戸田真琴が肯定する「性」の自由 幸せなセックスのための考え方

戸田真琴が肯定する「性」の自由 幸せなセックスのための考え方

テキスト
戸田真琴
撮影、編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

私たちはこの世に生まれた瞬間、自分の意思とは無関係に、性別によって二分される。そして、教育や経験、さまざまな出会いを経て形成される「性」に対する価値観は知らぬ間に凝り固まっていき、「男性は男性らしく、女性は女性らしく」と性別を確固たるものへと変化させる。それが、これまでの日本のスタンダードだった。

しかし今、日本はついに性の革命期を迎えつつある。2017年の「#MeToo」ムーブメントを皮切りに、SNSでは日夜声が上がり、LGBTQへの理解を求め、従来の「男らしく」「女らしく」という考えに、疑問の嵐が吹き荒れている。北欧・スウェーデンのように「性の先進国」と呼ばれる国もあるなかで、一歩遅れをとってきた日本。今広がりつつある動きには、私たちも早くそこへ行きたい! と、叫びにも似た願望が隠れているように思える。

現役のAV女優である戸田真琴は、「男性は怖いもの」という価値観のもとで人生を歩み、19歳まで処女を守り抜いたのちに自身のデビュー作でそれを「失った」。「セックスを知り、性と向き合うことで楽になった」と言う彼女は、激変する現代の性のあり方を見て、なにを感じ、どう思うのか。戸田真琴とこれからの性を考えるコラム連載を、ここからスタートしたい。(fika編集部)

フェミニズム、痴漢問題、セクシュアリティ。あらゆる「性」を考えてみる

みなさん初めまして。夏へと向かってゆく季節の変わり目、気候の変化に身体が追いつかず調子を損ねてしまう方も多いことでしょう。そんなときに暇をつぶせるのがインターネットのいいところです。私も、気だるさのなか遠隔で作用するなまぬるい心のやりとりとして、偶然あなたに出会えやしないかと期待をしながらこの文章を打っています。

私の名前は戸田真琴といいます。職業はAV女優と、このように誰かに向けて手紙のように言葉を書くこと。

戸田真琴(とだ まこと)<br>2016年にSODクリエイトからAV女優デビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。
戸田真琴(とだ まこと)
2016年にSODクリエイトからAV女優デビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

昨今スピード感の早いSNSでは、毎日誰かが炎上し、毎日誰かが誰かに暴言を吐く様子が公開処刑のように繰り広げられています。のんびりと平和に過ごすことがなにより大切な私としては、スマートフォンを開くだけで疲れてしまうこの現状があまり好みではありません。

しかし、日々ネット上で繰り返される議論のなかには、やはり当事者として無視はできないものーー生きていく上で、個人の幸福にあまりに深く関わるであろう議論ーーが混じっていることも確かです。

たとえば、フェミニズム。たとえば、痴漢問題。たとえば、一生のうちに子供を何人産むべきだ、ということに言及した政治家。たとえば、セクシュアリティ。たとえば、AVというコンテンツの持つ責任について。特に気になるものを並べてみると、それは自然と人間の「性」というものに深く関わっている議論のようでした。

AV女優であり、一人の女であり、一人の人間であり、いつか大切な誰かと家族という共同体をつくって生きてみたいと望む個人である私の目から、「性」について、SNS上の限られた文字数同士でのやりとりを超えて、もっとまっさらに広いキャンバスの上を歩き回ってしまうかのように、あなたと考えてみたいと思い、この連載を始めることにします。

戸田真琴

SNSで吹き荒れる「性」についての嵐。いつか晴れるものでありますように

今、ぱっとSNS上の「性」に関する議論を覗いてみると、どの議題の上でも大きな雨雲が覆いかぶさるように、どこかままならない窮屈さを感じます。それはもちろん言葉だけによる議論に限界があるからという理由もありますが、もっと大きな意味で、今とても多くの人たちが、混乱のなかにいるからなのではないかと思います。

ネット上で男女差別や痴漢問題の告発が盛んに行われるほどに、「自分も本当は嫌な経験をしたことがあった」と気がつく人。犯行を行うに至っていなかったとしても、もしかしたら自分は犯人と近しい人間かもしれないという予感から、自分のあり方まで罪だと言われてしまったような気分になる人。今まで普通だと思っていた価値観が実は誰かを傷つけていたかもしれないと気がつき、焦ってしまう人。今まで無自覚だったぶんを取り戻そうと、エンジン全開で活動を始め、強すぎる言葉をネットに発してしまう人。

たくさんの人が、「今まで我慢してきたものが決壊する」あるいは「今まで普通だと信じていたものが普通じゃなくなる」という危機感に混乱しながら、それでもなにか言わなければ、と議論を交わしているようにも見えてしまうのです。

嵐の先には、晴れた空が広がっています。時代が変革しようとするときには、大なり小なり混乱は訪れるものです。今、「性」についての価値観を巡って巻き起こっているこの嵐が、本当に私たちが心から自分を誇って生きていけるような晴れの世界へとちゃんと繋がる嵐であるように祈りながら、この場所でお話をしていこうと思います。

Page 1
次へ

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。