Spotify×カセット店waltzの両極対談 激変する音楽業界の未来は?

Spotify×カセット店waltzの両極対談 激変する音楽業界の未来は?

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:田中一人 編集:竹中万季

「聴き放題サービス」と言われているストリーミングが、メディアの役割を競う時代になるべき。(野本)

―ストリーミングサービスは「音楽聴き放題」という点に目が行きがちだけど、そうではなくて「音楽に価値を感じることができるかどうか」が重要なポイントである。

角田:そうですね。僕は今、ストリーミングサービスが最も庶民の身近にある音楽メディアだと思ってるんですね。中学生や高校生だったら使いまくってますよ。僕がストリーミングサービスに頑張ってほしいのは、みんなの音楽に対する興味を高めて、意識の底上げを図ってもらうこと。お金がなくて音楽を聴くことを諦めている人がいるとしたら、それってすごく寂しい話じゃないですか。

左から:野本晶(スポティファイジャパン)、角田太郎(waltz)

野本:そこは本当に同感ですね。ストリーミングサービスの人って、自分たちを説明するのに「聴き放題サービス」と言うことが多くて。でも、そう言っている間は広がらないと実は思っているんです。なぜかというと、どれだけ聴き放題でも何を聴いたらいいのかわからない人が多いから、好きな音楽を見つけたくても探せない。そういう人に提案できるサービスにならないと、次のステージに行かないと思うんですよね。

今までレコードショップやラジオが担っていたメディアの役割を、これからは「聴き放題サービス」と言われているストリーミングのプレイヤーたちが競っていく時代になるべきだし、僕らがその先頭を走りたいと思います。

角田:今は音楽を紹介する役割を担っていた人たちがどんどん姿を消してますよね。僕らが若かった時代はラジオ、音楽雑誌、レコードショップがすごく力を持っていた。それがどんどん衰退している。だから、今は自分がメディアにならないといけないという気持ちを強く持っているんですね。

カセットテープやアナログレコードのほか、国内外の雑誌のバックナンバーや書籍なども
カセットテープやアナログレコードのほか、国内外の雑誌のバックナンバーや書籍なども

音楽雑誌がインターネットに置き換わったわけではなくて、単純に消えてなくなっている。(角田)

―今はウェブメディアがかつての音楽雑誌の代わりとなっていると考える人も多いと思います。

角田:いや、音楽雑誌がインターネットに置き換わったかというと、そうではなくて。単純に消えてなくなっているんです。うちは今、世界の20か国以上のレーベルやアーティストとの取引があって、「カセットテープを扱ってほしい」というオファーが来るとそれを一つずつ聴いて、店に合うものを選んで仕入れている。でも、ただそれが置いてあっても、どこの国の誰のどんな音楽かわからないから、こうやって僕が全部キャプションを書いているんです。

でも、レーベルやアーティストから直接いただいた情報以外に、ネットで検索してもほとんど情報が出てこない。あったとしても、アーティスト名と一緒にYouTubeの動画が貼ってあるだけの、のっぺりした情報しかない。こういう面白い作品が世に出ているにも関わらず、そのレビューがまったくないわけですね。特に日本語のウェブメディアではほぼないです。

テーブルに並べられたカセットテープにはすべて手作りのキャプションがつけられている

テーブルに並べられたカセットテープにはすべて手作りのキャプションがつけられている
テーブルに並べられたカセットテープにはすべて手作りのキャプションがつけられている

―つまり、waltzという店で角田さんがやっていることは、WAVE時代に洋楽のCDの紹介文を書いて売っていたことと、ある意味では変わらないわけですね。

角田:そうですね。今はニール・ヤングやBon Iverも新譜をカセットテープでもリリースしているし、それもうちの店で売っています。これは世界的な動きなんですね。YUKIさんも新アルバム『まばたき』をカセットテープでも出してますし。

アーティストは小説の序章と最後だけ読んで作品がわかったとは思われたくないわけです。(角田)

―アーティストがカセットテープで作品を出そうとするのはなぜなんでしょうか。

角田:ミュージシャンはアーティストなんで、やっぱりアートを表現したいわけですよ。手に取れる作品として残したい。そういうときにカセットテープがここまで伸びてきているのは、二つ理由があって。

一つは「懐かしいものが復活した」といったノスタルジーはまったく関係なく、カセットテープの小さい長方形がクールだと考える人たちが増えていること。もう一つは作るのが安いんです。特にインディーでやっている人たちにとっては、アナログ盤を作る6分の1くらいのコストで作れる。だから理にかなっているんです。

野本:カセットって、曲を飛ばしにくいじゃないですか。だから自然とつながりで聴かなきゃいけない。それも他にないところですよね。

角田:そこがアーティストから評価が高いところなんです。シャッフルやスキップができない一直線の音楽記録媒体だから、意図した通りの曲順でリスナーが聴いてくれる。やっぱり、アーティストは小説の序章と最後だけ読んで作品がわかったとは思われたくないわけですよ。あと、うちは音楽ソフトとしてカセットテープを売っていないんです。CDショップの陳列方法とは違うんですよ。

―どういうことでしょうか。

角田:アートフォームとしてのカセットテープという位置づけで紹介しています。だからアンティークのテーブルの上に、アートとして並べている。世界中でもこういうカセットテープ専門店はうちだけだから、アーティストもうちの店に並んでいるのを見ると喜んでくれるんです。この店自体をアートギャラリーみたいな感性でやっていかないといけないと思っていますね。

Page 3
前へ 次へ

プロフィール

野本晶(のもと あきら)

1970年生まれ、愛媛県出身。スポティファイジャパン株式会社でライセンス&レーベルリレーションズディレクターを務める。ソニーミュージック、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、ゾンバ・レコーズ・ジャパン、ワーナーミュージック・ジャパンを経て、2005年からiTunes株式会社にてミュージック担当としてiTunes Storeの立ち上げに参加。2012年9月より現職。

角田太郎(つのだ たろう)

1969年生まれ、東京都出身。CD・レコードショップの「WAVE」でバイヤーを経験後、2001年にアマゾンジャパンに入社。音楽、映像事業の立ち上げに参画し、その後、書籍事業本部商品購買部長、ヘルス&ビューティー事業部長、新規開発事業部長などを歴任し、2015年3月に同社を退社。同年8月、中目黒にカセットテープやレコードなどを販売するセレクトショップ「waltz」をオープンした。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。