム“'O sole mio”、ジョーン・サザーランド、マリリン・ホーン“Mira, o Norma”なども使用されているという。

Page 1

作品情報

『ホモ・サピエンスの涙』

2020年11月20日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:ロイ・アンダーソン
出演:
マッティン・サーネル
タティアーナ・デローナイ
アンデシュ・ヘルストルム
上映時間:76分
配給:ビターズ・エンド

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。