フィンランドの奇祭にならい、日本の「おかしな祭り」を考えた

フィンランドの奇祭にならい、日本の「おかしな祭り」を考えた

テキスト・撮影
大北栄人
編集:高橋直貴、原里実 トップ画像提供:Visit Finland
2018/06/08
  • 290
  • 82

想像で飛距離をかせげ! 『傘ゴルフ世界選手権』

—他にもエアギターみたいに、日常のおもしろさに根ざした『傘ゴルフ選手権』というのを考えたんですが……。

電車を待ちながらゴルフの練習をするサラリーマン、最近見なくなりましたが
電車を待ちながらゴルフの練習をするサラリーマン、最近見なくなりましたが

柳澤:これはどういうルールで進むんですか?

—すべてエアーでゴルフコースを回ります。あと、球の飛距離を競うドラコンもやります。

柳澤:飛距離を測るのは難しそうですね……。

ファーッ! 傘ゴルフ選手権はすべてエアーで進むのでとりあえずファーなどのやりたいことは全部やります。
ファーッ! 傘ゴルフ選手権はすべてエアーで進むのでとりあえずファーなどのやりたいことは全部やります。

キャディがついていってクラブの選択を相談する
キャディがついていってクラブの選択を相談する

柳澤:これはたとえば、本物のゴルフができない梅雨の時期に開催するとか、四季を活用するといいと思います。フィンランド人は自然環境の特性をうまく結びつけますから。あとはエコの視点を入れるのもいいですね。駅の忘れ物の傘をただ捨てるのは忍びないから、捨てる前に1回使おうよとか。

—なるほど、そうするとたしかに急にフィンランドのお祭りっぽさが出てきますね。

※傘ゴルフ大会を企画した会社はあるようです。

へんなお祭りを生むフィンランドの精神「シス」

—どうでしょうか。3つ作ってみましたが、フィンランドのへんなお祭りを日本に置き換えるとこういうことですかね?

柳澤:どれもいい線いってるんじゃないですかね。大がかりじゃないのがいいですよね。フィンランドのお祭りを見ていると、みんな身近にあるものとか、捨ててしまうものを使ってるんです。

—日本でいう「もったいない」みたいなことですか?

柳澤:もったいないというより、シンプルであることを大事にしている気がしますね。いま、カナダ出身の女性がフィンランドで学んだことについて書いた本を翻訳しているんですが、「長く使える」とか「装飾がない」とかいったことがノルディックミニマリズムの特長として何度も出てきます。暮らしをゴージャスにするとメンテナンスが大変なので、よりシンプルに、と。

デザインの分野でもそうですよね。装飾より機能。フィンランドに限らず北欧全体として、質実剛健というイメージがあります。

—そのシンプルさがへんなお祭りに結びつくのはすごいですね。

柳澤:フィンランド人特有の精神といわれているものに、「シス」というのがあって。日本人にとっての大和魂みたいな、いわばフィンランド人魂。そのシスの根底にあるのは、厳しい環境のなかで発揮される強い精神力なんです。かといって根性ともちがって、気合でなんとかしろというのではなく、もっと合理的。シスは精神の強さであり、そして精神の強さはちゃんと運動していい食事をして、メンテナンスされた健康な体に宿るものだという考え方なんですね。

なるほど。「寒い? 寒いなら寒いで楽しもう!」というのもシスの一つなのかもしれない。大体わかった、もう大体わかってしまった。まさかフィンランドの人もこんな極東の地で大体わかられるとは思ってないと思うが、フィンランドのへんなお祭り感がわかった。

自分たちでためしにやってみて思ったのが、GW明けの5月は天気がよくてグランドで正座してるのがバカバカしくて気持ちがよかった。なんか飲み会みたいな軽い感じで世界選手権をやるのっていいなと思った。きっとフィンランドの人も軽いノリでやってるのだろう。ノリで世界選手権。フィンランドのへんなお祭りへの憧れは募る一方だ。

Page 4
前へ

プロフィール

柳澤はるか(やなぎさわ はるか)

ライター、翻訳家。1985年生まれ、東京大学文学部卒。文化、コミュニケーション、ジェンダー、教育、働き方などを題材に、日本と北欧について取材記事やコラムを執筆。翻訳書に『マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議』『マッティ、旅に出る。』(方丈社)。フィンランドの「シス」の秘密に迫るノンフィクション、『Finding SISU』(原題)日本語版を、2018年初秋に方丈社より発売予定。

大北栄人(おおきた しげと)

ウェブのライター、コントのユニット「明日のアー」の主宰。映像作品で『したコメ大賞2017グランプリ』受賞。アーは恥ずかしいことを思い出して出るうめき声のこと。いましてることはすべて明日のアーであるという自覚がある。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。