Sigur Ros主催フェスを現地取材 アイスランドの絶景と共に紹介

Sigur Ros主催フェスを現地取材 アイスランドの絶景と共に紹介

テキスト・撮影
黒田隆憲
編集:山元翔一

ビョークと双璧をなす、アイスランドの国民的アーティスト・Sigur Ros

Sigur Rosのライブを、彼らの地元アイスランドで観る。それは筆者にとって、長年の夢だった。

今さら言うまでもないが、Sigur Rosといえば、ビョークと共にアイスランドを代表するアーティストとして双璧をなす存在である。1990年代前半、ヨンシー(Vo,Gt)を中心に結成されたSigur Rosは、1999年にリリースされた2ndアルバム『Agætis Byrjun』(読み:アゲイティス・ビリュン)で世界的な成功を収め、続く2002年に発売された3rdアルバム『()』(『()』は作品名)でグラミー賞にノミネートされるなど、早くから高い評価を得てきた。

造語とアイスランド語を組み合わせた「ホープランド語」で歌われるメロディーの響きは神秘的で、ヨンシーの気高く崇高なハイトーンボイスとバイオリンの弓でエレキギターを弾く「ボウイング奏法」を融合させることにより生み出されるサウンドスケープは、この世のものとは思えぬほど美しく雄大。

いつしかそれは、ビョークやMúm、ヨハン・ヨハンソンらと共に「アイスランドを象徴する音楽」として定着し、国民的バンドとしての地位を不動のものとしていったのである。

Sigur Ros
Sigur Ros

故郷・アイスランドで開催された「Sigur Ros忘年会」を現地取材

2017年末、アイスランドの首都・レイキャヴィクにて開催された、Sigur Ros主催のアートフェスティバル『Norður og Niður』(読み:ノルズル・オグ・二ズル)に足を運んできた。出演アーティストは、Sigur Rosはもちろん、ヨンシーのパートナーでもあるアレックス・ソマーズや、元Múmの歌姫クリスティン・アンナ、JFDRことヨフリヅル・アウカドッティル(Pascal Pinon)など、アイスランドを拠点に活動する面々。

さらに、Sigur Rosのサウンドに大きな影響を与えたと言われるケヴィン・シールズ(My Bloody Valentine)や、Sigur Rosと共にポストロックシーンを牽引してきたMogwai、Sigur Rosメンバーとも親交の深いBlanck Massことベンジャミン・ジョン・パワー(Fuck Buttons)ら、所縁のある海外ミュージシャンも名を連ねるなど、まさに「Sigur Ros忘年会」と言えるような内容である。

ヨフリヅル・アウカドッティル(Pascal Pinon)
ヨフリヅル・アウカドッティル(Pascal Pinon)

スチュアート・ブレイスウェイト(Mogwai)
スチュアート・ブレイスウェイト(Mogwai)

Sigur RosのLos Angeles Philharmonicコラボ企画で共演したダン・ディーコン
Sigur RosのLos Angeles Philharmonicコラボ企画で共演したダン・ディーコン

他にも、Sigur Rosの最新作『Kveikur』(2013年)でアートワークを担当したイラストレーターのアトリエが館内に設置され、そこでフェス期間中に描かれたドローイングをジャケットにしたSigur Rosのアナログ盤(まさに世界で1枚)を限定販売したり、映画上映やアイスランドのダンスカンパニーによるパフォーマンスが行なわれたりと、アートフェスティバルにふさわしい多種多様なコンテンツが用意されていた。

イラストレーターのシッガ・ビヨルグ・シグルザルドッティル
イラストレーターのシッガ・ビヨルグ・シグルザルドッティル

まさに地の果て。冬のアイスランドに上陸

羽田空港から、乗り継ぎを含めて実に21時間。年末のレイキャヴィクに降り立つと、肌を刺すような空っ風が筆者を迎えてくれた。

冬のアイスランドはまさに、地の果てといった様相
冬のアイスランドはまさに、地の果てといった様相

 

『Norður og Niður』の会場となった「ハルパ」は、2011年に開業した巨大な多目的ホール。アイスランドの各地で見られる柱状節理(マグマが冷却固結する際に生じる、柱状の割れ目)をモチーフとした外観は、ヴィーズエイ島を望む海辺の絶景と絶妙な調和を生み出している。

『Norður og Niður』の会場となった「ハルパ」
『Norður og Niður』の会場となった「ハルパ」

レイニスファラの柱状節理
レイニスファラの柱状節理

館内には、マグマをイメージした真っ赤なメインホール「エルドボルグ」(「火の町」という意味)をはじめ、大小様々なイベントスペースがあり、そこで12月27日から30日までの4日間、昼過ぎから深夜に渡って様々なライブが繰り広げられた。

ビョークとのコラボでも知られる歌姫SiGRÚN
ビョークとのコラボでも知られる歌姫SiGRÚN

Page 1
次へ

プロフィール

Sigur Ros
Sigur Ros(しがー ろす)

アイスランドを代表する唯一無比の3ピース・バンド。1997年にリリースされたファースト・アルバム『Von』(希望)でデビュー。その後、リリースされた『Agaetis Byrjun』(良き船出)で日本デビューを果たす。2002年に発売された『( )』はより高い評価を得て、グラミー賞へのノミネートなど数々の賞を受賞することとなる。2005年、『Takk...』(ありがとう)を発表。2007年には故郷アイスランドで全編撮影されたドキュメンタリー『Heima』(故郷)をリリース。翌年2008年に『Med sud i eyrum vid spilum endalaust』(残響)をリリースし、全米15位、全英5位、日本の洋楽チャート5位とバンドにとって史上最高位のチャートアクションを世界中で記録。同年10月には全4公演全てソールド・アウトとなった日本ツアーを行う。2008年11月、突如発表された活動休止宣言その直前に、ロンドンで行なわれた2公演を収録したライブ盤『Inni』をリリース。2012年5月、4年ぶりとなるアルバム『Valtari』(遠い鼓動)をリリースすると、史上最高全米位となる全米7位、全英8位を記録。2013年、日本武道館での公演を含む4都市で行われる日本ツアーで来日。同年発表の7作目『Kveikur』(クウェイカー)は全英9位、全米14位、オリコン19位を獲得。2017年12月、アイスランドの首都・レイキャヴィクにて、アートフェスティバル『Norður og Niður』を開催した。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。