サカナクション『暗闇』レポ。完全暗転の会場で音楽が見えた瞬間

サカナクション『暗闇』レポ。完全暗転の会場で音楽が見えた瞬間

テキスト
金子厚武
撮影:後藤武浩、髙木美佑 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「音楽は立体である。しかし、視覚はそれを見えないようにする霧だ」

愛知県で2010年から3年に一度開催されている国内最大規模の国際芸術祭『あいちトリエンナーレ』が8月1日に開幕した。「膨大な情報から生まれる不安という感情が分断や格差を作り出している現代において、それを打ち破ることができるのもまた情(=なさけ)なのではないか?」という問いから、「情の時代」をコンセプトに掲げ、国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツなど、様々な芸術作品が紹介されている。

そんな『あいちトリエンナーレ2019』の音楽プログラムとして、愛知県芸術劇場大ホールで4日間にわたって開催されたのが、サカナクションの『暗闇-KURAYAMI-』である。その名の通り、完全暗転させた会場の中でライブパフォーマンスを行うというもので、視覚が閉ざされ、聴覚が研ぎ澄まされた中での音楽体験を味わうことのできる、実験的なインスタレーションプログラムだ。

本公演では2018年にEX THEATER ROPPONGIで行われた4デイズ公演から導入されているドイツd&b audiotechnikのイマーシブ・サウンド・システムSoundscapeを使用し、前後左右だけでなく、頭上にもスピーカーを設置することで、イマーシブ(=没入感のある)な音楽体験を実現(220度サラウンドだったとのこと)。「音楽は立体である。しかし、視覚はそれを見えないようにする霧だ」とは山口一郎の言葉だが、視覚を遮断し、霧を取り払うことで、立体としての音楽がより明確になるというわけだ。

古くは冨田勲のピラミッドサウンド、あるいは、『グラミー賞』の「最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞」にノミネートされたCorneliusの『SENSURROUND + B-Sides』など、これまでもテクノロジーの進化とともに様々な形で立体音響の追及が行われてきたが、本公演もそんな歴史に連なるものだと言える。また、誰もがDTMで音楽を作り、自由な音の配置で新たなリスニング体験を生み出すようになった現代は、「サウンドデザインの時代」であるとも言え、その観点からも、本公演の意義は大きいように思う。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

サカナクション
『暗闇-KURAYAMI-』

2019年8月7日(水)、8日(木)、10日(土)、11日(日)
会場:愛知県芸術劇場大ホール

『あいちトリエンナーレ2019』

2019年8月1日(木)~10月14日(月・祝)
会場:愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)、豊田市内(豊田市美術館及び豊田市駅周辺)

プロフィール

サカナクション

2005年に活動を開始、2007年にメジャーデビュー。文学性の高い歌詞と郷愁感あふれるフォーキーなメロディ、バンドのフォーマットからクラブミュージックのアプローチをこなすなど独自のスタイルを持つロックバンド。様々な受容性を持つ楽曲はリリースするたびに高く評価され、2018年3月にリリースしたベストアルバム「魚図鑑」では、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。全国ツアーは常にチケットソールドアウト、2019年には全国アリーナにて6.1chサラウンドシステムを導入したライブツアーを実施。出演するほとんどの大型野外フェスではヘッドライナーで登場するなど、現在の音楽シーンを代表するロックバンドである。第64回NHK紅白歌合戦に出場、第39回日本アカデミー賞にて最優秀音楽賞をロックバンド初受賞するなど、多様な活動を高い表現で実現し、評価されている。また、「ミュージシャンの在り方」そのものを先進的にとらえるその姿勢は 常に注目を集め、近年では各界のクリエイターとコラボレーションを行いながら、音楽と様々なカルチャーが混ざり合うイベント"NF"を2015年スタートさせている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。