北欧のクリエイターたちのビジョンに触れる。代官山 蔦屋書店でフェア開催

北欧のクリエイターたちのビジョンに触れる。代官山 蔦屋書店でフェア開催

イベント『a quiet day [NORDIC VISIONARY CRAFT] - 北欧のクリエイターたちのヴィジョン -』が2月4日まで東京・代官山 蔦屋書店で開催されている。

北欧のクリエイターを扱ったインディペンデントマガジン『a quiet day』がキュレーションを手掛けた同イベント。「手」「休息」「創造性」「色彩」といったキーワードで北欧のクリエイターによるクラフトプロダクトを紹介する。フィンランドの陶芸ブランドRaaka Råや、デンマークのボックスブランドELVO、夫婦でギャラリーを営むCAN Family、モノクロームマガジンSindromsが参加。

1月22日には最新号『a quiet day ISSUE 2019 October』に登場している小島剛(amijok)と、岩井謙介の対談を実施。イベント参加の申込みは蔦屋書店のオフィシャルサイトで1月20日9:00まで受け付けている。会場では『a quiet day』の創刊5周年を記念したELVOとのコラボノートを30部限定で販売。

CAN Family
CAN Family
ELVO
ELVO
Raaka Rå
Raaka Rå
Sindroms
Sindroms
ELVOとのコラボノート
ELVOとのコラボノート
『a quiet day ISSUE 2019 October』表紙
『a quiet day ISSUE 2019 October』表紙
『a quiet day [NORDIC VISIONARY CRAFT] - 北欧のクリエイターたちのヴィジョン -』ポスタービジュアル
『a quiet day [NORDIC VISIONARY CRAFT] - 北欧のクリエイターたちのヴィジョン -』ポスタービジュアル
Page 1

イベント情報

『a quiet day [NORDIC VISIONARY CRAFT] - 北欧のクリエイターたちのヴィジョン -』

2020年1月17日(金)~2月4日(火)
会場:東京都 代官山 蔦屋書店
時間:7:00~26:00

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。