生理を憎まず生きるために 戸田真琴が綴る優しい想像力の大切さ

生理を憎まず生きるために 戸田真琴が綴る優しい想像力の大切さ

テキスト
戸田真琴
撮影、編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

月に一度やってくる理不尽な「不調」。キラキラなんてできるわけない

きっと私たちはあの日から、どこかずっと生理について話すことが恥ずかしいまま、生きてきました。

教わらなかったことは、想像で補うほかありません(もちろん家族や異性との関わりの中で適切に学んでいく人もいるかもしれませんが、環境によって個人差があります)。

戸田真琴

漠然とした「月に一度血が出る」という情報、テレビで流れる爽やかでキラキラした生理用品や鎮痛剤のCM……。現実に女性の身体にのしかかる「生理」のつらさは、きっと性教育の授業や街で目にする広告からは適切な想像ができません。おそらく私は生理が重いほうで、1日うずくまってベッドから動けないほどの腹痛があるときや、授業を休まざるを得ないときもありましたし、痛みだけでなくホルモンバランスの乱れから精神的にも不安定になります。

正直、「生理中でもキラキラしよう!」なんて生理用品や鎮痛剤の広告を目にしようものなら、「できるわけあるかーい!」と思いっきりツッコミを入れたくなります。どんなに対策しても、努力しても、理不尽にマジでキラキラできない期間が毎月1週間、私の場合は生理の前1週間くらいもすこぶる調子が悪いので、約半月、淡々とやってくるのです。「勘弁してくれよ~」というのが、私の「生理」に対する本音です。

「不調」全体で考えると男性にも理解しやすいと思いますが、「不調」はそれを患っている本人が一番つらいものです。もちろん社会は基本的には不調を想定せずにスケジューリングされて回っているし、そんな中で身体に故障やバグが起こると、流れが滞ったり周りの人に手間が足されたりもします。しかし、そういうときはきっと不調である本人が一番、悔しい思いや煩わしい思いを味わっているのです。

戸田真琴

誰かのつらい状況を想像することは、人間の最も理知的で優しい想像力の1つ

生理を「女性特有のもの」として考えると、バイアスがかかってしまって痛みや苦しみについてまっすぐ共感したり助けあったりすることが難しくなることもあると思いますが、起こっている現象自体は特別想像が不可能なものではなかったりもします。

さらにはややこしいことに、女性間でも一人ひとり生理の症状には個人差があって、それこそ生理の軽い女性には生理が重くて仕事を休んでしまう女性の気持ちが分からなかったりもします。「私は生理でも働いているのに、どうしてあの子は休むの?」と不満に思う人もいるでしょう。女性なら必ずしも女性同士の痛みを分かち合えるわけではないのです。

戸田真琴

不調の重さやそれに対応する能力には、人の数だけパターンがあります。経験や情報収集は予測の正確度を高めはしますが、どんなに高めても完全などなく、やっぱり一人ひとり、毎回、新たな気持ちで向き合い直していくよう心がけることが大切なのだと感じます。

自分には関係ないこと、と切り捨てる生き方もあると思いますし、「男性は分かってくれない!」「女性は難しい!」と罵り合う戦い方もあるのだということは理解しますが、それでも私は、「自分以外の人の持つ辛さを想像する」という行為は、人間の持つ最も理知的で優しい行動の1つだと思っています。

そして、誰かの苦しみや不便を想像することは、結果として自分の在りかたを知ることにもつながります。いざ自分に苦しみや不便がのしかかったとき、「自分ばっかりがつらい」という気持ちになることは、悲しい思考停止です。そうならないためには、普段から苦しみや不便に対して考えること、他人の苦しみを自分のこととして考える機会を作ることが大切です。人の苦しみを知ることは、巡り巡っていつか自分のことを助けてくれるのです。

Page 2
前へ 次へ

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。