今泉力哉×ポレポレ東中野が談義 自主映画は「映画」を書き換える

今泉力哉×ポレポレ東中野が談義 自主映画は「映画」を書き換える

インタビュー・テキスト
矢部紗耶香
撮影:西邑匡弘 編集:井戸沼紀美(CINRA.NET編集部) 取材協力:都夏、水蓮

毎年1000本以上の映画が劇場公開され、Netflixなどのサブスクリプションサービスでも、オリジナルの映像作品が次々に公開される現在。自主映画から商業映画まで、さまざまな規模や形で映画が生まれ続けているのには、どんな理由があるのだろう。人はなぜ、数多ある表現方法の中から、脚本、美術、演技、照明……と数え切れないハードルが立ちはだかり、お金もかかる映画づくりを選び続けるのだろう。

これまでに黒沢清、熊切和嘉らを輩出した自主映画の登竜門『PFFアワード』で昨年グランプリを獲得した『おばけ』には、人からの評価を受けなくても、借金をしても、家族からの愛想を尽かされても、信念を持って自分の映画を作り続けようとする中尾広道監督自身の姿が映し出されている。一方『街の上で』は、『愛がなんだ』など、商業の世界で数々のヒット作を手掛けてきた今泉力哉が、ゆかりある下北沢で撮影を行い、劇中で「自主映画の撮影」を描いた、原点回帰的な作品だ。

今回Fikaでは、中尾広道監督の映画『おばけ』の自主配給をサポートし、これまでも自主映画界から光る才能を見出し続けてきたポレポレ東中野スタッフの小原治と、自主映画を出発点に、群像劇や恋愛映画など、人々の営みを描き続けてきた今泉力哉へのインタビューを敢行。コロナウイルスの影響により、『おばけ』と『街の上で』は共に公開延期となってしまったが、映画を生み出し続ける二人の会話には「映画づくりの原点」や「これからの映画の形」のヒントが詰まっていた。

※この取材は東京都の外出自粛要請が発表される前に実施しました。

「なぜ映画を撮るのか」という思いの多様化が、自主映画づくりの現場には起きているのだと思います。(小原)

―小原さんはポレポレ東中野のスタッフでもありながら『PFFアワード』の一次、二次審査も長年勤めていらっしゃいます。本当にさまざまな映画を観ていると思うのですが、特に「自主映画」に対して、どんな印象を抱いていますか?

小原:自主映画は僕が「人間にとって映画って何なんだろう」という問いを深いところで考えるきっかけになっています。一般的に馴染みがあるのは娯楽としての映画だと思いますけど、実際には映画の形っていろいろあって。自主映画に限って言えば、自分のためだけに撮った映画があって良いし、自分が現実と向き合うために、自己との間にカメラを介入させることによって偶然生まれる「映画」もあるだろうし。極端な話、完成させなくても良い映画だってあると思う。「なぜ映画を撮るのか」という思いの多様化が、自主映画づくりの現場には起きているのだと思います。

小原治(おはら おさむ)<br>ポレポレ東中野スタッフ。自主映画の自主興行では宣伝・配給のサポートも務める。2019年11月からは「space&cafeポレポレ坐」で映画館の興行とは別の形で自主映画を上映していく企画『KANGEKI 間隙』を始める。
小原治(おはら おさむ)
ポレポレ東中野スタッフ。自主映画の自主興行では宣伝・配給のサポートも務める。2019年11月からは「space&cafeポレポレ坐」で映画館の興行とは別の形で自主映画を上映していく企画『KANGEKI 間隙』を始める。

―今泉さんは、映画の形について考えることはありますか?

