レゴはなぜ愛される? 日本で唯一の認定ビルダー三井淳平に訊いた

レゴはなぜ愛される? 日本で唯一の認定ビルダー三井淳平に訊いた

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

レゴとサラリーマン生活の両立が困難になり、「自分に大事なのはどっち?」と迷って、選んだのがレゴだったんです。(三井)

—三井さんは、何がきっかけでここまでレゴに取り憑かれたのでしょうか?

三井:もともと物作りが好きで、自分が作ったものを人に披露するのが好きだったんです。夏休みの自由研究として、ダンボールでかなり大きなオブジェを作ったりしていました。レゴは生まれたときから身近にありましたから、手に取りやすい素材でもあったんです。

—高校生にして『TVチャンピオン』(テレビ東京系列で、1992年から2006年まで放送されたバラエティ番組。プラモデル、クイズ、大食いなどのテーマで競技を行い、各分野の優勝者を決める)の「レゴブロック王選手権」に出場し、準優勝を果たすなど三井さんは順調にレゴ道に邁進していきますが、大学卒業後にいちど就職なさっています。

三井:鉄鋼メーカーにエンジニアとして勤めました。

—大手メーカーですよね。ところがその仕事を辞めて、レゴ1本に絞った。人生の大決断ですよね。

三井:最初はエンジニアとして働きながらレゴの制作も続けようと思っていたんです。でも作っていくレゴ作品の規模がだんだん大きくなり、レゴの時間が足りなく感じるようになってきました。

レゴのイベントに参加するにしても、休みの日などで作品を作るしかないですから、大きな作品を作る余裕も確保できない。レゴとサラリーマン生活の両立が困難になり、「自分の人生にとって大事なのはどっちなんだろう?」と迷って、そして選んだのがレゴだったということです。そもそも、レゴをすっぱり辞めるという選択肢は僕の中に存在しませんでした(笑)。

三井淳平

—レゴ=人生、なんですね! 東京大学では理科I類に進学していますから、レゴを極めるために理数系の才能を伸ばしてきたかのようです。

三井:こういう活動をしていると、レゴを作る=理数系脳が必要と理解されがちなんですけど、個人的にはレゴのよさって「感覚的」な部分だと思っています。

例えば折り紙で精巧な作品を作ろうと思うと、ある部分に突起をつけたいと思ったら、設計を構想する段階で下準備が必要になりますよね。もちろんレゴにも下準備が必要な大作はありますが、それを飛ばしても楽しめるのがレゴのよいところなんです。だから、大学時代に創設したレゴ部の部員数も文系・理系がちょうど半々でした。思いついたらすぐに手を動かしてかたちにできるのが、レゴのよさだと思います。

もちろんエンジニアリングの技術や経験も役に立っていますし、思わぬ接点を発見して嬉しくなったりもします。顕微鏡で金属を観察すると、レゴブロックを組み合わせたような作りを結晶レベルでしていて、それが強度につながっているのがわかります。それが大作での構造設計にとても役立ちます。

—「構造設計」と言うと、まるで建築のようです。

三井:建築的な発想はけっこう強いですね。ビルダーに限らず、レゴ社のデザイナーさんも強度は意識されているはず。

今井:そうですね。子どもが遊んでも壊れない強度が求められるので、かたちの美しさ、かっこよさ、かわいらしさと強度の両立は重要なポイントです。

今井理代

三井:何も考えずにブロックを組んでいくと脆くなりがちですし、大作になると重量問題も起こります。以前、3メートルのパックマンをデュプロブロックで作ったことがありましたが、中身までブロックで埋めてしまうと強度は得られても、あまりにも重くなってしまう。自重によって壊れる可能性が増すこともあります。

3メートルのパックマン ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
3メートルのパックマン ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

—それに対応するためには、内部の作りを工夫していく?

三井:「レンガ積み」と呼ばれる、互い違いに組んでいく方法で、強度を担保しつつ使用するブロック数を抑えました。それでも全体重量は1トンを超えましたけど(笑)。

—い、いっとん……! レゴの話を聞いていると、数に圧倒されることが多いです。

三井:ここまで大きくなると、たしかにもはや建築ですね。

Page 2
前へ 次へ

プロフィール

三井淳平(みつい じゅんぺい)

レゴ®認定プロビルダー(LEGO Certified Professional)/世界で16人しかいないレゴ社公認のプロのレゴ職人/マツコの知らない世界・TVチャンピオン等出演。阪急三番街・HANKYU BRICK MUSEUMで作品展示中。

今井理代(いまい まさよ)

レゴジャパン シニアブランドマーケティングマネージャー。複数のフランチャイズ(ブランド)の戦略立案からマーケティング施策立案、実施までを担当。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。