世界戦前にボクサーが恋 北欧映画『オリ・マキの人生で最も幸せな日』

世界戦前にボクサーが恋 北欧映画『オリ・マキの人生で最も幸せな日』

映画『オリ・マキの人生で最も幸せな日』が、2020年1月17日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

『第69回カンヌ国際映画祭』ある視点部門グランプリを受賞した同作は、1962年夏の世界タイトル戦を前に恋に落ちた実在のボクサーの姿を描いた作品。フィンランドの『アカデミー賞』では10部門にノミネートしたほか、アメリカの『アカデミー賞』外国語映画賞のフィンランド代表に選出された。

ヌーヴェルヴァーグを思わせる1960年代の空気感を再現するため、モノクロの16mmフィルムで撮影された。原題は『Hymyilevä mies』、英題は『The Happiest Day in the Life of Olli Mäki』。

『オリ・マキの人生で最も幸せな日』ポスタービジュアル ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』ポスタービジュアル ©2016 Aamu Film Company Ltd

メガホンを取ったのは、同作が長編デビュー作となるユホ・クオスマネン。フィンランドの誇りを背負って戦う準備を進めているボクサー、オリ・マキ役を『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』のヤルコ・ラハティ、オリが恋するライヤ役を歌手としても活動するオーナ・アイロラ、マネージャー役を『ボーダー 二つの世界』のエーロ・ミロノフが演じた。

『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』 ©2016 Aamu Film Company Ltd
Page 1

作品情報

『オリ・マキの人生で最も幸せな日』

2020年1月17日(金)から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:ユホ・クオスマネン
音楽:ミーカ・スノーレ、ラウラ・アイロ
出演:
ヤルコ・ラハティ
オーナ・アイロラ
エーロ・ミロノフ
アンナ・ハールッチエスコ・バルクゥエロ
上映時間:92分
配給:ブロードウェイ

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。