今泉:極端な話、作ろうと思っていたけど作りきれずに終わった物語とか、完成させなくても「映画を作ろう」と思うこと自体も、一つの映画の形だと思います。映画って、作り終わった時は完成した実感がないんです。脚本を書くのも現場も編集も、喜びというより、苦痛を伴う作業ではあるので……。ただ、やっぱり自分にとって、一番達成感があるのは映画を人に観てもらった時ですね。上京して、初めて作った1本目の映画から、友達と場所を借りて有料の上映をしていたので、もしかしたら俺は、お客さんや人と繋がるためのものとして映画を作っていたのかもしれません。初めて自分の特集上映を組んでもらった時にどれくらいの観客を呼べたかとか、その人数まで覚えていて。

今泉力哉(いまいずみ りきや)<br>1981年2月1日生まれ、福島県郡山市出身。代表作に『たまの映画』『サッドティー』『退屈な日々にさようならを』『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』など。『こっぴどい猫』でトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。「午前3時の無法地帯」「東京センチメンタル」などのドラマ、乃木坂46のシングルCD特典映像『水色の花』(齋藤飛鳥)『ほりのこもり』(堀未央奈)なども手がける。今年1月より『mellow』(主演:田中圭)『his』(主演:宮沢氷魚)が公開中。金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」やWOWOW「有村架純の撮休」にも演出として参加するなど精力的に活動している。『街の上で』に続き、2021年には『あの頃。』(主演:松坂桃李、脚本:冨永昌敬、原作:劔樹人)が公開予定。
今泉力哉(いまいずみ りきや)
1981年2月1日生まれ、福島県郡山市出身。代表作に『たまの映画』『サッドティー』『退屈な日々にさようならを』『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』など。『こっぴどい猫』でトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。「午前3時の無法地帯」「東京センチメンタル」などのドラマ、乃木坂46のシングルCD特典映像『水色の花』(齋藤飛鳥)『ほりのこもり』(堀未央奈)なども手がける。今年1月より『mellow』(主演:田中圭)『his』(主演:宮沢氷魚)が公開中。金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」やWOWOW「有村架純の撮休」にも演出として参加するなど精力的に活動している。『街の上で』に続き、2021年には『あの頃。』(主演:松坂桃李、脚本:冨永昌敬、原作:劔樹人)が公開予定。

小原:僕は自主映画の作り手たちがポレポレで自主興行をする時に、宣伝をサポートすることがあるのですが、そうした作品の中には、映画館での興行を視野に入れずに作られたものもあるんです。例えば、山中瑶子監督の第一長編『あみこ』がそうでした。

映画『あみこ』予告編

小原:『あみこ』は、大学をドロップアウトした山中さんが、どうしようもなく孤独な状況をどうにかしようとして、無理矢理他人を巻き込んで作った作品らしくて。でもそうやって、監督が自分を救うためだけに作った映画が、映画館での上映を経ることで、観客席の誰かの孤独に寄り添う映画に生まれ変わる。僕はこの「生まれ変わり」にも、自主映画のポテンシャルを感じています。僕自身、劇中の主人公と同じ経験をした事がなくても、いつかの自分を思い出さずにはいられなくなりました。今も心の大切な場所にあり続ける映画の一本です。

映画の中で季節が二つ存在するだけで感動するようになっている自分がいるんですよね。(今泉)

―今泉監督は昨年、若手作家による映画コンペティション『TAMA NEW WAVE』にゲストコメンテーターとして参加された際、中尾監督の『おばけ』をご覧になっていますよね?

今泉:はい。『おばけ』には、太陽と雲の関係で、一つのカット中に画面が暗くなって明るくなるというシーンがあるんですけど。それがすごく贅沢な時間だと思いました。商業映画だと、暗くなったら撮影を止めて、明るさが変わらないタイミングで撮影を再開したりするので。空を見ながら。

映画『おばけ』予告編

今泉:最近は予算の関係上、撮影を一つの期間にまとめて行うことが多いので、『おばけ』しかり、時間を贅沢に使っている映画を観ると心動かされます。もはや、映画の中に季節が二つ存在するだけで感動するようになっている自分がいるんですよね。逆に言うと、自主映画なら自然に出来ることや、普通に生活していたら体験するはずのことが、映画の中で起こせない日本映画の現状については、やっぱりちょっとおかしいんじゃないかなとは思います。

―今泉監督にとって久々の「非・商業映画」ともいえる『街の上で』については、いかがでしたか?

今泉:『街の上で』は「お金儲けとは別の部分でやる」と決めてやっていたので、そういうクリエイティブな側面においての政治的な事情みたいなことは一つもありませんでした。だからそれを経て、本当はそういうものしか作りたくないのになって気付いたというか。

映画『街の上で』予告編

『街の上で』の劇中で描かれる自主映画撮影の様子 ©『街の上で』フィルムパートナーズ
『街の上で』の劇中で描かれる自主映画撮影の様子 ©『街の上で』フィルムパートナーズ

小原:集団制作と同じように、一人で映画を作ることにも難しい部分と良い部分があるとは思います。『おばけ』の中尾監督は、一人で映画を作る孤独に七転八倒しながらも、絶対にそこで育まれている時間の実りがあるんですよね。中尾監督が自分に嘘をつかずにものづくりを貫いてきた証が、映画の中で宝石みたいに輝いている。

今泉:それって恋愛とかにも言えると思いますね。一人でいる時の孤独と、誰かといる時の孤独があるというか。あと、自分にちょうど良いサイズっていうのはあると思います。俺は『街の上で』みたいに、コアメンバーが10人くらいの規模感が心地良いなって思いますね。もちろん商業映画みたいに、いろんな人が関わることでしか実現出来ないことっていっぱいあると思うんですけど。

Page 1
次へ

作品情報

『おばけ』
『おばけ』

監督・出演:中尾広道
エンディング曲:真島昌利“HAPPY SONG”
声の出演:金属バット(小林圭輔、友保隼平)
音楽:TRIOLA、波多野敦子、松田圭輔
配給:wubarosier film

『街の上で』
『街の上で』

監督:今泉力哉
脚本:今泉力哉、大橋裕之
音楽:入江陽
主題歌:ラッキーオールドサン“街の人”
出演:
若葉竜也
穂志もえか
古川琴音
萩原みのり
中田青渚
村上由規乃
遠藤雄斗
上のしおり
カレン
柴崎佳佑
マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)
左近洋一郎(ルノアール兄弟)
小竹原晋
廣瀬祐樹
芹澤興人
春原愛良
未羽
前原瑞樹
タカハシシンノスケ
倉悠貴
岡田和也
中尾有伽
五頭岳夫
渡辺紘文
成田凌
上映時間:130分
配給:『街の上で』フィルムパートナーズ

サイト情報

ポレポレ東中野オンラインショップ

オリジナルTシャツやバッグ、営業開始以降に使える招待券やコーヒー券を合わせたセットも販売中。

ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、政府からの外出自粛要請が続く中、閉館の危機にさらされている全国の小規模映画館「ミニシアター」を守るため、映画監督の深田晃司・濱口竜介が発起人となって有志で立ち上げたプロジェクト(今泉力哉も賛同人として参加)。5月中旬までクラウドファンディングを実施中。

プロフィール

今泉力哉(いまいずみ りきや)

1981年2月1日生まれ、福島県郡山市出身。代表作に『たまの映画』『サッドティー』『退屈な日々にさようならを』『愛がなんだ』など。『こっぴどい猫』でトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。「午前3時の無法地帯」「東京センチメンタル」などのドラマ、乃木坂46のシングルCD特典映像『水色の花』(齋藤飛鳥)『ほりのこもり』(堀未央奈)なども手がける。今年1月より『mellow』(主演:田中圭)『his』(主演:宮沢氷魚)が公開中。金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」やWOWOW「有村架純の撮休」にも演出として参加するなど精力的に活動している。『街の上で』に続き、2021年には『あの頃。』(主演:松坂桃李、脚本:冨永昌敬、原作:劔樹人)が公開予定。

小原治(おはら おさむ)

ポレポレ東中野スタッフ。自主映画の自主興行では宣伝・配給のサポートも務める。2019年11月からは「space&cafeポレポレ坐」で映画館の興行とは別の形で自主映画を上映していく企画『KANGEKI 間隙』を始める。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。